□CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■a hazy shade of winter

みなさんこんばんは。
先日、久しぶりに若干記憶を飛ばすほど泥酔しました星野です。
たま〜にやっちゃいますね。年1〜2回ね。しかもだいたい冬ですね。なんでですかね。今回は寒くて熱燗を飲みすぎたっていう理由がはっきりとあるんですけどね。
事件・事故に巻き込まれないよう気をつけないといけません。酒はほどほどに。


巷は年末ムードが高まっております。ぼくが泥酔したのも忘年会でしたし。テレビからもラジオからも、これでもかってくらいクリスマスソングが流れてきて虫唾が走りますし。
しかも今日までは三連休でしたし。
ぼくはほぼ家から出ず、真っ暗な部屋の隅で体育座りしてガタガタ震えてみたり、「死」「呪」「殺」などの禍々しい文字だけをノートにびっしり書いてみたり、放送終了したテレビの砂嵐をずーっと眺めてみたり、絵に描いたような引きこもり生活を決め込んでいたので、外の様子は全くわかりませんし歳末感ゼロだったわけですが、皆さん、冬の休日を満喫なさっていたのでしょうか。


さっき、数ヶ月ぶりにパジャマを脱いで勉強部屋のドアを開け、コンビニに行って(立ち読みだけで数時間居座り、店員に煙たがられて)きました。
ごはんとかたばことか、ちょいちょい買って、プラス何となく肉まんも買って、帰りに歩き食い。

余談ですが、ぼくは結構歩き食いをしちゃうんです。行儀悪いしみっともないのはわかってますけど、なんかしたくなっちゃうんですね。古くはカップヌードル発売開始時のホコ天から始まって、現在まで。


↑右から二番目がぼくですね。
先日、wash?のベース河崎さんも歩き食いニストだと知り、非常にうれしかったです(上写真中央が河崎さん)。

ちょっと話がそれてしまいましたが、歩き食いニストのぼくにとって、ベストな歩き食いアイテムが肉まんなのです。冬の夕方、肉まんを食べながら歩くと「ああ〜〜〜、冬だな〜〜〜〜」と実感するのです。
「君に届け」6巻の千鶴の恋に号泣する前から、千鶴と徹が肉まんとあんまんを半分こするのを見る前から、ウォーキング肉まんはぼくにとっての冬の大定番でした。


ま、だから何ってわけではないんですけど、なんて言いますか、こういう「季節感じるわ〜〜」的なモーメントが人それぞれあるよなあ、と思いまして。ぼくにとっては冬・夕方・歩き・肉まんの4つが重なった瞬間がそれであると。これを読んでいる皆さんにもそういう瞬間はあるでしょうか。
そんなどうでもいい瞬間が、ぼくにとっては結構大切な瞬間だったりします。そして今年も終わろうとしています。


wilberryは大晦日にライブがあります。大晦日っていうか、出演が25:30頃らしいので、もう元日ですね。そりゃあもうお祭り騒ぎ、さぶちゃん以上の「まつり」が待っておりますので、楽しく年を越したい方は是非いらしてほしいです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2013.12.31.tue. @下北沢 CLUB 251
“CLUB251 20th ANNIVERSARY 2013 251 ALL STARS SPECIAL”
open 15:00 / start 15:30
adv.¥2,300 / door.¥2,500 [+D]
チケット予約はこちら
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


さらにお知らせ。
"SINGIN' IN THE CLOUDY SKY"のスタジオライブ映像を公開しました。
撮影は、いとしのキャメラマン・大出君です。


最後の方を観ればわかりますけど、もう1曲撮ってます。そちらは、12/24から配信開始されるnauでの特典となっております。んふふ。
よかったら、配信の方も宜しくお願いします。




さて、今年の頭から始まったこのバンドブログも1年続きました。ぼくの今年の更新はこれで最後になるかしら。わかりませんが、今年もありがとうございました。
大晦日のライブに来ていただける方は、そこでおめでとうと乾杯でもしましょう。泥酔していても大目に見て下さい。
宜しくお願いします。

それでは、ごきげんよう。

■no more trouble

みなさんこんばんは。
自他共に認める「敵に回すとめんどくさい男」、星野です。

先日、ネットで買い物をしたわけです。洋服を買ったわけです。何天市場か忘れましたけど、何野監督が率いた何天ゴールデン何ーグルスか忘れましたけど、そこの母体のね、何天に出店してるとこで買ったわけです。
そこで完全に騙されちゃったんです。ぼく、星野ですけど、騙されちゃったんです。いや、何野監督かは忘れましたけどね。


買い物、ましてやネットなんて、トラブルはよくあることだと思います。ぼくは幸いにも今までなかったので、油断していたんですかね。

欲しい洋服がありまして、日本で売っていないものですからネット検索したんです。そしたら、楽天で売っていると。あ、楽天って書いちゃいましたね。ま、いっか。
値段はまあ普通、写真もちゃんとしてる。ってことで、何の疑いもなく購入しました。
しばらく経って届いた商品が完全にニセモノだったのです。

