□CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■国の混乱、私の混乱

こんな春の週末だってのに異様な日曜になってしまったね。世の中がこうなっちゃったんだから仕方ない、それに合わせて生きていく側面も確かにあるんだけれど、情報がぐっちゃぐちゃしていて、俺なんかはなにがなんだか分からなくなっちゃっています。しかも雪が降っているし。

 

百合子の会見を全編確認したわけじゃないんだけど、この週末はライヴハウスには個別に指導して自粛を要請するなんて話もあったの?それをされたら、流石にライヴハウスも休まざるを得ないよなぁ。でも演者は基本的にはライヴを演りたいですよ。ただ、家族に小さい子やお年寄りがいたら、感染させるわけにいかないからキャンセルするって気持ちもすごく良くわかる。家族と死にたい奴ぁいないですよ。

 

で、この週末のみの不要不急の外出自粛要請は実は何週間か続くって話もある。でも、これって週末だけやって意味あんの?って気もする。でも、しないよりはいいのか。でも、平日の電車の中の方がよっぽど混んでるじゃんか。

 

晋三も百合子も喜朗も東京オリンピックは「絶対に完全なかたちで開催する」「延期・中止はあり得ない」と強く主張してたのに、1日経ったら(ホントにたった1日で)、全員が「日本は延期を勝ち取った」「このまま今年開催するほど私たちは愚かじゃない」とか言っちゃって、何があったの、1日で????? もうホントついていけないよ。馬鹿なの?

 

PCR検査にしてもみんなが受けたら医療崩壊?そうなのか。まぁ、わからないわけじゃない。でも具合が悪かったら誰だって検査を受けて自分の状態を知りたいって思うのが普通な気もするよね。そして予想通り、オリンピック延期決まったら検査をだいぶ受けられるようになってきてるって話もある。

 

オリンピックはなんとしてもやりたいから、それまでは検査数を抑えて感染者数も抑えたかった。でも、延期が決まったからその必要がないし、むしろ増えた方が延期の決断が「よかった」ってことになる。ましてや緊急事態を宣言したりしてから終息すれば、この後で晋三が狙ってる緊急事態条項を含めた憲法改悪にも良い影響がある。選挙も勝てるって話も。ホントかどうかは知らないけどね。でもホントだろうよ。

 

いろいろあって、結局うちら国民はこんな時でもウィルスと共に利用されてるだけなのかもしれないね。すぐに忘れる国民が多いから、晋三の判断に失敗があっても選挙の頃にはみんな忘れてるかもね。

 

もうね、混乱が混乱を呼んで頭の中がパニックですよ。

 

で、4月11日の土曜日は下北沢ニュー風知空知でマドラスのハッシーのバースデーイヴェントだよ。この状況で再来週の週末、どうなるのかわかんないけど、スタジオでアコースティックセットでもうリハに何回か入ってるよ。開催されるかわからないからモチベーションの維持もなかなか難しいけど、新曲、カヴァー曲目も2曲やるつもりなんだ。カヴァー曲は結構知られてる曲だから楽しいと思う。第5のメンバーの同期は外して4人だけでやるよ。ブリちゃんは別の機材を使う。面白い。スターツ早いから要注意^^

 

 

4月11日(土)
会場 下北沢ニュー風知空知
~the MADRAS pre.~ Happy Birthday to me
出演 the MADRAS / wilberry / my funny hitchhiker
開場 16時30分
開演 17時00分
前売 3000円(D別)


