□CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■明日ライヴ(カラダのこと)

覚えておりますでしょうか、ジョウでございます。わたくしの出番になってから完っ全にバンドブログが滞りまして、刑罰も受けましたが刑罰は一回だけというルールに甘えてさらにさらに滞ってすみません。


この間にバンドは何をしてたかと申しますと、ご存知の通り曲作りとアルバムのレコーディングをしておりました。というか、いまもしております。


録音はドラムとベースは全曲完全に終わりまして、ギターはまだ残ってて、歌はまだ全曲残っているという調子です。のんびりやるつもりはないですが、ジックリと妥協せずに100%納得出来るもの、つまり聴き手のみんなも大満足な音源を作る事を約束します。待っててね。

 

 


さて、わたくしですが、ここ最近ほんの少し病気で体調を崩しまして。というか、夏あたりから若干の兆候はあったのですが(Twitterで足に湿布を貼った写真を上げたのが8月13日)、大した事はないと思って放っておいたところすこーーーしずつジワリジワリとあまり良くない方向に進行してたみたいでした。


ひと月前くらいから近所の町医者2つに通院してもまったく良くならなかったもので、大学病院に行ってみたところ、ある病気の可能性濃厚と言われてしまいました。


んで先生に「検査のための手術が必要になります」と言わる始末。どんな手術かと問うたところ「一番悪いところの肉を切り取って、それを更にうすーくスライスして何枚にも切って顕微鏡で調べよう」と言われました。ほとんどその時点で気絶しても良かったんですが、容赦なく話は続き「今のところ早くて12月16日が手術可能だけどどうかね?」と言われました。展開が早すぎてよくわからなかったんだけれど、先延ばししても意味がないので「受けて立とうじゃないかっ!」と答えました。すると、今度は先生の隣に座ってた研修医みたいな若い人か「先生、今日キャンセル一件入ってます」と仰せ。
すると先生「ジョウさん、実は今日一件手術のキャンセルが入ったのさ。もし可能ならば今日の夕方に切ることも出来るけれどどおよ?ま、気持ちの準備とかあるし無理はしなくていいんだぜ」と。


だから俺様はこう言ってやったんだ。「甘く見られちゃ困るぜ、先生。俺はいつだっていいんだ、先生が切りたい時に切りゃあいいんだぜ」ってな(震えながらな)。


先生「今日切りたい」


そんなこんなであっという間に初日に手術と相成りました。


手術前に感染を防ぐため、B型肝炎、C型肝炎、HIVウイルスに感染してないかどうかの血液検査。結果は陰性で手術室へ。


切開は右足首と左足甲の2箇所。お相手は2人のお綺麗な女医さんでしたがこの人たちも容赦なく「ジョウさん、2箇所一気にいいですか?」と。
常に弱味を見せない俺は涙目で「なーんだ、たったの2箇所かい!」と言ってやったんだ。


局所麻酔後切開。麻酔しっかり効いて無感覚。しかし30分程度で終わると聞いていたのに1時間かかったぞ。途中「神経とか通ってて複雑な場所なんで慎重にやってて時間かかってます、心配しないでくだしゃんせー」とか言ってた。
その神経を切られたら歩けなくなるのかな、とか一抹の不安を覚えながらようやく終了。


「2箇所とも内側と外側5針ずつ縫いました、内側は溶ける糸、外側の糸は来週抜糸です」と。意外に深くいった様子。


そして抜糸をしたのが、今週火曜のことでありました。


傷口はもう痛くないし、ここまではすべて順調。なのですが、問題もあって我が肉を何枚にスライスすんのか知らないが、検査結果が出るのが、な、なんとまだまだ先の1月半ばとのこと。そしてその検査結果が出るまでは治療方針が決まらないため治療そのものを一切スタート出来ないとのことでした。