まず商品が入ってる袋のロゴが本物と全然違うフォント。
「あれ〜、おかしいな〜、何かヘンだな〜、ヘンだな〜」と思ったんです。


袋を開けて商品を取り出すと、プリントの色味が違う。
「あれ〜、ヘンだな〜、な〜んかこわいな〜、こわいな〜」と思ったんです。


それでも、ぼくのコンピューターのモニターの発色がおかしいのかな〜、と、自分を納得させようと思った矢先に、決定的な違いを見つけました。


これ、本物は"TRADE. MARK."ってプリントされてるんです。それが"TRIDE"です。
今辞書で調べましたが、"TRIDE"なんて英語はないみたいです。フランス語ならあるみたいですが、これはイギリスのお店のものです。
ハイこれでニセモノ確定〜!おれを敵に回しちゃった〜!とことんまでいっちゃうよ〜!と、ぼくもモードを切り替えまして、翌日、さっそく電話攻撃に入りました。



いや、冒頭に「敵に回すとめんどくさい男」と書きましたし、ぼくに近しい方はよくわかってらっしゃるでしょうし、自分でもほんとにそう思うんですが、ぼくもただカッとなって怒り散らす怒鳴り散らすわけではありません。
「100%自分に非がないとき」かつ「相手が全く誠意を見せなかったとき」にぼくは鬼になります。
そのどちらかが欠けている場合(1%でも自分に非がある、または、相手がちゃんと謝ってくれる)はその限りではありません。
が、今回のこの店は上記必要十分条件を満たしちゃったんですねえ、残念ながら。やってくれたな、と。



鬼と化したぼくとカタコト日本語の敵とのやりとりを克明かつスリリングに書くと、これを読んで下さっている皆さんが引くぐらいの感じになっちゃうので、細かいことは書きませんけれども、まあとことんいきました。まあ責め立てました。基本的に穏やかな口調で理路整然と、しかし絶対に許しませんのスタンスは崩さず、追い詰めました。蛇が獲物を締め上げるがごとく(へび年なので)。


無事に返金してもらったので矛を納めましたけれども、いやあ、久々に頭にきました。
皆さんも、ネットでのトラブルには十分お気をつけ下さい。



とまあ、何故こんなネガティブな話をここまで書いたかと申しますと、我々wilberryのアルバム"KILLER DANCER LOVER"のネット通販がついに始まったからです。
安心と信頼の猿犬オンラインショップで取扱中です。

「ユーザーを騙すやつは許さない!」「騙されたらキャンいわしたる!」のぼくが120%の信頼を持ってお願いしているところなので安心です。つか、当たり前です。
遠方の皆さま、「ライブ会場で売ってるのは知ってるけど、なかなかライブ行けないの!」という皆さま、是非ぜひお買い求め下さい。
通販限定のステッカーつきです。ワンマンで配ったものとは別色、くまモン人気にあやかったカラーです。完全にぼくの思いつきで作ったバージョンですが、これがなかなかよかったので、ぼくもベースに貼ってます。


通販だと送料がかかっちゃうので、せめてステッカーつけるから許してにゃん(ももち)、ということで、ついてます。前作もそうでしたね。


「名盤!」と各所で評判の本作、是非お買い上げいただきたいと思っております。

画像クリックで猿犬オンラインショップに飛びます飛びます。

皆さま、宜しくお願い致します。


それでは、ごきげんよう。

■do you remember

みなさんこんばんは。
「テレビに出てる女性で誰がタイプか」という問いに「中田有紀」と即答したら皆にキョトーーンとされました星野です。もう10年ぐらいファンです。
ちなみにAKBより乃木坂が好きです。よく知らないですけど。AKBの「恋する、フォ〜チュンクゥッキィ〜」は好きです。


さて、昨日は"KILLER DANCER LOVER"ツアーのセミファイナル、名古屋ロックンロールでライブでした。
お越しくださいました皆さま、ロックンロールの皆さま、対バンの皆さま、ありがとうございました。すごく楽しい夜でした。

我々の曲順はこんな感じでした。
1. K.D.L.
2. SINGIN' IN THE CLOUDY SKY
3. (EVERYBODY'S) YOUR FAN
4. THIS BOOGIE !!!
5. JET ROLLER COASTER AND FALLIN' CARPET
6. LOVE IS PRECIOUS

ぼくらはいつも足元に曲順表を置いており、それは安高君が作ってくれるわけですが、彼は今回のツアーで"K.D.L."という曲のタイトルを"K.D.L"と打ってきていました。少なくとも前回の札幌、今回の名古屋はそうでした。
"L"の後に"."が入るか入らないかは非常に重要で、ぼくは「"."がない!」っていうだけでかなりのダメージをくらいます。ちなみにジョウさんはもっと武闘派なので「"."ないやんけ!」と、何故か大阪弁で怒鳴り散らし、安高君にワンパンチ入れます。そんな、和気あいあいとした雰囲気でライブはスタートします。