■暗い世の中になっちゃたねぇ

どーも。暗い世の中になっちゃたねぇ。

僕たちは毎週スタジオに集まって曲を作ったり練習したりして、ライヴハウスでお客さんからお金を貰って、その曲を発表してますが、今まで何回も言ってきた通り趣味でやってるわけではなくて、商売という意味もあります。だからこそ本気でやっているし、自分たちが納得いく曲というのが大前提のうえで、お客さんに喜んでもらえる曲、いいなぁって思ってもらえる曲を必死で作ってるわけです。
なので、お客さんが来なくなったら、続ける意味ないし辞めます。
そこでこの新型コロナ騒ぎ。。。ホント参ります。幸い、と言ったらアレですが、僕ら主催のイヴェントは暫くないので、ライヴハウスや主催者がやると決めてくれれば、僕らは出演していくけど、お客さんが来るかどうか躊躇う気持ちは凄くわかります。これだけニュースで感染リスクはライヴハウスライヴハウスって言ってたら(しかも悪いイメージを植え付けるような言い方で)、誰だってねぇ。
1月の金夜奪取の時期がこの状況だったら。。。と思うとホントにゾッとする。もしそうだったら中止するか決行するかを251と一緒に考えなきゃいけないし、どっちを選ぶにしたって、ある程度の批判をうけることになる。そういう意味では今月に同様のイヴェントを今夜からやってるthe cold tommyは大変だろうな。
主催のイヴェントがないにしても、宣伝なんかもちょっとしづらくて困ってる。ちょっと震災の時を思い出すね。でもね、このブログを機にやはりちゃんと宣伝しようかなと思います。やっぱりやるからにはこの辛い局面を迎えてるライヴハウスにもお金がいくように動員させたいし、俺たちもさっき書いたみたいにちゃんと準備をしてるわけだからね。
ただし、来る来ないの判断はもちろん皆さんです。ま、これはコロナに関係なくだけどね。どのライヴハウスも今はいろいろと環境面を考えてくれてるみたいだし、心配はいらないとは思うけれど、それでもという方はどうぞお家でwilberryでも聴いててくださいね^^
今月は3/13にバンドで、3/21に弾き語りがあります。よろしくね。あ、バンドはこの後少し空いちゃいそうです。恐らくレコーディングの最終準備に充てる感じになりそう。
あ、個人的にはピロリ菌除菌に失敗して、ただいまクスリで二次除菌中ですがそれも明日で終了。そして明日から草野球開幕、さっき「新聞記者」が日本アカデミー賞を獲ったので気分がいいです。にょほほぉ〜^^

3月13日(金)
会場 下北沢CLUB251
“ GOLD EXPERIENCE 〜脱兎之勢〜week.4 "
出演 the cold tommy / wilberry / wash? / FOOLA / ゆーの
開場 18時00分
開演 18時30分
前売 2500円(D別)
当日 3000円(D別)

 

3月21日(土)
会場 下北沢RHAPSODY
“弥生3メンズナイト!”
出演 ジョウミチヲ / 大森洋平 / 菅直之(菅直行 & Band of the Planet、ex.FURS)
開場 19時00分
開演 19時30分
前売 2500円(D別)
当日 3000円(D別)

 

4月11日(土)
会場 下北沢ニュー風知空知
~the MADRAS pre.~ Happy Birthday to me
出演 the MADRAS / wilberry / my funny hitchhiker
開場 16時30分
開演 17時00分
前売 3000円(D別)
当日 3300円(D別)


■金夜奪取とポップスター、曲作り

今更だけれど、金夜奪取ありがとう。いい経験をしました。
そして、終わって1週間なんだけど、早速新曲を作り始めたよ。ツイートもしたけれど、久しぶりに完全にサウンド的に新しい扉を開いた感がある新機軸のwilberryを見せられそう。気合い入れ過ぎてその曲を歌ったからか、スタジオから帰って少ししたら声が全く出なくなって、うがいも全く出来なくなってビックリしました。ホントに全く出なくてなったんでホントビックリ!
でも、その夜は即寝して、翌朝少し出るようになって、今はかなり良くなりました。1月はかなり忙しくしてたので、今月2月はその新曲作りのために定期的にメンバーで集まるけど(週1くらい)、少しのんびりしようかと思ってます。今日もこの後は映画でも観に行くかな。その新曲は月末の渋谷HOMEで披露仕様じゃないか。
最後にこないだ初めて披露した新曲「POP STAR」の歌詞を。まだまだこれから変更もありそうだけど、ひとまずこの感じ。
POP STAR

あっという間に転がっていく石ころみたいなもんさ
短い夢を見ているのさ
退屈な午後をやり過ごしてソファで寝転んで
ドーナツに針を落とすのさ
甘酸っぱいポールの歌 それは恋人へのラヴミュージック
こっそりノートに書き留めた
シャウトするジョンの歌 それは大人へのレベルミュージック
すっかり頭に染み込んだ

憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
寝ても覚めてもずっと
YEAH
あのコも好きなポップスター
あのコも好きなポップスター
あのコも好きなポップスター
いつもマネをしてるのさ