長い。その間に病気は進行しないのかよ、と心配しつつ、でもその心配がないからじっくり時間掛けて検査するんだろう、とか勝手に想像したりしてるわけです。


検査検査が出ず病気が確定してるわけではないので、この場で病名は控えますが、どうかご心配なく。患部は多少痛むものの、倒れるような予兆はもちろんないです。歩くことにも走ることにも踊ることにも、もちろん歌うことにも何も影響ないです(ただ、ランニングは禁じられてしいました)。


現時点ではいま決まってる予定を何もキャンセルせずにジャンジャン進めていって、このあと決まってくるであろうスケジュールも緩くするつもりもないです。というか、今年より遥かに来年はいろいろと活発に動くぞ。


そんなわけで、ライヴハウスで待ってるんで遊びに来てくださいね。


■9/28

23時36分

こんばんは。こんな時間です。24時までに更新しないと大変な罰ゲームを食らうことになります、いま帰宅して、慌ててPCを起動しましたよ。実は自宅のiMacが先日8年の生命をまっとうしまして、めでたくご臨終になり、いまブリちゃんに借りているMacBookで書いているわけです。


さて北海道が終わって、その足で沖縄でバカンスして(このことは今度新しいMacintoshを導入してから写真入りで書きますね)、で、我がイヴェントRtMBを終えました。まず、ご来場のみんな、本当にありがとう!みんなが来てくれないと成立しないイヴェントなので、心の底から感謝しています、本当に。

対バンのブージークラクション、ありがとう。元々もちろん好きなバンド、デビュー時期は一緒だし、もう話すと長くなrんだけれど、迷わず言えるのは今のブージーが一番好きだわさ。すべての意味でまっすぐに音楽やってるのが見てる側に伝わるし、なにしろ楽曲がとてもキャッチーなのがいいな。これからなるべく観に行こうと思ってるよ。

そしてプライベーツ。もうなんも言うことなんてないよ。とにかくすごい。長くやりゃあいいってもんでは全くないんだけれど、ほぼ休まず30年バンドをやるっていうのはとんでもないこと。湧き出るグルーヴが違うなぁ〜って思った。いや、本当、なんも言うことないなぁ〜。

で、うちらだけれど、うまくやれたよ。新曲は賛否両論あるのは、まあいいんだけれど、いまのメンバーでは一番WILBERRYらしい楽曲だと思ってる。歌詞については特にここでは書かなくてもわかって欲しい。聴いてくれたみんな、ありがとうね。

打ち上げは当然朝までだったんだけれど、後半は全く記憶はないぜ。でもプライベーツのショーネンさんにいろいろ音楽の話を聞いて、それをいちいちiPhoneのメモに入力していたのは覚えている^^

次回はついにファイナル!!!

12月23日に代ザーで最高の対バンと一緒に待ってるよ!




昨日は近藤智洋さんのワンマンに行って来た。知ってる顔をいっぱい見かけて、そして最高のライヴだった。大袈裟な話ではなく、俺はある意味で近藤さんが近くで歌ってくれているから、俺も負けないでやっていられるっていう気持ちはあるよ。近藤さん、更に大きくなってたな〜。来年はバンディッツと対バンしたいぜ。あ、あとピロさんのパーカッションが最高だった。あれだけでも聴きたいくらいに!


今夜はトニー、皆ちん、美央ちゃん、大森洋平でウエケンさんを囲んで50才パーリーを三茶で催したよ!ウエケンさんあっての、いまの音楽シーンだぜ!飲んだぜ!あ、23時58分だ!!!!

■C’MON

なんだかイヤな世の中になりつつあるよねー。。。

wilberryは他の日本の多くのバンドより洋楽に影響を受けてるのは認めるところだけれど、歌詞も同じように日本のバンドより洋楽に影響を受けてると言えるかも。
売れているバンドが社会的や政治的な発言を一切しないのは、恥ずかしいことだとされているくらいだからね。

生きやすい国で生活したいもんだよね。



C'MON

支配をしている奴らの手口は見えている
支配をしている奴らの手口は見えている
悪魔が欲しがる未来志向ならいらないさ
のらりくらりのスピーチが響いてる

C'MON

支配をしている奴らはカネで動いている
支配をしている奴らはカネで動いている
悪魔が欲しがる未来志向ならいらないさ
のらりくらりのスピーチが響いてる
奴らを地の果てまで追い詰めようか