ロックンロールは非常に音がいいのでぼくは大好きです。PAのイトウさんは「ハードル上げないで!」とおっしゃっていましたが、ほんとに思います。
モニター(ステージ上で自分たちが聴く音)も完璧なので、サウンドチェック時、ぼくは何もいうことがありません。
他のハコでは結構あれやこれや言ったり(「カレーが辛い」「シャワーが熱いなど」。時には楽屋を破壊して帰ったり)するんですが、ロックンロールではそんなことは起こりません。ありがとうございました。


今回のツアーで、ぼくはベース以外に名前も知らない打楽器を叩いています。
その名前も知らない打楽器(とジョウさんの頭)はドラムのバチで叩くわけですが、叩き終わってバチをどっかに投げたら見つからなくなりまして。「あー、なくなっちゃったけどまあいっか、もう1本あるし」と思っていたら最後の最後で見つかり(PAイトウさんが届けてくれた)、さらに3本増えて4本のバチ(+元々ストックしてある1本で計5本)を持って帰ることができました。
重ね重ねありがとうございました。このバチがいつか大きなお屋敷に変わってくれればと思っています。
バチ4本


そして、ツアーも残すところ11/10の下北沢 CLUB Queでのファイナルワンマンを残すのみとなりました。なかなか切ないです。
思い起こせばいろんなことがありました。

■9/21 @大阪 Pangea
久しぶりの関西、久しぶりのアメ村にノスタルジー全開、脳内で「大阪で生まれた女」が延々リピート(ぼく自身は新潟で生まれた男)。
彼女らしき女の子にいきなりビターンと平手打ちする男に戦慄。
Dlove the world 松下さんのステージに感涙。
10年以上ぶりに弦を切っていけぽんにベース借りる(レンタル料としてビールおごる)。
弦を切るのが結構なトラウマに(以降、極端に水を怖がったり、手づかみで物を食べたり、ぴょんぴょん飛び跳ねたりするようになる)。
初めて食べたお出汁につけて食べるたこ焼き(明石焼きではない)、おいしゅうございました。

■10/6 @仙台 enn 3rd
寝坊してメンバーから5時間に及ぶ説教&根性焼き。二度と寝坊はするまい、むしろもう眠るまいと心に誓う。
久しぶりに見るゆーてぃに抱腹絶倒。打ち上げでは「意外と普通!」と思うも、ホンモノの人は普段は普通っぽいもんだよ、と改めて感じる。
大事にしていたものをなくす(号泣)。
恒例の牛タン、おいしゅうございました。

■10/13 @札幌 Spiritual Lounge
飛行機に乗る前、おばちゃんにJetStarへの行き方を聞かれ一緒にカウンターへ向かう。偶然後ろを歩いていたジョウさんと安高君に彼女と間違われ慌てて否定するも、「慌てっぷりが怪しい」と火に油を注ぐ結果に。
離着陸時にメキメキいう機内に震える。
対バンのクオリティの高さに驚愕。
「すあげ」のスープカレー、安高家でいただいたサッポロクラシック、おいしゅうございました。

■10/14 @札幌 SOUND CRUE
移動の車中、某歌い手さんの曲をサビから延々流すという嫌がらせをメンバーに行なう。
これまた対バンがいいバンドばっかりで驚く。
対バンの某バンドのギター君がおもしろくて酒が進む。
帰りの飛行機で死を覚悟する(&後にいろんな人に語るも、誰もあの恐ろしさを共感してくれず憤慨)。
店の名前忘れちゃったけど札幌みそラーメン、おいしゅうございました。

■11/1 @名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL
安高君が高速道路の出口を間違って「何のためのカーナビやねん」と心の中で突っ込む。
百長のボーカル君が全身緑色なのにギターはクリーム色っぽくて「そこは緑ちゃうんかい」と心の中で突っ込む。
酔っ払うのが早すぎてヤクタタズのライブ中いろいろヤジとばしちゃうばかりか歌詞のクライマックスを先に言っちゃう(ごめんなさい)。
コメダのミックスサンド、おいしゅうございました。



そして、来週はファイナルです。ワンマンです。来て下さった皆さまには、ささやかではありますが特典があるとかないとか。いやいや、あります。作ったもん、あるもん。

アルバム曲はもちろん、最近全然やってなかったあの曲、えっ、これもやるの!?的な曲、メンバーにも秘密のあの曲、誰も知らない曲、いっぱいやります(最後の2つは未確定)。
絶賛予約受付中ですので、皆さん、宜しくお願いします。


2013.11.10.sun @下北沢 CLUB Que
“KILLER DANCER LOVER TOUR FINAL”(ワンマン)

open 18:00 / start 18:30
adv.¥2,800 / door.¥3,000 [D別]