ぶ厚いメイク ふざけて踊る ちょっと気障で笑えた
時々涙を誘ったり
カーラジオから流れた あの歌はあのコの寝言みたい
耳に張り付いて離れない

YEAH
憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
寝ても覚めてもずっと
YEAH
あのコも好きなポップスター
あのコも好きなポップスター
あのコも好きなポップスター
そう、いつだって、どこだって、会いにいけるね

悲しい夜を救ったのは
流れ星なんかじゃなかった
ヘッドフォンの中の魔法さ
OH YEAH YEAH YEAH

YEAH
あのコが好きなポップスター
あのコが好きなポップスター
あのコが好きなポップスター
寝ても覚めてもずっと
だから
憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
そう、いつだって、誰にだって、優しくなれるね

i just wanna be a pop star

■金夜奪取第二夜を前に

地獄リハーサル終わりました^^

 

さて、なんも考えないで書き始めます。「金夜奪取」真っ最中で頑張っているジョウです。新曲も制作中、というか歌詞以外は出来上がってるんだけれど、毎週ライヴだとなかなか書いてる時間がなくて、正直言うと大苦戦してるのですが、なんとか金夜奪取中に披露したいと思っています。

 

 

これがなかなか良い曲で暗いわりにはキャッチーに仕上がりました。インディーズっぽくないというか。

 

いま思ったけれど、インディーズってなんですかね。対義語はメジャーってことなのかしら?

 

それこそ2000年代に入るあたりまでは、まだインディーズとメジャーの垣根って確実にあって、ビジネス的にはもちろん、音楽的にもうまく口では言えないけれど、なんか違いがあったよね。

 

 

2000年超えて以降、徐々に音楽ビジネスが崩壊していって、今やインディーズとメジャーの垣根がほとんどなくなってきたけれど。

音楽的にどうだろ、俺の偏見かもしれないけれど、「売れる音楽」よりも「自分がやりたい音楽をとことんやる」ってのがインディーズっていうイメージもあるかな。メジャーと違ってしがらみが無いしね。それはそれで格好いいよね。

 

 

ただ、俺は実はあんまりそういう考えって好きじゃないのだ。お客さんからお金を取ってライヴをやったり、CDを売ったりするわけだから、そのお客さんが楽しめる音楽を作ったり、ライヴでパフォーマンスするのはあったり前だと思ってんだよね。自分だけ楽しいんだったら趣味で無料でやった方がいいのでは?って思っちゃう。

 

 

でも、問題になるのが「自分が作りたい音楽」と「お客さんが楽しめるって思える音楽」に差異があった時なんだけど。

これはきっと多くのメジャーの皆さんがぶち当たる壁なんじゃないかな。「食っていくためには、あんまりやりたくないけど、ウケそうな曲を作るしかないか。。。」なんてね。よく聞く話でもあるし。

 

 

その点では、俺はあんまり悩んだことがないのです。なぜなら俺自身がめっちゃくちゃポップミュージックが好きだから。中学時代からずっとヒットチャートものを聴いてきて、今でも聴いてる。世間で何が聞かれてるかが気になって仕方ない^^で、そういう音楽が作りたいって思ってんだよね、未だに。

 

 

だから「自分が作りたい音楽」と「お客さんが楽しめるって思える音楽」がイコールになるんだよ。これは精神的には相当ラクです。悩みなし。

 

 

で、好都合なのは、あ、これは俺がほとんど洋楽しか聴かないからだと思っているんだけれど、いくら俺がキャッチーにポップに作ろうとしても、あまり「あざとくならない」というか「ダサくならない」んだよね(自画自賛)。

 

 

常に自分が作る曲の一番のファンでいるのが目標で、ここ数年はそれがうまくいってる。幸せです。

 

 

ライヴパフォーマンスもインディーズ感って出したくないなぁ。下北の地下の150人キャパのライヴハウスで満員でもない状態で歌ってるけれど、実際に歌っている時は、5000人くらいのキャパのところで歌っているつもりで歌ってる。基本的には251やGBだったらステージ正面のバーカウンター、QUEだったら赤い煉瓦の向こうのもっと向こうにいる見えないお客さんに向かって歌ってる、これホント。これはその昔、wilberryが所属してた事務所内を間借りしてたおっさんにアドヴァイスされたんだよね、今でも守ってる。まあ、最前列の人を見つめても歌うけど^^

 

 

ただただ、思ったことを書いてみました。

 

