□CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■二千

こんにちは、安高です。

 

 

参議院選が近づいてきましたね。

 

 

今回は幸いというか、金融庁発表の老後2000万問題や、ホリエモンの年金デモやる奴はバカばっか発言等で大いに炎上した甲斐あって(←?)、若年層の間でもかなりの注目が集まっているのではないでしょうか。

(と書いたところで、多分ほとんどの若い人たちは投票なんか行かないんじゃないでしょうか、と煽ってみるよ)

 

 

僕はデモをするのも自由だし、そのデモを批判するのも自由だと思っています。

どちらにも言い分はあるし、どちらにも問題点はあると思っています。

 

 

そもそも僕は、かつての老人たちが貰えたように自分たちが老人になった時もまた同じように年金を貰えるとは全く考えていません。

人口ピラミッドを見ても明白です。

とはいえ、年金払う金無さそうにしてる横で戦闘機買うのはバカだと思ってますが。

 

 

また、仮に野党の言うように富裕層、大企業の増税で年金の財源が確保出来たとしましょう。

または、2000万貯めておけという金融庁の報告を真に受けて2000万貯める事に成功したとしましょう。

 

 

そのお金は本当に我々を幸せにするのでしょうか。

 

 

今の引退したおっさん達は、金を持っています。

だが、長年の会社勤めの末に退職して生き甲斐を無くし、自由になった途端何したら良いか分からず、仕事に行く訳でもないのにシャツとスラックスを着用し、若い奴に公共の場でキレて暴力を振るい、ボケて死んでゆくだけ。

僕は、仕事柄そういうおっさんを嫌という程見てきました。

 

 

だから、人は金「だけ」あっても絶対に幸せになんかなれないんです。

金だけ有れば幸せになるのなら、金だけは有るはずのおっさんが、何故あんなにも幸せそうに見えないのでしょうか?

 

 

もしあなたが、すぐに老後の2000万をなんの苦労もせずに貯められる環境にあるのならそれはそれで良い。

 

 

しかし、遊ぶこともやめ、今の幸せを全て放棄した末に2000万を手にしたとして、そのお金はあなたを幸せにしますか?

ずっと幸せから目を背けてきたのに、自由になった途端本当に幸せな生活を直視することが出来ますか?

 

 

結局、老後の幸せは、今の幸せから全て繋がっています。

幸せを放棄した者の末路は、スラックスおじさんとしての余生です。

 

 

いい加減「アリとキリギリス」のアリの方が偉い、みたいな教育はやめた方がいいでしょう。

 

 

これからの世の中、みんなキリギリスを目指すくらいがちょうど良い。