C'MON

血が騒いでいるさ

裏で米国に操られては誤魔化してる
裏で米国に操られては誤魔化してる
悪魔が欲しがる未来志向ならいらないさ
のらりくらりのスピーチが響いてる
奴らを地の果てまで追い詰めようか

C'MON

血が騒いでいるのさ

■もう2015年終わるぞ

なんだかまわりのバンドが活動休止とか解散とかって話がちらほらあって悲しい気持ちのジョウです。バンドって恐らく観ているみんなが思っているほど強固でない場合が多いもんだよ。売れてる売れてないにかかわらず悩みのないバンドなんて絶対にどこにもいない。ステージ上では強がって見せてるなんてことが多いんじゃないかしら。ステージ上で弱きだったら誰も観たくもないしね。

なので、あなたが好きなバンドがあるんだったら、なるべくライヴに足を運んだほうがいい。いつ突然終わっちゃうかわからないからね。「○月○日が最後のライヴです」なんてあらかじめ言ってくれるならまだマシだけれど、「実は○月○日が最後のライヴでした」って終わってから発表するなんてことも多いしね。まあ、昔のwilberryもそんな事をしましたけれど。えへ。




こんなこと書いてたら、今のwilberryも実は。。。。なんて思う人もいるかもしれませんが(いるわけないか^^)、残念なことに、そんなネガティヴなこと考えるヒマもなくて忙しいのです。恒例の無料配布CDのレコーディングのための曲作り中!歌詞以外はほぼほぼ完成したぜ!

前作の「DYNAMITE LIPS」とはま〜〜〜ったく違うニューウェイヴっぽいロックです。うちらって他のバンドと比べると「洋楽っぽい」って言われることが多いんだけれど、この曲は特に洋楽(UK)寄りの曲かなって思いますよ。歌メロはどうってことないんだけれど、雰囲気が最高(でも暗い)。これCD屋で俺が試聴したら絶対即買う^^

録音ももうすぐスタート。9月23日のザーザズー代々木でタダで配るから超楽しみにしてくださいな!

で、4回目のイヴェントも12月23日(祝)に決定したよ。対決バンドもとっておきのバンドを1つ決めました。ホントにとっておき!この日も絶対に空けといてね!

あ、それから9月は札幌も行くぞ!9月5日札幌サウンドクルー、6日札幌スピリチュアルラウンジ!今回もメンバー3人が安高の両親と猫たちのお世話になります。




ところで、今日これが届いた^^





これは俺の人生の1本になるんじゃないかってくらいのお気に入りの映画、やっとブルーレイ出ました。明日の昼間にゆっくり観ます^^

■濃いぞ、2015年。

さてまた、何から書こうかしら。ほんの数日前に2回目の「ROCK the MIRROR BALL」が終わったばかりだというのに、もう3回目と4回目の準備に忙しいよ。忙しい2015年、これだと確実に今年はこのままイヴェントだけで忙しいまま終わりますよ。。。あは。
最初の2回に2曲入りCD無料配布をやっちゃったんで、実質的に途中でやめるわけにもいかないので、もうこのまま4回目まで無料配布はやることにするよ。

もう知ってる人が殆どだと信じてますが、次回のROCK the MIRROR BALLは9月23日(秋分の日)で、ゲストにはなんと、あのTHE PRIVATESを呼びました!正直恐れ多い気もしていますが、ただただ楽しみでしかないのです。おそらくもう1つ素敵なバンドを決めて3つでどっっか〜んと盛り上がる夜になりますので、この夜は絶対に空けておいてくれよな!