さて、今週末は金夜奪取第二夜です。GRiPとダイナマイト★ナオキ!!!完璧な夜です。必ず来てください。

 

1月17日(金)
会場 下北沢CLUB251
“ FRIDAY NIGHT JACK week.2 “
出演 wilberry / ダイナマイト★ナオキ / GRiP
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 3000円(D別)


■2019⇨2020

この程度で忙しいとか言ってちゃいけないんだろうけれど、12月に入ってから怒濤の日々だったんですけど、やっと落ちつきました。

wilberryのライヴ2本で、ソロ弾き語りライヴ2本、さいたまスーパーアリーナまでU2のライヴに2回行ったりして、その間にみごとに風邪気味になり、自転車は駅前から撤去されて、やっと1週間後に自転車取り返したら、その日に自転車で大転倒。それでも生きています。

 

 

と言っても、バンドは好調で新曲が2曲出来ているんだけれど、歌詞が追いつかず。来月のイヴェント中にはもちろんやれると思いますが、カラダがへばってへばって、でもやっと戻ってきたところです^^大晦日は代ザーと251でバッチリやりますんで、是非来て欲しいものです。

 

 

ソロ弾き語りはここ1〜2年ちょっと「どうしたもんかなぁ〜」って悩んでたっていうか迷ってたっていうか、そういう感じだったんだけれど、この夏の風知空知の50祭りあたりから吹っ切れてやれるようになって、今月の2本は特に相当楽しく歌えました。今年は結構弾き語りの誘いは断ってきたんだけど、来年はちょっとやろうかしら。

 


さてさて、来年ですが、ご存知のように1月早々に下北沢CLUB251と共同で10日より4週連続でイヴェントを催します。思えばwilberryがポリドールからデビューしたのが1999年の春、ギリギリ20年目のうちにこうしてイヴェントの提案をしてくれた251に感謝しています。

 

 

一部詳細がまだですが、どれも素晴らしい夜になることは間違いないです、是非いらしてね!特に1/10はブリテン祭りです。来なかったらブリちゃんが泣いちゃうのでひとつよろしく。

 

 

そして、恐らくその後はもう一回4人で曲を作って、リアレンジなんかしながら、いよいよアルバムをレコーディングをしようと思ってます。みんながチケット買ったりCDを買ってくれたお陰で予算も用意できたのです。ホントにホントにありがとう。

 

前作を作ったときに「もう次にこれ以上良いアルバムは作れないだろう」って思ったぐらい、全て出し切ったんだけれど、なんのなんのこの3年で同等かそれを超えるくらいの曲が溜まってきたので、いよいよなのです。すごく楽しみ。

 

年内はこのオフィシャルブログで俺が書くのはこれが最後かな。2019年、みんなありがとう。

 

 

最後に今年一番好きになったニューヨーク、ブルックリンのバンド「BIG THIEF」のこの曲を。この曲は今年の曲じゃないけれどね。

 

https://www.youtube.com/watch?v=7FfM1DWsi3o

 

 

 

1月10日(金)
会場 下北沢CLUB251
“ FRIDAY NIGHT JACK “
ブリテン生誕50周年記念ライヴ〜ホエン・アイム・フィフティ〜
出演 wilberry / CURIO
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 3300円(D別)
 

1月17日(金)
会場 下北沢CLUB251
“ FRIDAY NIGHT JACK week.2 “
出演 wilberry / ダイナマイト★ナオキ / GRiP
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 3000円(D別)
 

1月24日(金)
会場 下北沢CLUB251
“ FRIDAY NIGHT JACK week.3 "
出演 wilberry / The Cold Tommy / etc
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 3000円(D別)
 

1月31日(金)
会場 下北沢CLUB251
“ FRIDAY NIGHT JACK week.4 "
出演 wilberry / the MADRAS / MIKIO TRIO
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 3000円(D別)
 

 