チケット予約はこちら


それでは、ごきげんよう。

■on the road

みなさんこんにちは。
昨日の仙台ライブ当日、久々の大寝坊をかましました星野です。
そう、昨日仙台 enn 3rdでのライブを終えて東京に帰ってまいりました。

ぼくが寝坊する理由はただひとつ、目覚まし時計が鳴らなかったということです。いつも壊れかけのClockなのです。買ったばっかりなのに。壊れそうなものばかり集めてしまうのです。


wilberryの鉄の掟として、「遅刻した者は他の者に何かおごるべし」というものがあるわけですが、今回は仙台ですから当然「牛タンおごれ」ということになるわけです。車中の星野裁判で。A級戦犯扱いで断罪されるわけです。こちとら反省の意味を込めて丸坊主に(&研究生に降格)してるっつーのに。
反論するわけではないのですが「正直、仙台行くたびに牛タン食ってるから、他のもん食わない?」と提案したものの却下。
「仙台は牛タン以外にもうまい店いっぱいあるよ、吉野家とか松屋とか」と提案したものの却下。結局牛タンをタン能、お会計の半額ぐらいをぼくが支払うという判決で落ち着きました。

毎回食べてますけど、やっぱり牛タンで正解でした。うまかったです。



ツアー2発目となる今回も、いいライブが出来たと思います。
皆さま、ありがとうございました。

こんな曲をやりました。

1. K.D.L.
2. SINGIN' IN THE CLOUDY SKY
3. (EVERYBODY'S) YOUR FAN
4. JET ROLLER COASTER AND FALLIN' CARPET
5. SECRET (TWO HEARTS #2)
6. THIS BOOGIE !!!
7. NIGHTDRIVING
8. LOVE IS PRECIOUS


全曲新しいアルバムからです。
CDを買って下さった皆さま、重ねがさねありがとうございました。

このツアーから、ぼくはベース以外の楽器をやんややんや使ったりしてるんですが、メンバーいわく、その時がいちばんいい顔してるそうです。まだまだツアーは続きますので、そんなぼくのツラを観にきていただきたいものです。

あとはやっぱり、個人的には"NIGHTDRIVING"はアガります。作った当初からそうですけど。
ベースが単純だからかしら。なんて言うんでしょう、単純なのにツボを押さえてるっていうんですか?自画自賛っていうんですか?とにかく、踊るには最高のリズムだと思います。観てくれた方もそう思ってくれてると嬉しいです。


次は札幌2デイズです。この日寝坊したらカニをおごるだけじゃ済まされません。死を意味します。
つか、飛行機に乗ること自体ぼくにとっては死刑台のエレベーターのようなものですので、寝坊しようがしまいが死を意味します。いや、もちろん時間通りちゃんと行きますよ(天国に)。

北海道の皆さま、宜しくお願いします。
そして改めまして、仙台にお越しいただきました皆さま、さらには大阪のライブにお越しいただきました皆さま、ありがとうございました。

ツアーは続きます。宜しくお願いします。

それでは、ごきげんよう。

■coffee & mv

みなさんこんばんは。
世界に伝えたいひらがな5文字は「ば・ち・か・ぶ・り」、星野クリステルです。
オリンピックは正直全然ピンときてないんですけど、開会式ではほんとに「火薬田ドン」に出てほしいです。
火薬田ドン


さて、全く話は変わりますが、ぼくはセブンイレブンのコーヒーが好きで、ほぼ毎日飲んでおります。あの、カップ買ってレジ横のメーカーで淹れるアレです。100円っつーのも気軽でいいです。
しかしやはり人気なようで、買ったはいいが前の人が淹れ終わるまで待たなきゃならないという場面もちらほら。

自分より前にレジにいる人がカップを持っていたら「あ、待つの嫌だから今はいいや」とライトに諦めるんですが、たまに見落としてしまうときもあり、待たされるわけです(セブンのアレは、スイッチを入れた瞬間にガリガリ挽き始めるので、挽く&ドリップの2〜3分待つ)。

前に、1人で4杯分も持ってやがるおじさんがいるのに気付かず、さらにその後に1杯持ったOL風の女性がいるのにも気付かずに買ってしまい、壮絶な敗北感&タイムロスを強いられたことがありました。
4杯おじさんは、「長くなるから」と女性には順番を譲ったのに、ぼくには絶対に譲ってくれませんでした。ぼくも一応女装(セーラー服)していたのに、ガン無視です。失礼しちゃうわッ!