レコーディングの準備を兼ねて、いま曲作りが始まったところなんだけれど、なんだか今度の曲は新機軸すぎて、いつも聴いてくれてる人がこれを聴いたらって想像したらちょっと怖い気も。。。でもやっぱり新しいことやらなきゃ音楽続けてる意味がないからね!ひとまず楽しみにするよーに。もしかしたら8/19の新宿紅布で演奏できるかも。

そんなこと言ってるうちに、明日は高円寺HIGHでライヴだぞ。

Hi-5とはDUSKの時に一緒にやったような気もするんだけれど、よく覚えてないや。。。ライヴは何回も観たことあるよ。すごくいい!!ちなみにヴォーカルのナオキくんと僕は顔がとってもよく似てるらしく、昔からよく言われます^^

NUDGE'EM ALLは完全に初めて。サポートでベース弾いてる純也くんとは何年か前にどっかで知り合ってたまにライヴハウスで飲んだりしてるから、明日も会うの楽しみだねぁ〜^^パワーポップですごくいいバンドだしね!

明日は久しぶりに天気も良さそうだしみんな来てな!

■スクラッチ!!!

明日はどど〜んと下北沢251でライヴなんだけれど、バンドとしては同時進行でレコーディングをしてますよ。飽くまでもデモレコーディングではあるんだけれど、ブリちゃんのレコーディング技術の御陰で、毎回かなりクオリティの高い音源製作ができて楽しいぞ。

「DYNAMITE LIPS」という、かなりソウルフルな新曲(ライヴではすでに3〜4回プレイ済み)を録ったよ。あまり時間を掛けずに4人の音を録音したから勢いがある音になるはず。ただし、今は我々4人がいつも出している以外の音をいろいろとプラスしていて、まだどういう完成形になるのかわからない状態だよ。ストリングスとスクラッチ音は既にプラス済み^^さらにコーラスもプラスされてかなりお洒落な出来になりそう。

スクラッチ音もちゃんとターンテーブルをスタジオに持ち込んで録り込んだんだぜ。まさかロックバンドやってんのにスクラッチをやることになるとは!!!w
しかもこのスクラッチっていうのが、かなり難しいの。DJなんてチャラチャラしてる奴がテキトーにやってんだろって思ってたんだけれど(完全な偏見)、音源選びからかなり大変でした。

https://www.youtube.com/watch?v=8LcpRnk2hKQ
もちろんここまではできない

で、最終的には俺は諦めて(すぐに飽きるから)、ロイヤルにやらせてしまいました^^
でも、ただのロックンロールバンドのwilberryですが、他のバンドがやってないことをやるのは本当に楽しい。なので、6/27に配られるコンパクトディスクには期待してな〜^^

6月12日(金)
下北沢 CLUB 251
"One Chord Wonder"
出演 wilberry / The Everything Breaks / LONESOME DOVE WOODROWS 
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 2500円(1D別)
当日 3000円(1D別)

6月27日(土)
wilberry presents "ROCK the MIRROR BALL 2015 <2nd.quarter>"
会場 Zher the Zoo YOYOGI
出演 wilberry / Schroeder-Headz / VOLA & THE ORIENTAL MACHINE
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 3000円(1D別)
当日 3300円(1D別)

■自由が丘デパートにいました。

23時18分
wilberryのオフシャルブログご覧の皆様こんばんわ。皆様、楽しくご覧になっているかと存じますが、このブログには厳しい掟がありまして、前任者が更新してから一週間以内に更新しなければいけないというものです。これを破るととんでもない罰則が課さられます。この罰則、私も一回課さられました。。。。もう、立ち直ることが出来ませんでした。ロイヤルとystkは一回も受けていません。しかしドラムのブリテンはまあまあ、やってます。とんでもない恐ろしい罰則なのですがさすがはブリちゃんです。
23時25分。
そうこう書いてる間に7分も経ちました。昨夜から私は何をしていたかというと昨夜はwilberryのリハーサル。12〜3年ぶりにエレキギター(リッケンバッカー)をスタジオで弾きました。2002年くらいにDUSKのライヴで弾いて以来。でもいい感じ。意外に早くみんなの前で弾けるかもです。鴨。さらなる新曲はまだアイディアのみなので何もプレイせず。その後は6/27の配布CDの打ち合わせ(収録曲を何にするか)をして終了。