■濃厚でした

この1週間はなかなか濃厚な1週間だったわー。
マドラスと一緒に名阪ツアー。大阪も名古屋もはじめてのライヴハウスだったよ。
扇町パラダイスはエアロやwash?から噂は聞いてたけれど、ホントにロックンロールなライヴハウス。音がデカい、しかしちゃんとすべての音が気持ちよく分離してて聞こえる。多分人生で最狭のライヴハウスだったけれど、最高だったよ。スタッフも良い人ばっか^^エアロノーツも一緒でよかった。
打ち上げは、近くの鳥料理の店。なぜ大阪人はみんな安くて美味しくて洒落た店を知っているのか。翌日名古屋のため、もちろん一滴も飲まないつもりが、エアロの新ベースのカンちゃんに上手いことやられて、グラス半分焼酎を飲むことに(俺が1番好きなお酒、麦焼酎「兼八」)。参りました。
そのまま夜走りでwilberryの常宿である京都嵐山のホテル・ロワイヤルへ。着いて2秒で寝た。
名古屋は鶴舞にあるK・Dハポンへ。ここもはじめて。いわゆる生音のライヴハウス。ステージはなくて、天井高くて、吹き抜けで2階席がある。カレーとガパオライスが美味しい。生音ライヴが初めてで、正直言うと自分の歌が聞こえずやりにくい部分もあったんだけど、そんなのステージングにはまーーーったく関係ないので楽しくやれたぞ。対バンの名古屋のバンドも2つとも雰囲気があってよったなぁ。ハポンとも合ってたね。
打ち上げは軽くハポンでビールとご飯。2日間マドラスありがとう。また来年この感じでやろうって話もあるので、その時はみんな宜しくね!
こないだの火曜は向ヶ丘遊園モンキーレンチで弾き語りの生音ライヴ。これまた初めてのお店で!初めて弾き語り生音。
かなり不安はあったんだけど(生音だと自分の歌が大きすぎて自分のギターが聞こえない)、篠原とか鉄平くんも一緒だったから、楽しくやったった。
ラストの曲除いて全部カヴァー。いつかカヴァーばっかでやりたかったので、これも良かった。盛り上がってくれてありがとう。トリでもないのにまさかのアンコールまでやってしまいました。
モンキーレンチはクラフトビールのお店だったからたんまり飲みました。美味しかった^^お陰で、買い直したばかりのヘッドフォーンをお店に置いて帰ってしまった。。。
どこに行ってもお客さんがいるのはホントありがたい。いなかったらやる意味は全くないし、準備する意味もない。ホントに感謝してます。ありがとう。

■活動再開

10月1日から3週間ほどバンドはリハーサルも含めて一切活動しない期間を設けておりましたよ。

私は沖縄→ブダペスト→ウィーン→ドゥブロヴニク→ナポリ→パリを訪れていました。バンド活動も貧乏暇無しでそれはそれで勿論充実はしているんですが、今回の旅は充実しすぎて少々疲れました。
ひとつずつまた話すと、個人ウェブログと重複しちゃうので書かないですが、やっぱり旅はいいですなぁ。
沖縄、パリ以外は初めて行くところばかり。いつも書くことですが、初めて行く場所というのは、目に飛び込んでくるものが全て初めてということになるので、こんな刺激的なことはありません。それが何日も続くなんて鼻血が出そうなくらいです。
昔々、中学の時の社会科の先生が授業で「なるべく早く若いうちに、どこでもいいから海外を旅をしろ」と言っていたのを思い出します。僕が初めて海外に行ったのは40歳の時、何故かリゾートアイランドのセブ島に行ったんだけれど、たしかにあの時にセブ空港に到着した時の物凄い高揚感が忘れられず、それで今でもちょくちょくお金がある時に出掛けるようにしています。そして、今でもあの高揚感と緊張感を求めて出掛けていくのです。
さてさて、3週間のインプット期間は終えたのでドドーンとバンドの方に集中していくぞ。
まずは、来月真ん中の大阪と名古屋のツアーです。2本ともマドラスと一緒!彼らにはここ何年もお世話になりっぱなしですが、東京以外でのライヴは初めてで楽しみ。他に大阪はエアロノーツ、名古屋はアップルライトが一緒です。凄く楽しみ。
帰ってきたら、向ヶ丘遊園で篠原と鉄平くんのチャリティアコースティック生音イヴェントが待っています。こちらもよろしくね!何もコード繋がないで生音と生ギターでお伝えいたします。歌が大きすぎてギターが聞こえない可能性あり^^
12/1は下北沢CLUB251です。あと大晦日にも1〜2本ありそう。
そして1月は10日から毎週金曜日下北沢CLUB251でイヴェント。
休んだ分ぶっ飛ばしていきます。