ま、待たされたこと(&女装)は自分のせいですので仕方ないんですが、この間はなかなかイラッときました。

その日もいつものように高下駄&女装(バニーガール)でセブンへ行って、コーヒーのカップといつも買うもの(ストッキングやお泊り用メイク落としなど)を持ってレジに行きました。
ぼくが行ったのはコーヒーメーカー側ではない方のレジでしたが、まあ並んでる人もいなさそうなので普通に会計をしていたところ、ぼくがお釣りをもらうかもらわないかのタイミングで、コーヒーメーカー側のレジにおじさんがカップを持っていくのが見えました。
「やばい、あのおっさんが近いからっつってサッとカップをセットしやがったらオラ待たされる!」と瞬時に察知したぼくは、競歩選手のような早足(&高下駄&バニーコス)でコーヒーメーカーの方に向かいました。

が、時すでに遅し。

おっさんは、バニーガール改めバニーおじさんが早足で来るのを尻目に、我先にとセットしてしまったのです。


「勝負に負けた…」という敗北感、「高下駄はいてたから遅かったのか…」という後悔、「バニーだから耳の部分に空気抵抗が…」という分析、「いや、ていうかおれの方が先に会計してただろ…」という憤り。いろいろな思いが頭の中を駆け巡りましたが、そこはまあ、運が悪かったと思うようにしよう、と、ウサ耳を直し気も取り直し待つことにしました。

その刹那、店員さんが、
「お会計○○○円です」
とおじさんに言ったのです。


おい、まだ金払ってねえのかよ!
「買う意志は示してるからこのコーヒー淹れるの時間かかるし先に淹れさせてね」方式を採用かよ!
もしくは「向こうのレジのうすらでかいバニーガールが淹れようとしてやがるから何としても先に淹れちゃる!」精神かよ!
どれにしろ、それ、厳密に言えば万引きだぞおっさん!!
という怒りが全身を駆け抜け、網タイツの1本1本まで巡っていくのがわかりました。

ちっきしょー!
ちっきしょー!(もう1回)
小梅太夫

おれに背を向けてコーヒーを待つおっさんの背中は明らかに勝ち誇っており、見えはしないが表情はニヤニヤしていたに違いありません。明らかに被害妄想ですが、違いありません。


案の定、おっさんはニヤつきながらぼく(の胸元)に一瞥くれて出ていきやがりました。
あー悔しかった。


ちっきしょー!(もう1回)
小梅太夫


…ここまで書いておいて何ですが、ほんとしょーもないこと書いてますね&人間小さいですねぼく。
最近いちばんイラッとして、誰かに言いたかったのです。

本当はもっとイラッとしたこと(割り込みしてきたオヤジを怒鳴りつけた事件)もあるんですが、これは笑えないので書きません。



いや、ぼくもただ毎日漫然とコーヒーを飲んで(女装して)いるだけではなく、いろいろなことをしております。
wilberryのCDまわり、CDっつーか宣伝用のフライヤーとか、リニューアルしようとしているHPまわり、そこらへんの作業に日々忙しくしております。

それと、仲良くさせていただいておりますBUGY CRAXONEちゃんのビデオもちょっとだけ、ほんのちょっとだけお手伝いしました。

無事公開されたようなので皆さまもぜひ。


ツインドラムがかっちょいい"NY"のビデオ。ぼくも大好きな曲です。


ぼくらの"K.D.L."のビデオは、完成までにもうちょっとかかるようです。
そちらもぜひぜひお楽しみに。



最後に、しょーもない話と人の宣伝しかしておりませんので、自分たちの告知も。

9/18(水)に下北沢CLUB Que、9/21(土)に大阪は心斎橋Pangeaでライブがあります。いよいよツアースタートです。
Queの方は、バカだけど超いいヤツでアツいヤツ、お友だちのLEE率いるFRUITS EXPLOSION、大阪はいつでも楽しいオイラのアニキ、aeronauts兄さんと一緒です。
どちらも楽しみです。

いよいよアルバム"KILLER DANCER LOVER"も売り始めますので、お近くの皆さん、ぜひお越し下さい。


◆2013.9.18.wed @ 下北沢 CLUB Que
with: spud, FRUITS EXPLOSION
open 18:30 / start 19:00
adv.¥2,300 / door.¥2,500 [D別]
チケット予約はコチラ

◆2013.9.21.sat @ 大阪 Live House Pangea
with: aeronauts, たかぎしゆかカルテット, ZEPTONIA, Dlove the world (from 松下隆也)
open 18:00 / start 18:30
adv.¥2,000 / door.¥2,300 [D別]
チケット予約はコチラ


それでは、ごきげんよう。

■summertime blues

みなさんこんばんは。
いや、むしろもう「おばんでがす」と書きたいくらいのあまちゃん好き、星野でがす。

あまちゃんが好きすぎて、9月に終わってしまったらその後どうやって生きていけばいいんだろう、と、今はその心配ばかりしています。そのくらい依存しています。恐ろしいことです。ぬけがらになっているはずです。恐ろしいことです(身の丈185cmのぬけがら)。


