□CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■あなたへのおすすめ

ただいまです。ロイヤルです。

 

先ほど、リハから帰ってきたとこです。
ここ3回のリハは、みっちり新曲のアレンジを。
今日でほぼ完成形が見えました。いやー、良かった良かった。
前回のリハはちょいと煮詰まってどんよりしてたからねー。
おそらく、6月のライブでお披露目できるのではないでしょうか。
ちょっと5月はたまたまライブがなかったもんで、ウズウズしております。
来月は都内だけですが3本あるのでね、スケジュール確認願いますよ。
まずは6月3日、代々木ザーザズーです。
どしどしチケット予約お待ちしてます。

 

 

ここ一ヶ月の間で、たまたまYouTubeで観てハマったMVが2曲ありました。

 

 

前半はこれ。

レキシの「KATOKU」

 


YouTubeバージョンらしく、曲の途中でインタビューが入るので最後まで通して聴けないのがちょっと残念なのですが。
ギターもシンセも音色が80’sな雰囲気で、曲に合わせた映像の粗さも縦横比も懐かしい。
なんだこりゃ、と思ってたら、出だしの歌詞がまるで英語のように「世襲制!」
うーん。歌ってる表情も含めてもう最高ですね。


歌詞の意味を気にしないように聴いたとしたら、普通に耳障りのいいキャッチーな曲なんだけど、サビでまたやられました。
「KATOKU」て家督だったのね。跡継ぎ。
おまけに「皆も納得してくれてるから」って。面白過ぎる。
よくよく聴けばそれだけじゃなくて、ちょっとジンとくるという。
いい声に、いい曲だなあ。ついつい繰り返し観てしまいました。
細かいところのこだわりが凄いわー。

エンディングの音の切り方とか、動きと音のズレ具合も確信犯的で。
MV自体はジャーニーのパロディのようですね。比べて観るのも面白かったです。

 

 


後半はこちら。

岡崎体育の「感情のピクセル」

 


最初観た時はラウドロックのパロディなのかと思って、岡崎体育ってこんな曲もやるのかーぐらいだったのですが、曲の途中から様子が変わってきてトランシーバーとか出てきて笑いながら観てたら、サビでいきなりひらがなとカタカナだけに。

 

え? えー!!

 

始めは笑ってただけのはずなのに、今や大好きになってしまい、ついつい電車の中とかでも観てしまう有様。

なんだこの中毒性…。
一緒に歌いたい、踊りたいわー。
どうぶつさんたちだいしゅうごうだわいわい。
サビもかっこいー。コーラスもかっこいい。わいわい。
全体に「ou」の母音の発音がよく出てくる気がするけど、その言い方もそれぞれ違って気持ちいいなあ。
ラップ的というか、全体的に言葉のリズム感が素晴らしい。
「思いやりという名の道徳的価値の再認識」の部分も、メロディー・ハモり含めて秀逸。

 

なんだか、最初に映像が公開された時に少し物議を醸してたようですね。
某バンドのMVに似てるとかで、ディスってるんじゃないか、とかそんな感じで。
本人もTwitterで弁明せざるを得ないような状況になったみたいで。
そんなことで騒ぎたてるなんてアホちゃうかと思いますわ。しょうもない。
最近こういうのひどいすな。一人文句言い出したらなんでもすぐ炎上みたいな。
何なら前もって全部注意書きしとかんとあかん、みたいな。


音楽なんだから、楽しめなければ聴かなきゃいいだけなのにね。所詮好みの問題やし。
これに関しては、まず曲そのもののクオリティが高すぎる。

パロディとか言ってるレベルじゃないわ。
普段はほとんど聴かないタイプの曲調だけど、演奏もアレンジも映像もセンスが光っていて素晴らしいと思います。

 

 

それにしても、どうぶつさんたちの動きがかわいすぎるな…。
うんぱっぱのぶんぶん。
うさぎの着ぐるみ着たい…。
おなかぽんぽんぽんのやっほー。
どうかワニさんもなかまに…。
もしかして曲じゃなくてどうぶつさんたちが好きなだけなんだろうか…。

 

wilberryも次回制作のMV、着ぐるみってのはどうでしょう?

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA

 

 

 

 

 


この間、原因不明でお腹の調子が悪く、初めて二日半くらい絶食しました。
たまには悪くないですね。
これからの季節、みなさまもお気をつけ下さい。