■callin' you epですよ^^

どーも、ジョウです。ここ最近はずーっと新譜"callin' you ep"のリリース準備に奔走してましたよ。結構駆け足で録音と発売です。ここ最近半年に一回くらいでリリースしているシングルだけれど、これらはキッチリカッチリ作り上げるというよりは、出来たばかりの楽曲を時間をかけずにサラッと録音して、録音もミックスもジャケットもぜーんぶ自分らでやるっていうのがテーマです。だからテイクもそんなに回数録らないし、ホント全部を1月くらいで仕上げて、あとは音とジャケットと盤のデザインを業者に送るって感じです。

なので、もちろん完成度が100パーセントというわけではないけれど、出来立てホヤホヤのアッツい奴をパッケージしているので、是非是非聴いて欲しいものです。
明後日の251からリリースになります。よろしくね。この日はマドラス史上最大のイヴェントだね。ホント彼らは偉いなぁ。次々とイヴェントを組んで頑張ってるよ。
我々も重い腰を上げて来年1月に少し頑張ってあることをしようと思ってます。多分10月の頭には決まっている範囲で発表できると思うのでたのしみにしててねーん。
来月は10/5に沖縄でソロがあります。是非来て欲しいけれど、10月は下旬までリハーサルも含めてwilberryは完全秋休みに入ります。一切活動なし。その間に色々とインプットしてきて、その後の活動に活かしていこうかと思っています。その間にいろいろと個人の方のウェブログで何か書こうと思います。

■ジョウミチヲ、胃カメラを鼻から飲むの巻

こう見えて結構健康には気を遣っていまして、ここ5〜6年は年に1回人間ドックに行っているんですよ。

 

で、その度にバリウム飲んで胃の検査はしていたんだけれども、こないだとある人に「ジョウくん、バリウムの検査は細かいところまで検査できているわけではないのだよ、どうせ検査をするなら胃カメラ飲まんかね。まあ、キミにはそんな勇気はないだろうけどね!はっはっは」と言われたのでした。

 

「むむうっ!そこまで言われたら飲んでやろうじゃねぇかっ!」ってなわけで、勇気を振り絞って人生初の胃カメラ検査有りの人間ドックをネットで検索検索。

 

それで見つけたのが「レーザー胃カメラ」の検査がある人間ドック。何がレーザーなのかはよくわからないけど、なんか最新っぽいし最新ってことは患者への負担は少ないはずってことで、そこで申し込むことに。

 

ネット申し込みの段階で鼻からカメラ挿入か口からカメラ挿入か選べるようになってた。

 

2〜3年前に喉にポリープが出来かけた時に耳鼻咽喉科で鼻からカメラを入れた経験があって、それが全然苦じゃなかったので「鼻カメ」でお申し込み。鎮痛剤を打つかどうかも選択出来たので、念のため「打つ」でお申し込み。ポチっとな。

 

で、当日。電車で15分のクリニックへ。受付に申し込み書と保険証を提出して順番を待つ。なんだかドキドキしてきた。。。

 

胃にカメラを入れるなんてどうかしてる。。。

 

管の太さはどれくらいなのだろうか。。。

 

そもそも鼻カメでよかったのか、、、口カメのほうが楽なのではないか。。。

 

このクリニック、想像してたより小さいんだけど大丈夫なんだろか。。。

 

 

 

 

「ジョウさ〜ん」

 

「あ、はい、、、、」

 

「今日は胃カメラありの人間ドックですね」

 

「はい、、、」

 

「では中に入ってくださいね」

「あ、はい、、、」

 

 

中に入ると、やはり結構小さいクリニック。。。

 

「では早速ジョウさん、オシッコから採りますね。このコップに入れてください。あそこのお手洗いで。一番下の目盛りまでで十分ですので」

 

「はーい。。。」

 

「はい、お疲れ様です、はい、では次は血液を採りますね。はい、そこに座って。はい、左手出して。はい、親指を中に入れて軽く握って、はい、チクっとしまーす」

 

ブスリ!