その後は下北沢CafeKICKに移動、南波ラルと合流してCafeKICKのクロージングパーティをたっぷり楽しみました。こないだのKICKのライヴのMCでも言ったけれど、ボスの伊藤さんには感謝しかないんだ。こうやって何年も経っているのに気にかけてくれていて本当に嬉しい。KICKはなくなるけれど今回の伊藤さんとの再会は今後の財産だよ。

帰り。。。足動二輪車で帰ったんだがポリスに「止まりなさい」と言われる。しかしまったく止まる気分ではなかったので止まらずにそのまま走行。パトカーに追いかけられる。そして逃走。本気で逃走。帰宅。














23時40分
本日。完全オフ。起きたら正午。駒沢公園を10.8kmランニング。いまはランニングには最高の季節だよ。始めるにはいいタイミングなんでどうぞ^^

午後は急に誘われて自由が丘で飲酒。自由が丘って男に向いてる店って少ないんだけれど、今日は自由が丘デパート内の焼き鳥屋「やっちゃん」へ。美味しい。
この後で2軒目に友人達は向かったんだけれど、恐ろしい罰則が怖くって帰ってきました。

SETLIST @ ShimokitazawaCafeKICK
05/05/2015
01 THIS BOOGIE !!!
02 BEAUTIFUL CITY
03 RUMOUR
04 NOISY DAYS
05 YOU'VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY(ビートルズのカヴァー)
06 いちょう並木のセレナーデ(小沢健二のカヴァー)
07 BABY, THIS IS YOUR MELODY
08 IN MY SOUL OF SOULS
09 NATALIE

■背中にキムチの汁を垂らされて

一昨日はブリちゃん、元DUSKのトニー、SPARKYの皆ちんとまっちゃん、ヴァイオリニストの美央ちゃんと元SPEENA・現マッチョのしょうこちゃん、元CURIOのカッサイ氏で三軒茶屋で飲んだのだ。みんなの共通のエンジニアの方が先日亡くなって、お通夜で集まったのがきっかけで飲むことになったのだ。人が亡くなって、あとでワイワイ集まるのってどうなの?って感じではあるけれど、実際にはよくある事だし、故人がこうして集まらせてくれたって思えば決して悪いことではないよね。楽しかったな〜。昔の無茶した話をいっぱいしたからここで書きたいけれど、やっぱりまだ時効じゃないから書けないなぁ〜^^

2軒目では元LITAの積しのちゃんと、wilberryのここ最近2枚のアルバムのエンジニアをお願いした佐藤雅彦さんも合流した!最高^^佐藤雅彦さんの活躍ぶりはもうとんでもないレベルだけれど、積しのちゃんも今はカメラマンとして大活躍してるのだ!
ビールいっぱい飲んで、最高。最高すぎて店員に背中にキムチの汁を垂らされて、めっちゃくちゃ店員に謝られて、背中を布巾で拭かれたんだけれど、あたくし、あまりにもご機嫌だったんで「あ、全っ然大丈夫どぇ〜す!」って言って終わらせて、今日の昼間になんか背中から韓国っぽいいい匂いがするなぁ〜って思ったら汁が服にかなりしっかりこびりついておりました。。。少し怒っとけば良かった。。。



さて、こんばんは、みなさん。ジョウですよ。3/27の代ザーが終わって、メンバーはなんだかいろいろあってブリちゃん以外はみんなちょっと一回実家に帰ったりして、ブリちゃんはCURIOの2デイズがあったりして、今夜が久しぶりのスタジオワークだったのよ。3/27に新曲披露したばかりですが、4/25はまた次の曲をお披露目予定だぞ。次はあたくしがアコギを持つ曲です。アコギ持つの別に特別好きじゃないけれど、まあ、アコギの音が必要な曲が出来てしまうので仕方ないね^^