さて、夏休みも終盤にさしかかり、ぼくも溜まりに溜まった絵日記を前に半泣きで立ち尽くしているところですが、この時期になってくると「夏どっか行った?」みたいな話になります。
今年の夏は、つーか毎年だいたいそうですけど、ぼくはいわゆる「夏っぽいこと」をしません。フェスはたまに行きますが、ここ何年も行っていません。
今年は奇跡的に夏休み前半にブージークラクションのバーベーキュラクションに参加させていただいたくらいで、あとは基本的にいつもと変わらない日常を過ごしておりました。

とにかく今年は本当に蒸し暑くて、外に出るのが苦痛で苦痛で。
暑いのにはもう慣れていますが、この湿度ね。
いつかこのブログで「ビールをうまく飲むには湿気が大事」なんつって、わかったようなことをドヤ顔で書いたような気がしますが(今は赤面)、どのツラ下げて書いてんだ?と。
湿気なんていらねーだろ馬鹿野郎、ファッキンジャップぐらいわかるよ馬鹿野郎、と当時のぼくを撃ち殺したくなるほど湿気に悩まされました。いやまあ、ほんとは殺したいとか思ってはいませんけど、とにかく、今年はほんとにきつい。

外にいると、これは汗なのか涙なのか血なのか脳髄なのか尿なのかわからないほどびしゃびしゃになるし、天然パーマの髪の毛がクルクルになって略してクルクルパーになるし、水分摂りまくるもんでトイレは近くなるし、そのうちトイレも面倒になって「これ汗ってことでごまかしてみようかな」と頭をよぎるし、大変ですよね。最後の方はてめえのさじ加減ですよね。


ぼくらのライブ写真やアーティスト写真(近日公開)を撮ってくれているキャメラマンのO君は「日本はもう熱帯になった」と言っていました。「あれはゲリラ豪雨じゃなくてスコールです」とも。ふむふむ、そんな気もする。何年か経ったら「日本は温暖湿潤気候じゃありましぇーん」と学校で習ったりするんでしょうか。

今年は幸い、ゲリラ豪雨改めスコールに見舞われることはなかったですが、落雷で止まり放題の電車の被害には2日連続で遭いました。被害は言いすぎ?つーか雷落ちすぎじゃね?
楽器背負って走ってタクシー止めて、大変でしたよ。


…とまあ、ここまでさんざん愚痴ぐち書いてまいりましたが、この夏、というか、先日のQueでのライブ、あれは非常に楽しい夏の思い出となりました。みなさま、ありがとうございました。
いつも以上に楽しめたし、披露した次回作の曲たちの評判もよかったし、我ながらいいライブだったなあ、と、8/17分の絵日記だけはちゃあんと書くことができました。
改めまして、ありがとうございました。

次もまたQueです。お互いがお互いのライブを観たことがないという珍しい飲み友だちとついに対バンです。
よろしくお願いします。


と、きれいにまとまったところで。
みなさま、もうちょい暑い日が続きますが、熱中症その他体調不良、暴飲暴食、夏の解放感を狙った不純異性交遊など、どうかくれぐれも気をつけてけろ。

それでは、ごきげんよう。

■let's dance

みなさんこんばんは。
先週の日焼け跡の皮がむけてきてほぼ脱皮中、星野です。
どんな成虫になるのか自分でも楽しみです。

さて、昨日CLUB251にお越しいただきました皆さん、ありがとうございました。
Responseちゃんと回った"Ride the Weekend"ファイナルということで。
"Ride the Weekend"って略すと"RTW"になりますね。RはResponse、Wはwilberry、そしてTが今回ご一緒した高畠俊太郎さんのTになるわけですよ。そこまで考えられていたんですよ。いや、本当は考えてなかったけど、考えてたってことでいいじゃないか。
…っていうと、名古屋・大阪でご一緒した方々になかなか失礼になるので、偶然です。ただ、RとWは考えてました。

俊太郎さんはやはり素敵な曲ばかりで、序盤のふわっとしつつもサイケデリックな始まりから、後半のグワッとロッキンな激しい曲たちまで全て素晴らしかったです。声も本当にすごいなあと思います。もちろん、バンドの演奏もすごかった。

Responseちゃんも相変わらずの安定した演奏力と強靭なグルーーーーヴで、楽しんでライブを観られました。密かにいろんな曲のフレーズを弾けるようになっているので(一緒に回った成果!)、「おれこの曲弾けるぅ〜!」とひとりで悦に浸ったりもできるおまけつき。ま、ヒカル君には到底及びませんけどね。


そして我々のライブは。

1. THIS FEELIN'
2. SINGIN' IN THE CLOUDY SKY
3. LIFE
4. K.D.L.
5. SOUL FLOWER TRAIN
6. YOU & ME WITH DIAMONDS
7. JET ROLLER COASTER
8. BOOTLEG BLUES
9. LOVE IS PRECIOUS