 

「はい、手を楽にして」

 

チューーーーーーーーーーーー。

 

「はい、お疲れ様です。ではジョウさん、あそこの更衣室でこれに着替えて来てください。下着と靴下以外は全部脱いでこれ着て下さいね。あ、その首のネックレスは外してくださいね」

 

こんな調子でスパスパ、ジャンジャン、進む進む。

 

心電図
エコー
身長体重
視力
眼底検査
血圧
聴力
レントゲン
肺活量


その間も頭の中は胃カメラのことで頭はいっぱい。

 

そういえば、聴力検査で「ジョウさん、左耳ちょっと良くないですね、高音聴こえてないですよ」と言われた。もうこれは仕方ないかね、、、30年音楽やってりゃ仕方ない。

 

そして問診。

 

「さて、ジョウさん。今日は胃カメラの検査ってことでね。カメラを入れて胃の中を直接見せてもらいますね。これはつまり胃の中に異物を入れるということでして、入れている最中に噎せたり、吐き気をもよおす場合もあって、、、云々カンヌン、、、」


うえええええ、やっぱやめときゃよかった(泣)


「で、ジョウさん、鎮痛剤は打つということででよろしいですか?打ちますと終わってから1時間ほどソファでお休み頂くことになりまして、さらに本日の飲酒と運転は控えて貰います」


もう完全に弱気になっていて、
「鎮痛剤って注射ですか?」と聞いてみた。

 

「そうです」

 

ええええええ、、、、(声にならない声)


「ああああ、そういう感じでしたら、一先ず鎮痛剤なしで始めてみて、辛かったら途中で鎮痛剤打つということにしましょうか?

 

「あ、はい、それがいいですぅ。。。」


ベッドへ。。。


もう寝てからはただただ女医さんのいう通りにするだけ。

 

「まず鼻に麻酔入れますね、両鼻です。少しすると苦いのが喉にきますけれど、飲みこんでください。

 

両鼻に何か挿される。。。

 

に、苦い。。。

 

飲む。。。

 

不味い。。。

 

「はい、じゃあどっちの鼻が通りやすいか診ますね」

 

と言われるやいなや、両鼻にまたなにか挿される。。。

 

「どうですか、左のほうが通りやすいですかね?」

 

「い、いや、全然自分ではわからないですが。。。。」

 

「そうですか」

 

「はあ、じゃあ今度は喉の麻酔飲んでもらいますね、一回口に入れたら飲み込まないで2分間我慢してもらいます。2分経ったら飲み込んでもらいます。はい」

 

ゴクリ。。。

 

んんぐぐ。。。

 

 

 

 

 

「はい、1分です。あと1分です。はい、頑張って」

 

 

 


んんんぐひ。。。。

 

 

 


「はい、2分です。ゴクッと飲み込んで」

 

 

 

ンゴクリ。。。

 

 

 

不味い。。。

 


「はい、どうですか、大丈夫ですか」

 


「はい、だ、大丈夫です。。。。」

 


「じゃあ、体を左向きにして。はい、じゃあ、先生呼んできますのでお待ちくださいね」

 

先生入場。

 

管を手に持つ。長い。。。太い。。。長さ40センチくらいかな。これ全部入るん?しかも太い。。。。5〜6mmあるじゃないの!

 

「はい、じゃあ、ゆっくりと入れていきますね」

 

 

通りやすいと言われた左鼻よりブスリ。。。スルスルスル。

 

 

ムムムゥ。。。

 


スルーリ。


お、なかなかいい調子。痛くはない。

 

 

スルリスルリ。

 

 

よくこんな太いの入るなぁ、でも、今んとこ大丈夫。

 

 

スルスルスルリ。

 

 

お、これはいけるのかも。

 

 

スルスルスルリスルリ。

 

 

途中で管に女医さんが滑りやすくするローションの様なものを鼻の手前で塗りつけている。

 

 

スルスル。

 

 

いけるぜ^^

 

 

一回喉あたりを通る時にイヤ〜な違和感。でも大丈夫^^

 

 

「はい、大丈夫ですか?上手くいってますからね〜」

 

 

スルスル。

 

 

いい感じ^^

 

 

「はい、ゲップ出そうでも我慢してくださいね」

 

 

確かにちょっとゲップ出そう。でも大丈夫^^

 

 

スルスル^^

 

 

はいはい、いい感じ^^こりゃ余裕かも^^やっぱり鼻カメ良かったのかも^^

 

 

スルリンスルリン^^

 

 

「はい、上手くいってます。鎮痛剤なしでいけそうですね」

 

 

スルリ〜〜〜〜〜ン!^^

 

 

はいはい、どうぞどうぞお入り下さい^^

 

 

スルスルスルリ〜〜〜〜ン^^

 


さあさあ、遠慮なく奥までお入りくださいな^^

 


スルスルスルーーーーーーーーー^^

 

 