こないだの新曲の歌詞を。タイトルは「DYNAMITE GIRL(仮)」


明日から何かが変わる気がしていたんだ
あのコと初めてのキスをしている間ずっと

これは派手な映画じゃなくていま始まる物語さ

いまもう何かが変わってる気がしているんだ
あのコと初めてのキスを済ませたからさ
ダイナマイトな唇で虜にさせて
呼吸するのどっかいっちゃって見つめ合っていた

夢見ていたドラマじゃなくて
そういまある物語さ

新しい歌に夢中でナチュラルに揺れちゃう
ふたりのカラダ中が恋に落ちていく
さあ、ダンスしている!
恋を扉をノックしている!

何気ない仕草が引き金を引いたら
あっちゅう間にロケットみたいに走っていくのさ
ステレオから流れてるいま浮かんだばかりのメロディ
可愛いあのコに教えるために空を飛んで行った

これは派手な映画じゃなくていまときめく物語さ

新しい歌に夢中でナチュラルに動いちゃう
ふたりのカラダ中が恋に落ちていく
さあ、ダンスしている!
朝までずっとノックしている!


恋い焦がれた時は過ぎていくドミノ倒しみたいに色が変わった

騒がしいくらいの日々が当たり前にあって
可笑しいくらいにまた踊って
ココロが躍って
生まれたばかりの歌に夢中でナチュラルに動いちゃう
ふたりのカラダ中が恋に落ちていく
さあ、ダンスしている!

朝が来ればここにいて 
悩める太陽を浴びて 
夜は全部撃ち抜いて 
穏やかな顔を見て眠る

■ヤラないでイッてばっか。。。

wilberryの2月8日のイヴェント以来ライヴがないもんで、人のライヴばっかり行ってるぞ。

ドラム11人のDQSのワンマン@WWW。これ、まだ一回も体感してないひとは一回観ておいたほうがいいよ。フィジカルとメンタル、どっちをとっても凄すぎる。もちろんドラムの音圧は凄いけれど、俺はもっと繊細な部分を感じるよ。もちろんドラムだけでなく、ギター、ベース、キーボードもいて、多くの曲で鬼軍曹のケンイチロウくんが歌も歌うし、そんなにマニアックな感じじゃないもんね!

久しぶりにちゃんとチケットを買って洋楽のミュージシャン、St.VINCENT@渋谷クアトロに行ってきた!だいぶ前から名前は知ってて気になりつつも、聴きそびれていたんだけれどwash?の大ちゃんが絶賛してて、その後にやっとAmazonでCD買ったら、これが本当に最高、しかもタイミング良く来日したから行ってしまったよ^^
アメリカのロックはそんなには好きではないんだけれど、やっぱりニューヨーク(特にブルックリン)発信の音楽は本当にカッコいいぞ。イビツだけれど洗練されてて、それでいてポップ。しかもSt.VINCENTは美人でミニスカート( ´ ▽ ` )ノ
ギターもアイデアに溢れてて、サポートギター・キーボードの日本人女子も良かった。彼女が通訳もやるんだけれどSt.VINCENTが英語でおかしなことばっかり言うから通訳するのが大変そうで可笑しかったぜ。

ジェリーリーファントム@東京キネマ倶楽部。久しぶりのジェリーリーファントム復活。10年くらい前かなジェリーリーとかブロンディとかJAZZCOKEとかクラッシュインアントワープのメンバーで、文字通り毎晩下北で朝まで飲んだり、お互いのライヴに行き来してる時期があったの。その中でもジェリーリーは圧倒的に素晴らしいライヴを毎回やってて、本当に大好きだったんだよ。人気もうちらの中でも一番だったしね!その夜もブランクをまったく感じさせない踊れるロックをバンバンやってくれた。いまじゃ4つ打ちのロックバンドが腐る程いるけれど、最初に日本でそいつに手を出したのはジェリーリーだったんだ。
最初は2階でジェリーリー(ザ・ビーチズ)のプロデューサーのウエケンさんと並んで一緒に観てた。もう最初から涙が溢れてきたんだけれど、隣のウエケンさんなんて拳を振り上げながら泣いてたんだぜ。結局、俺は2〜3曲2階で観てたんだけれど「こんなとこで泣いてちゃいかん」ってフロアに降りて踊りまくってやったぜ^^