新しい曲から古い曲までいっぱいやりました。
8曲ノンストップで、しかもものすげー暑かったんですが、ダイエット中ということでガマンしました。

まさか、MCのときにダンスをしろとジョウさんに無茶ぶりされるとは思っていませんでしたけど。ジョウさんの命令は逆らうと死をもって償わなければならないので、服従しました。
創作おもしろダンスを踊っても、本当の振り付けを本気で踊っても、どっちにしろグダグダになるし苦笑しか買わないと思いつつ中年グズグズダンスを披露したわけですが、咄嗟にやろうとするとやっぱ中途半端になっちゃいますね。あれはよくなかったと、帰ってひとり枕を濡らしました。反省点はそこだけです。そこオンリーです。他は一切反省していません。


そう、我々は"K.D.L."という曲のビデオでダンスを踊らなくてはならないのです。
来週撮影で、お手本動画を見たのですが、簡単そうに見えて難しいですよあれ。結構本気で練習しないといけませんよまじで。
最初「あー演奏シーンだけだから意外とラクかも」なんて思っていたのに、まさかこんな大惨事になるとは。上げて上げてドーーーーン!です。
いや、まだ撮ってないから大惨事と言ってしまうのは早いですけど。でも、誰とは言いませんが、あの人の踊り、なかなかですよ。

完成形がどうなるか、いつごろ発表できるのかなどはまだ未定ですが、楽しみにお待ち下さい。


これから夏本番、ゲリラ豪雨や熱中症、水難事故などくれぐれもご注意下さい。
それでは、ごきげんよう。

■drunken master

みなさんこんばんは。
ライブの翌朝は顔がむくみ放題でぶっくぶく、星野です。
今朝、あまりのむくみっぷりに我ながら驚き、鏡を叩き割ってやりました。

さてさて、昨日CLUB251にお越しいただきました皆さん、ありがとうございました。とても楽しいライブでした。
トップバッターにもかかわらず、多くの方に観ていただけて嬉しかったです。ぼくもニヤニヤ、もとい、スカッとサワヤカな笑顔が押さえきれませんでした。いろんな意味で。
ぼくもただスカッとサワヤカ、もとい、ニヤニヤ笑っていただけではなく、演奏の完成度も高く(えっへん)、満足度も高く(うっふん)、そういう意味でもいいライブでした。

251は、バーカウンターのスタッフさんが演奏中にワイワイ踊ってくれているのです。実はあれ、地味にあれ、とっても嬉しいのです。ありがとう。
だからお返しにと、出番後にしこたま酒を飲みました。彼の収入にチャリ〜ンと還元されればと思います。


次のライブは7/15(祝)に仙台 ennでビーチパーティーです。水着で行くとZIMAが1杯サービスされるらしいので、ぼくもビキニ(パレオつき)で行こうと思います。
昼からやってるし、お祭り的な雰囲気なので、ぼくは今から楽しみです。ビキニ選びにも余念がありません。

共演者を見ると、「ザ・○○ズ」が多いです。ぼくらもこの日だけ「ザ・△△ズ」的な名前にしようと言ったら、当然のことながら却下されました。
"wilberry(S)"にする?ジュンスカみたいに。と今思いついたけど、心の中にソッとしまっておきます。

ロックンロールなバンドが多い中、いい意味で爪痕を残せたらいいなあと思います。
お近くの方、「このバンドと一緒なら観てみようかな〜」という方、よかったら是非お願いします。
とりあえずぼくは飲みすぎに注意します。あとダイエット(&豊胸)もしなくっちゃ。

おっと、チケット予約はこちらです。

まだまだ梅雨は続きますが、食中毒などお気をつけ下さい。
それでは、ごきげんよう。

■soon

みなさんこんばんは。
先日、友人の衝撃発言を受け、初めて「じぇじぇじぇ!」と言ってみました星野です。
おもしろいですね、あまちゃん。ちなみにぼくは、潮騒のメモリーズではユイちゃん推しです。
橋本愛でいちばん好きなのはBOSSのCMです。ちなみにBOSSのCMでは西島秀俊より大森南朋推しです。



さて、5月も終わり、梅雨に入りました。とはいえ、全然降りませんね、雨。
なんか、実は気象庁の梅雨入り宣言っていうのは「入ったぽいぜぇ?」という速報値だそうで、実際に「このとき梅雨入りしてたんだぜぇ」という記録は9月に入ってから確定するそうです。気象予報士の方がおっしゃってました。
ろくな教育を受けていないぼくも、これでまたひとつ利口になりました。


梅雨どきってどんな感じだったっけ?と毎年思います。
これは完全に、ぼくの脳がR.O.U.K.A.によって退化しているが故思い出せないことなのですが、「どんな靴履いてたっけ?(普段は下駄)」「どんな格好してたっけ?(普段はドレス)」「どこに洗濯物干してたっけ?(三畳一間のため部屋干しできない)」などなど、毎年のことなのに思い出せないことが多いこと山の如しです。天然パー改め天然パーマの髪の毛がくりんくりんに畝ねることしか覚えていません。
しかし、そうこうしているうちに結局明けていくのもまた梅雨なのですが。

