□CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■時代

こんばんは、安高です。

 

 

突然ですが、僕はオッサンが嫌いです。

 

 

まぁ、日頃の発言を見てもらえれば分かるかもしれないですが、僕はオッサンが大嫌いです。

僕は自分が嫌なオッサンにならないように、日々鍛錬を積み重ねています。

 

 

オッサンというカテゴリーに属していながら脱オッサンを目指すなんて、うんこのある部屋でファブリーズを撒くようなものだと思うかもしれません。

 

 

しかし、脱オッサンを目指すことは、これからの現代において極めて重要なことなんじゃないか、と思わずにはいられません。

 

 

もしあなたが若い人なら、年配の男性と聞いて思い当たるのは「イケてるナイスミドルな紳士」か「老害」の二択だと思います(僕も若い頃はそうでした)。

 

 

よく同い年くらいのオッサンからも「老いを受け入れるのを拒むから、余計みっともなく見えるんだ」というような事も言われます。

しかし、肉体の老いを受け入れることと、人格の老いを受け入れることは全く違います。

 

 

「自分は老害にはなりたくないが、ナイスミドルって柄でも無いから普通の中年を目指そう」というのも大きな誤りです。

普通なんて認められないのです。

 

 

若者から見れば、イケてるオジさまで無い者は例外なく老害です。イケおじ or DIEです。

自分の若い頃、オッサンに対してどう思っていたかを思い出せば答えは明白なのです。

 

 

もしどうしても思い出せない、今40とかそのくらいのオッサンは、自分の会社の60位のどうしょーもないジジイの姿を思い浮かべて、そいつらへのありったけの罵詈雑言を頭の中で並べてみて下さい。

 

 

その罵詈雑言は、20代の若者があなたに対して向けている罵詈雑言だと思って下さい。

そうすればイメージしやすいのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、自分の脱オッサンプログラムの一つとして課しているものに「若い人はTeacherである」というものがあります。

 

 

「先生」という響きは如何にも「歳上」っていう響きが内包されているので余り好きじゃありません。

 

 

基本的に、歳の離れている人は自分と違う時代背景に生きてきたのだから、自分には分からないことを多く知っているのは当然のことです。

 

 

けん玉も人狼ゲームもボードゲームも少女漫画もBLコミックも、僕に教えてくれる人はみんな歳下の人です。

彼らにものを教わる時は生徒になりきって神妙な心持ちで接します。

(そもそも、年齢差関係なく、ひとにモノを教わる時に偉そうな態度とる奴って、どうしようもないバカだとは思うんですが。)

 

 

これからの社会、老後に2000万円用意できない奴は一生働かなければいけません。

未来の働き方なんてどんな風になるか分からないんだから、何事にもチャレンジし続けることを忘れてはいけないのです。

年齢を言い訳にチャレンジする事をしなくなった時、老害の扉が開くことになるでしょう。

 

 

まぁそれでも、もしかしたら「なにオッサンがカッコつけちゃってるの。しょーもな。うぷぷぷ」とか大多数の人が僕のことを笑っているかもしれません。

それならば、今の僕はまだ老害だということです。

まだ努力が足りないんだという事です。甘んじて受け入れましょう。

 

 

イケてるオジさまへの道は長く遠い。

 

 

------

 

 

Come mothers and fathers

Throughout the land

And don't criticize

What you can't understand

Your sons and your daughters

Are beyond your command

Your old road is

Rapidly agin'

 

 

(おい、全国のジジババども

分からないことを、とやかく言うんじゃねーよ

あんたの息子や娘は、あんたの言うことは聞かねえよ

あんたらの古いやり方は、すぐに時代遅れになっていくんだ)

 

 

Bob Dylan / The Times They Are A-Changin'(時代は変る)