a flood of circle@六本木EXシアター。亮介くんと俺に繋がりがあるなんて、みんなビックリするかもだけれど、5〜6年くらい前かしら、クリープハイプの尾崎世界観に「アコースティックイヴェントやるんで出ませんか?」って誘われて、下北のラグーナで一緒にやったんだけれど、その時亮介くんも一緒だったんだよ。あんときから亮介くんの声は圧倒的だったんだ、もっちろん尾崎くんもだけれどね!そのときからお互いの歌が大好きなのさ。いまでもことあるごとにいまでもライヴを誘ってくれて嬉しいよ^^この日も本当に最高の歌声だった。日本人のヴォーカルでいま一番好きだね、本当に!

さて、うちらも曲ばっか作ってないで、そろそろみんなの前で演らないとね!3月27日に代ザーで待ってるぜ!

3月27日(金)
Zher the Zoo YOYOGI
"Zher the Zoo YOYOGI 10th Anniversary ~ Live Goes On ! ~"
出演 wilberry / aeronauts / REVSONICS / L'fin
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 2400円(1D別)
当日 2800円(1D別)

4月25日(土)
下北沢 CLUB 251
"Response presents 「Nothing venture, nothing win」"
出演 wilberry / Response / Keita The Newest / tegakiLIFE
開場 18時00分
開演 18時30分
前売 2500円(1D別)
当日 2800円(1D別)

■ロックンロールショー

『忌野清志郎ロックンロールショーTheFilm〜#1入門編〜』を観てきましたよ。



だいぶ前からこの映画が公開されるのを待っていたもんで、本当、久しぶりに観る前からすごいテンション上がってる感じで映画館に行きました。勢い余ってTOHOシネマのシネマイレージ会員になっちまったぜ!

19時40分って遅めの回のわりにはお客さんも結構入ってました。

しかし、なんですな。今は映画は指定席で観るもんなのね。昔は人気映画観るために1時間前から並んでも、座席は取れずに立ち見とか通路に座って観たもんだよ。

それで肝心の映画の中身だけれど、
まあ、良かったです。年代バラバラにいろんな会場でのライヴ映像がメイン。
もう少しドキュメントっぽく清志郎のオフの部分が入ってくるもんだと想像してたんだけれど、オンの部分が殆ど。入門編というサブサイトルがついているので、清志郎ビギナーとしては面白いと思うよ。
タイマーズや2・3'Sは一切出てこず、カヴァーズ時期のものもなし。
もう少し人間・清志郎を映しても良かったのになぁ、と個人的には思ったよ。
まあ、今回は入門編ってことで、当然次作もあるようなので、そっちではもうちょっとディープに掘り下げて欲しいもんです。


さて、2月8日の代ザーでの"ROCK the MIRROR BALL 2015 《1st QUARTER》"に来てくれたみんな、本当にありがとう!最高に幸せでした!
対したZOMBIE DON'T RUNとVIOLETSも最高!もしもいつもwilberryに来てくれてる人でこの2バンドを好きになってくれたら、やった甲斐があったってもんだぜ!
次回をいまブッキング中!もうちょっと待ってね!

《08/02/2015/ZtZYYG》
wilberry setlist
01 K.D.L.
02 THIS BOOGIE !!!
03 NANANA ( KEEP YOUR DREAM )
04 BEAUTIFUL CITY
05 RAINBOW ( SHE MAKES ME HAPPY )
06 JET ROLLER COASTER AND FALLIN' CARPET
07 SOUL FLOWER TRAIN
08 LOVE IS PRECIOUS
《encore》
09 SINGIN' IN THE CLOUDY SKY
10 NATALIE

| 1/3PAGES | >>