□CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■傘はなくすもの

おはようございます。

ロイヤルです。


今年もほぼ半分終わり。早いなあ。

台風はほぼ逸れたんでしょうかね。

傘を飛ばされないように気をつけて。



傘と言えば、最近は雨の日が多いから、傘の持ち方で気になることが特に多いです。


刀みたいに斜めに持って、腕と一緒にブンブン振って歩いてるのいるよね?

何なん、あれ。

階段とかさ、後ろから歩いてたら傘の先が当たりそうになるやつ。

え?、もしかして武士なの?

どう考えても危ないやん。

子どもだったら顔に当たるで。

あれって本人は気がついてないだけなんやろか。どういうつもりなのかと。

不思議で仕方ないわ。

小さい頃から誰も注意したらんかったんかね。傘はまっすぐ持ちなさいよ、て。

先をひとに向けたらいけませんよ、て。


こういう奴と、トイレットペーパーがなくなっても交換しない奴とは友達になれないなと心底思う。

あかん…止まらなくなってきた…。



電車の中でもさ、腕とかバッグにびちゃびちゃの傘をひっかけて立ってて、前に座ってる人の膝元に傘が当たってる光景もよく見かける。

もしかして他人のズボンで傘拭いてるの?、てくらいの。

スマートフォンでゲームばっかやってないで、もうちょっと周り見なさいよ、て思います。

事故が起こってからでは遅いのでね。



満員電車なんてただでさえストレスになる空間なのに、最近、自己中心的な人が増えたと思う。

どうでしょう?

多少は、路線とか時間帯にもよるんでしょうけども。


大勢の乗降があるのに、ドア付近でスマートフォンいじってて道を譲らないひと。

奥が空いてるのに詰めないわ避けないわ微動だにしないわのひとは、指定席でも買ってるんでしょうね、きっと。京都風でいくか。残念ながら俺には座席番号見えないけど。

すし詰めの車内でなんとしてでも本を開くひと、頑なにスマートフォンで海外ドラマやインスタグラムを見るひと。

それ、今この状況でなんとしてもやらなきゃいけないほど重要なんでしょうね。大変ですね、時間なくて。


まだまだ。

駅に電車が到着して、まだ誰も降りてないのにすぐ乗ってくるひと。

逆に、降りる時にひとを避けようともせず、周りのお客さんに声もかけずに一直線にドアに向かうひと。

ちょっと押されたらあからさまに嫌な顔して周りの人を無理矢理振り解こうとするひと。


それから、電話、音漏れ、リュック…あーもう。

キリがないし、書いてるだけでストレス。

おっさんしつこいね…読んでもストレスですね、すみません。

余計なお世話やね。



他人からしてみたら俺も同じようなもんだろうし、傘にせよ電車にせよ誰かにイライラされてることもあるだろうから、そんなに偉そうなことは言えません。

ベース持って電車に乗る時は申し訳ないと思ってますよ。長くて邪魔だし。

関係ないけどこの間、ウッドベース抱えた女の子が、満員電車に乗れなくなっていましたが、あの移動は大変だなあ。ドアから奥までベースの頭を入れないと乗れないので…って乗るのをやめてました。あれから何本電車待ったら乗れたんだろう。



とにかく、明日は我が身で気をつけなきゃいけないのですが、なんにせよもっと思いやりが大事だわね。

ストレスがありすぎるから、みんな気持ちに余裕がなくなって、自分の殻に閉じこもる悪循環なのかもしれないですね。

そういう時こそひとに優しくありたいもんです。

窓から紫陽花を見よう。

そして怒りは向けるべきところに向けて、自分のエネルギーにしないとな。

うっかり長くなってしまったのでこの辺で。こんなはずでは。




さて、wilberryの7月は結構盛りだくさんです。

ライブスケジュールをチェックしてくださいね。


まずは7/12・高円寺HIGHから。

the MADRASのアルバムレコ発です。みんなでお祝いしましょう。

完璧な3バンドでしょ。


そして、またジョウさんの持ってきた新曲もアレンジし始めました。

大きな広がりのある曲になるのかなあ。完成形はどこへ向かうのか、まだ誰も知りません。


8月は今のところライブ予定はなし。

それぞれお見逃しなきよう。



それにしても夏フェス出たいなあ…毎年言ってるけど懲りずに言い続けるぞ。

wilberryは意外と野外も高いステージも似合うと思ってます。

まだまだお誘いお待ちしております。


もうじき夏だ。




“ROYAL”SEIZAN MIURA