「早く夏にならないかなあ」と日々ぼんやり考えたり(下駄&ドレスで)、「夏は来る、頑張ってるんだから絶対来る」と大黒摩季ばりに熱唱したり(下駄&ドレスで)しているぼくですが、ま、今年の夏もいつも通りなんとなーく過ぎていくことになると思います。
今年は(今年も?)フェスに行く予定などは特になく。周りの友だちは恋に仕事に忙しいのでぼくなどに構っている時間もなく。
下駄&ドレスで天然パーマのおじさんとひと夏の恋を楽しんでくれる女子などいるはずもなく。ただただ漫然と過ぎていくのです。

でもまあ、これまた例年同様に自分のライブやら諸々の作業やらはありますので、そちらに全力投球していくことになりそうです。
今年は特にリリースに向けての準備などもありますから、いつもより忙しくなることうけあいです。忙しいことはよいことですので、うれしい悲鳴を上げる、またはただの悲鳴を上げられる(下駄&ドレス&天然パーマのうすらでかいおじさんを見て)ことになるでしょう。



ここ数日は「えっ…夏もう来た?」「うわっ…私の年収、低すぎ…?」と感じるほどに暑くて(ふところは寒くて)、「ああ、ビール飲みたいなあ」なんて思っていましたが、そして飲んだりもしましたが、そこでふと思ったのは、ゴキュゴキュとビールを飲み干し「ぶはぁぁぁ〜〜っ!!くぅぅぅ〜〜っ!!」と、シンジを迎え入れた夜のミサトさんばりに咆哮するには、まだまだ湿度が足りないのでは?ということ。

あの「真夏感」を謳歌するには、やはりもう少しじっとりしていた方がよいと思います、個人的には。
蒸し暑さという不快感を限界まで我慢し、一気に解き放つ、ある意味Mっ気いっぱいの楽しみ方。溜めて溜めてゴー、がいちばんいい気がするんですよねえ。実際Mですしねえ。

ジメジメした梅雨を耐え、満を持してやって来た夏にうまい酒を飲む、飲み歩く、飲み倒す。これもまた、溜めて溜めてゴー理論でいうと最高だと思えるのです。
溜め過ぎ・飲み過ぎをやってしまいがちなので、そこは注意しなくてはいけません。

つーかまあ、飲みたくなったら今この時期でも普通に飲みますけど。飲むんかい。
大人なので節度を持って、あまり路上に倒れて寝込んだりしないようにしたいと思います。


それでは、ごきげんよう。

■rode the weekend

みなさんこんばんは。
持っている運転免許は原付だけ、恥ずかしい大人の星野です。

5/11(土)・5/12(日)と、"Ride the Weekend"と題し、Responseとともに名古屋・大阪を回っておりました。
お越しいただきました皆さん、ライブハウスの皆さん、対バンの皆さん、Responseちゃん、ありがとうございました。


名古屋は生憎の雨でした。なのであまりブラブラもできず、ハコの近くのコメダ珈琲にて小倉トースト(だっけ?)を堪能するにとどまりまして。
他のメンバーさんも「いろんな名物を食べたい」オーラを毛穴という毛穴から出していましたがそれも叶わなかったので、それはまた次に行ったときのお楽しみにしたいと思います。

ライブは、今のメンバーでは初ということで昨年のアルバム"FORGETTABLE MUSIC UNFORGETTABLE DANCE"からの曲を多めでやりました。
まあ、かなり久しぶりに観るという方や初めて観るという方が大半だったでしょうから、どの曲も初めてに近かったでしょうけど。

この名古屋のROCK'N'ROLLというハコのベースアンプは素晴らしい音で。これはリハの時点で密かに感動していました。どこもアレだったらいいのに!なんつって。



翌日、大阪はとてもよい天気でしたが、いかんせん疲労の色が隠せない我々、のんびりそよ風に吹かれながらダラダラと出番までの時間を過ごしていたわけです。

大阪の出番はトリでした。ありがたいことにアンコールもいただき、長めにやることが出来て嬉しかったです。
2日間をキレイにまとめることができて、いいライブが出来たと思います。



Responseとは東京編もやろうと考えていますし、またいっしょに回ろうとも言っています。その時のツっアータイっトルも考えちゃったくらい、たのっしい2日っ間だったし、とっても充実しった2日っ間でした。


ほんと、楽しかったんですけど、写真が全くないですね。元々写真を撮る習慣がないもので。
悔やまれるのはこの一点のみ。


そうそう、今回のライブから売り始めたトートバッグ、もちろん次のライブでも売ります。きゃわゆいと評判ですので、皆さまぜひ。
その写真だけ上げておきます(自分で使ったやつの転用)。
KILLER DANCER LOVER Tote Bag


それでは、ごきげんよう。

| 1/2PAGES | >>