いらっしゃ〜〜〜〜〜い!!!^^

 

 

「ゲップ我慢してくださいね」

 

 

 

はいよ〜〜〜〜^^

 

 

 

「はい、終わりました。お疲れ様です」

 

 

 

^^

 

 

 

終わったぁ〜〜〜〜^^実に晴れやかな気分だ。マジ全然平気だった。こんなのいつでも受けてやるぜ^^

 

 

 

 

 


そんなわけで胃カメラ日記でございました。なお、胃カメラ検査の結果は「慢性胃炎」という診断。自覚症状ないし心配ないとも先生に言われましたがピロリ菌の検査はしておいた方が良いと言われたため採られた血液でピロリン検査をしてもらうことになりました。全ての結果は3週間後。まあ、心配ないでしょう^^わ〜い。


■7月から8月へ

7月はいろいろと楽しいイヴェントに誘ってもらえて本当に最高だったよ。3本のイヴェントのうち2つが仲間のバンド主催のイヴェントだったからね。

 

the MADRASは遂に遂にのアルバムリリース。アルバムって簡単に言うけれど、本当に作るの大変なんです。ましてや、自分たちだけでやるとなると、なおさら。曲を揃えるのは当然としても、レコーディングスタジオをおさえたり、ジャケット作ったり、パッケージインナーのレイアウト、曲順考えてメンバーで揉めたりするかもしれない(Madrasは揉めなそうだけど^^)、業者とやりとりとかして。

 

曲を揃えたり、曲順考えるの以外は結構苦手な(というか、出来ない)メンバーいたっておかしくないわけだから、時間かかるんだよね。仕上がりのサウンドに対してもメンバーそれぞれの音はもちろん、全員が全体を聴いて納得いくものにしなきゃいけないし、売るんだからリスナーの期待にも応えるサウンドにしなきゃいけない。嗚呼、考えただけで目眩がしてくる。。。

 

イヴェントは最高に盛り上がったし、アルバムも本当良くってビックリしたよ。wilberryのファンに人たちにも是非聴いて欲しいな。ハッシーの優しい歌が凄くいきてて気持ちいい。というか、ハッシーの歌の成長がうかがえて嬉しい一枚です。


先週はResponseのイヴェントに出演。彼らとももはや長い付き合いだけれど、なんといっても一昨年のダブルレコ発ツアーが最高の思い出。みづほちゃんのお休み時期に入ってしまって、みづほちゃんとは少しだけだったけど、ピンチヒッターのドラマーたちも楽しくて(エアロの北出とか^^)、あと男ばかりの自由さがあって(あまり詳しくは言えないが^^)、面白かったんだよなー。

 

で、今回のイヴェントは個性的な2バンドをプラスして最高でしたよ。特にCanariaは音楽的にも好きだったなぁ。

 

wilberryはそのResponseとのレコ発ツアー以降に出来た曲のみのセットリストで挑みました。つまりアルバム以降ってことなんだけど、かなり良かったんじゃないかしら。次作のアルバムはこの時にやった曲がメインになるかもしれない。なんとかここまではいい曲が作れていると自負してるぞ。

 

7/20は同い年のおっさんフェスティバルでした。俺ねぇ、風知空知が大好きなの。お店の雰囲気が。もう、リハから楽しくて嬉しくて楽しくて嬉しくて^^昼間のリハーサルの時に外からたくさん光が入るのが本当にサイコー。あそこは明るい時間にライヴやるのが一番いいよ^^

 

イヴェントは三者三様だけれど、みーんなゲストもたっぷりでワイワイやれて笑い絶えず、忘れられない夜になりました。

同い年のハッシーと俊太郎くん、ありがとう。良き同世代友人がいて良かった。そして何より集まってくれたみんな、ありがとう。お陰様で何とか歌えております。当日も言ったけれど、お客さんがいなかったらとっくに歌うの辞めて、のたれ死んでます。

 

 


さて、8月は、な、な、なんと思いもよらずライヴなし。。。でも、ここぞとばかりレコーディングをすることにしました。実は今夜からその準備を本格的に始めたぞ。ただし、まだ歌詞が全く書けてないんだけどね^^
まあ、楽しみにしててよ。熱いナンバーを2曲、プラス1曲の3曲入りを予定してて、9月末にリリース予定、大阪名古屋も11月には行くぞ!


| 1/6PAGES | >>