□CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■おやつは何にしよう

こんばんは。

ロイヤルです。

 

 

もう11月も折返しですよみなさん。

今年はあと50日も残ってないなんて。

びっくりするわ。

11月にして既に師走感が。

 

 

毎年毎年、どんどん加速するタイム感。

一日があっという間、ひと月もすぐ、だ。

一年だって気がついたら過ぎていく。

忙しい証拠なんだろか。

例えば、何もしない予定もない日が一週間くらいあったらこの感覚はどうなるのかな。

しかし、時間は平等に過ぎていってるはずだし、カレンダーとか写真とか見て思い出してみると、一年前のことだって、それ以上前のことのようにも思えるし。

なんだかね。

当たり前だけど不思議だな。

感覚なんて曖昧で気まぐれなもんだ。

 

 

 

今日から朝はちょっと冷え込んだらしいですが、まだまだ東京は大したことないね。

外でビールも飲めるくらい。

真冬の寒さだって年々さほどこたえなくなってる気がするのは、温暖化のせいなのでしょうか?

あとは、機能性の高い安価な衣類が増えたってのもあるのかね。

お洒落は我慢しなくて良くなったのか。

はたまたただの老化現象か

冬が、家から一歩も出られないほど寒いことはなくなった印象だな。

朝は相変わらず全然起きられないけど。

 

 

 

あ、そういえば。

起きられないとは真逆だけど、無印良品の「おやすみ」って名前のアロマオイル、買おうかどうか迷ってます。

使ってるひといるかなあ。

評判良くて売れてるみたいね。

眠れないことはないけど、なんか熟睡できてない気がするんだよなー。

花粉も飛んでるしね。

使ってみたいけど、ますます起きられなくなるのかもね。

 

 

 

 

さて。

 

 

 

明日から久しぶりにwilberryは遠征します。

 

 

 

9/293曲入りの新しい盤、"callin'  you ep"をライブ会場限定で発売しましたが、ようやくCD持ってお出かけです。

サブスクリプション全盛の世の中で、敢えて会場限定の音源です。

実際に会場で手に取ってもらって、棚に並べてもらえたら嬉しいです。

表題曲のcallin'  youthe whoの、2曲目のget upthe kinksの気分で録音しました。個人的には、ね。

 

 

 

明日はまず大阪でライブがあります。

 

11/16()  扇町para-dice にて。

東京からはthe MADRASaeronautsなんで、いつもの下北沢を大阪にデリバリーな感じ。

wilberry20時前に出番予定。

 

 

 

そしてそして、明後日は名古屋。

 

11/17()  鶴舞Kハポン です。

こちらもthe MADRASと一緒。

wilberry18時半過ぎに出番予定。

 

 

 

久しぶりなんでね、お誘い合わせの上で是非お越し下さい。

せっかく行くんでね、ひとりでも多くに観てもらいたいんすよ。いつもだけどね。

いつも来てくれるひともありがとう。

バンド予約も受付してます。

HPでもTwitterでもメールでも。

よろしくお願いします。

 

 

 

明日のライブから、1月のライブチケットも販売します。

来年1月の毎週金曜日は、下北沢CLUB251wilberry251と組んでイベントを開催するんです。

その名もFRIDAY NIGHT JACK!!

 

その全4公演の通し券を、ライブ会場(11/16大阪、11/17名古屋、12/1下北沢CLUB25112/6代々木ザーザズー)にて数量限定販売なのです。

価格はお買い得な10000円。

ちなみに全公演どのチケットよりも優先入場です。

チケットはwilberryの新しいアーティスト写真を使ったオリジナルデザインなんで、記念にもなりまっせ。

 

 

 

一発目の1/10は、ブリさん半世紀記念イベント、ブリ祭です。正式名称はHPにて。64じゃないよ。

いよいよ、みなさんお待ちかねのCURIO2マンで対決です。

ブリさんは最初から最後までステージの上です。

お祝い兼ねて、是非通し券お買い求めくださいな。

 

 

 

 

 

さて、そろそろ旅支度をしなければ。

関西、名古屋近郊のみなさまはもちろん。

関東から遠征のみなさまも、お気をつけてライブハウスにお越しください。

 

 

 

では。

 

 

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA