□CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■騒動

こんばんは。安高です。

 

 

 

先日、自宅の引っ越しが完了しまして、さぁ新居のことを書こう!と思ってたんですが、それはまた次の機会にする事にして、今回は相変わらず「騒ぎ過ぎ」なコロナウイルス騒動について書きますね。

 

 

----

 

 

さて、本題に入る前に少し昔の話をします。

 

 

今から十数年前のはるか昔、僕がまだクラッシュインアントワープというバンドをやっていた頃、いわゆる「牛海綿状脳症(BSE)問題」が全世界を騒がせました。

 

 

2004年頃には米国産牛肉にもBSE感染が確認され、米国産牛肉を使用していた吉野家のメニューからも牛丼が一斉に消えました。

 

 

BSE感染は命に関わる危険度が大きかったし、なにぶん未曾有の食糧危機だったため、今のコロナ騒動と比べて「騒ぎ過ぎ」とまでは言えない状況だったとは思います。

 

 

ただ、それでも僕が当時思っていたのは「BSE問題でこんなに大騒ぎする人達が、車で下道で100km/h出したり、3時間睡眠しかしなかったり、タバコ吸ったり大酒飲みだったり、健康診断受けたりとかしないんだ、ふ〜ん」という事でした。

 

 

死亡リスクなんてそこら中に溢れ返っていて、いつ何でも死んでもおかしくない世の中なのに、BSEが原因で死ぬ事だけが何か特別な罰ゲームかのような風潮が出来上がっていたのが、僕にはどうしても不可解で仕方ありませんでした。
BSEでも過労死でも交通事故死でも、死ねば無になってしまうのは一緒なのに。

 

 

そんなこんなで、あの時も「あ〜、早く吉牛の特盛が喰いてーなー」くらいにしか思っていませんでした。

 

 

----

 

 

さて、時は移って令和二年。
1人1台スマートフォンを持つ時代。インターネットも発達し、情報を取りに行こうと思えば幾らでも個人で情報を取りに行ける時代が到来しております。

 

 

しかし、それにも関わらず、人々は下らないデマに一喜一憂しトイレットペーパーを買い占めたり、マスクを高額転売したりといった地獄絵図が繰り広げられています。

 

 

そして今回のコロナウイルス感染源がライブハウスだという報道がされたあとは、何と楽器を持って電車に乗っているだけで他の乗客たちに因縁をつけられるらしいじゃありませんか!

 

 

この話を聞いた時は、ああ、もしも僕が楽器持って電車に乗ってる時に変な爺さんにお前はコロナだ!!と因縁をつけられたらどうしよう!?と非常に心配になりました。
「ええ、先ほどもライブハウスで数百人のお客様と濃厚な接触をして参ったところでございますが何か!?なんなら貴方様とも今から濃厚接触していっそのこと土まで還して差し上げましょうか!?」くらいの暴言を吐いてしまいそうで嫌です。
せっかく綺麗な家に引っ越したばっかりなのに、障害沙汰(の加害者)になるのは死んでも御免です。

 

 

----

 

 

…てな事を経て今回の騒動で感じた事は、「ウイルスの感染拡大」よりも遥かに恐ろしいのは「無教養の感染拡大」だという事です。

 

 

いや、正確には「無教養の感染拡大」は既に起こっていて、今回のコロナ騒動で改めて浮き彫りにされてしまったといった格好でしょうか。

 

 

世の中には様々な格差に溢れていますが、一番深刻なのは「金銭の格差」でも「世代間の格差」でもなく、それは「考える力の格差」だと断言します。

 

 

論理的思考が出来ない人々。
死亡リスクの分析が出来ない人々。
切り取られた情報を鵜呑みにする人々。
自粛こそが国是だ!と言い放ちながら満員電車に乗り込む人々。
ライブを決行するミュージシャンは無条件に叩いて良いと判断してしまう人々。

 

 

そんな「考える力の格差」の底辺にいる人々をマスゴミは低俗な記事で煽り、転売ヤーは無責任な情報をネットに書き綴り、「考える力の格差」の底辺にいる人々はその情報をもとに行動してしまいます。

 

 

インターネットの発達自体は素晴らしい事だと思いますが、今回のようなケースだと、ネットが無教養の拡散という負の力学の一端を担ってしまい、結果として誰も幸せにならない世相を生み出してしまう。

 

 

こんな流れは、絶対に断ち切らなければならないのです。

 

 

もちろん思考が苦手な人間を利用して立ち回る連中は「悪」に違いはありません。

だが、思考を放棄してしまう行為もまた「悪」です。
無自覚なだけに厄介な「悪」だと思います。

 

 

----

 

 

考えてみてください。

 


今回はたまたまライブハウスが感染源でしたが他の場所が感染源になった可能性を考えない根拠は?
楽器を持ってる人間が必ずライブをしているという根拠は?
仮に今回のコロナで死者が300人くらい出たとして、それが一体何だというのですか?
それは僕らがライブやらなければ防げた死ですか?
そもそも毎年何千人風邪やインフルで死んでると思ってるんですか?
死人が出てるのに不謹慎と言うなら毎年風邪で死んでるのにそのケースは不謹慎じゃないんですか?
あなたは今まで誰にも風邪をうつしていないと神に誓えるんですか?
イベントが中止になった影響で関係者が首を吊ることによる死と、コロナ感染による死と一体何が違うんですか?
経済的困窮で人は死なないと本気で思ってるんですか?
あなたが今日コロナに感染して死ぬ確率と、あなたが今日道歩いていて交通事故に遭う確率とどっちが高いですか?
そんなにリスク管理していらっしゃるなら、いっそのこと甲冑とガスマスク付けて、自分の育てた野菜だけ食べながらずっとリモートワークしていたら如何ですか?

 

 

----

 

 

言いたいことは山ほどあります。

 


僕は、誰に何と言われようとも、今回のコロナウイルス騒動は、自分自身の持つ教養や知識、過去の事例や確率統計と照らし合わせても「騒ぎ過ぎ」と判断します。これは誰に何と言われても変わりません。

 

 

だが、ビジネスは当然相手があってこそのものです。
僕らwilberryは次のライブに関しては只のイベントの出演者であって、イベントの企画者ではありません。ましてや僕らはライブハウスのオーナーでもありません。
彼らがイベント中止の判断をすれば従わざるを得ません。

 

 

彼らがイベントをやる判断をすれば、イベントに出る出ないの判断をするのは僕らの自由です。
その場合、僕らは出る判断を「必ず」します。

 

 

政府がイベント中止の命令をすれば、僕らは「FUCK!!!!」と思うでしょうが従わざるを得ません。
だが、政府がイベント中止の「要請」をしているだけならば、それは「命令」じゃないので有り難くやらせて頂きます。

 

 

ただ、それだけの事です。

 


----

 

 

そんな訳で次のイベントはコチラ。

 


2020.3.13(Fri.) @下北沢CLUB 251

“The cold tommy × 251 presents GOLD EXPERIENCE〜脱兎之勢〜week 4〜”

出演: wilberry / The cold tommy / wash? / ゆーの / FOOLA

open 18:00 / start 18:30 / adv ¥2,500(+D) / door ¥3,000(+D)

 


最高に濃厚な接触しようぜぇ!!!

 

 

次こそ引っ越しの事書きます。