□CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■7月から8月へ

7月はいろいろと楽しいイヴェントに誘ってもらえて本当に最高だったよ。3本のイヴェントのうち2つが仲間のバンド主催のイヴェントだったからね。

 

the MADRASは遂に遂にのアルバムリリース。アルバムって簡単に言うけれど、本当に作るの大変なんです。ましてや、自分たちだけでやるとなると、なおさら。曲を揃えるのは当然としても、レコーディングスタジオをおさえたり、ジャケット作ったり、パッケージインナーのレイアウト、曲順考えてメンバーで揉めたりするかもしれない(Madrasは揉めなそうだけど^^)、業者とやりとりとかして。

 

曲を揃えたり、曲順考えるの以外は結構苦手な(というか、出来ない)メンバーいたっておかしくないわけだから、時間かかるんだよね。仕上がりのサウンドに対してもメンバーそれぞれの音はもちろん、全員が全体を聴いて納得いくものにしなきゃいけないし、売るんだからリスナーの期待にも応えるサウンドにしなきゃいけない。嗚呼、考えただけで目眩がしてくる。。。

 

イヴェントは最高に盛り上がったし、アルバムも本当良くってビックリしたよ。wilberryのファンに人たちにも是非聴いて欲しいな。ハッシーの優しい歌が凄くいきてて気持ちいい。というか、ハッシーの歌の成長がうかがえて嬉しい一枚です。


先週はResponseのイヴェントに出演。彼らとももはや長い付き合いだけれど、なんといっても一昨年のダブルレコ発ツアーが最高の思い出。みづほちゃんのお休み時期に入ってしまって、みづほちゃんとは少しだけだったけど、ピンチヒッターのドラマーたちも楽しくて(エアロの北出とか^^)、あと男ばかりの自由さがあって(あまり詳しくは言えないが^^)、面白かったんだよなー。

 

で、今回のイヴェントは個性的な2バンドをプラスして最高でしたよ。特にCanariaは音楽的にも好きだったなぁ。

 

wilberryはそのResponseとのレコ発ツアー以降に出来た曲のみのセットリストで挑みました。つまりアルバム以降ってことなんだけど、かなり良かったんじゃないかしら。次作のアルバムはこの時にやった曲がメインになるかもしれない。なんとかここまではいい曲が作れていると自負してるぞ。

 

7/20は同い年のおっさんフェスティバルでした。俺ねぇ、風知空知が大好きなの。お店の雰囲気が。もう、リハから楽しくて嬉しくて楽しくて嬉しくて^^昼間のリハーサルの時に外からたくさん光が入るのが本当にサイコー。あそこは明るい時間にライヴやるのが一番いいよ^^

 

イヴェントは三者三様だけれど、みーんなゲストもたっぷりでワイワイやれて笑い絶えず、忘れられない夜になりました。

同い年のハッシーと俊太郎くん、ありがとう。良き同世代友人がいて良かった。そして何より集まってくれたみんな、ありがとう。お陰様で何とか歌えております。当日も言ったけれど、お客さんがいなかったらとっくに歌うの辞めて、のたれ死んでます。

 

 


さて、8月は、な、な、なんと思いもよらずライヴなし。。。でも、ここぞとばかりレコーディングをすることにしました。実は今夜からその準備を本格的に始めたぞ。ただし、まだ歌詞が全く書けてないんだけどね^^
まあ、楽しみにしててよ。熱いナンバーを2曲、プラス1曲の3曲入りを予定してて、9月末にリリース予定、大阪名古屋も11月には行くぞ!