□CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■おやつは何にしよう

こんばんは。

ロイヤルです。

 

 

もう11月も折返しですよみなさん。

今年はあと50日も残ってないなんて。

びっくりするわ。

11月にして既に師走感が。

 

 

毎年毎年、どんどん加速するタイム感。

一日があっという間、ひと月もすぐ、だ。

一年だって気がついたら過ぎていく。

忙しい証拠なんだろか。

例えば、何もしない予定もない日が一週間くらいあったらこの感覚はどうなるのかな。

しかし、時間は平等に過ぎていってるはずだし、カレンダーとか写真とか見て思い出してみると、一年前のことだって、それ以上前のことのようにも思えるし。

なんだかね。

当たり前だけど不思議だな。

感覚なんて曖昧で気まぐれなもんだ。

 

 

 

今日から朝はちょっと冷え込んだらしいですが、まだまだ東京は大したことないね。

外でビールも飲めるくらい。

真冬の寒さだって年々さほどこたえなくなってる気がするのは、温暖化のせいなのでしょうか?

あとは、機能性の高い安価な衣類が増えたってのもあるのかね。

お洒落は我慢しなくて良くなったのか。

はたまたただの老化現象か

冬が、家から一歩も出られないほど寒いことはなくなった印象だな。

朝は相変わらず全然起きられないけど。

 

 

 

あ、そういえば。

起きられないとは真逆だけど、無印良品の「おやすみ」って名前のアロマオイル、買おうかどうか迷ってます。

使ってるひといるかなあ。

評判良くて売れてるみたいね。

眠れないことはないけど、なんか熟睡できてない気がするんだよなー。

花粉も飛んでるしね。

使ってみたいけど、ますます起きられなくなるのかもね。

 

 

 

 

さて。

 

 

 

明日から久しぶりにwilberryは遠征します。

 

 

 

9/293曲入りの新しい盤、"callin'  you ep"をライブ会場限定で発売しましたが、ようやくCD持ってお出かけです。

サブスクリプション全盛の世の中で、敢えて会場限定の音源です。

実際に会場で手に取ってもらって、棚に並べてもらえたら嬉しいです。

表題曲のcallin'  youthe whoの、2曲目のget upthe kinksの気分で録音しました。個人的には、ね。

 

 

 

明日はまず大阪でライブがあります。

 

11/16()  扇町para-dice にて。

東京からはthe MADRASaeronautsなんで、いつもの下北沢を大阪にデリバリーな感じ。

wilberry20時前に出番予定。

 

 

 

そしてそして、明後日は名古屋。

 

11/17()  鶴舞Kハポン です。

こちらもthe MADRASと一緒。

wilberry18時半過ぎに出番予定。

 

 

 

久しぶりなんでね、お誘い合わせの上で是非お越し下さい。

せっかく行くんでね、ひとりでも多くに観てもらいたいんすよ。いつもだけどね。

いつも来てくれるひともありがとう。

バンド予約も受付してます。

HPでもTwitterでもメールでも。

よろしくお願いします。

 

 

 

明日のライブから、1月のライブチケットも販売します。

来年1月の毎週金曜日は、下北沢CLUB251wilberry251と組んでイベントを開催するんです。

その名もFRIDAY NIGHT JACK!!

 

その全4公演の通し券を、ライブ会場(11/16大阪、11/17名古屋、12/1下北沢CLUB25112/6代々木ザーザズー)にて数量限定販売なのです。

価格はお買い得な10000円。

ちなみに全公演どのチケットよりも優先入場です。

チケットはwilberryの新しいアーティスト写真を使ったオリジナルデザインなんで、記念にもなりまっせ。

 

 

 

一発目の1/10は、ブリさん半世紀記念イベント、ブリ祭です。正式名称はHPにて。64じゃないよ。

いよいよ、みなさんお待ちかねのCURIO2マンで対決です。

ブリさんは最初から最後までステージの上です。

お祝い兼ねて、是非通し券お買い求めくださいな。

 

 

 

 

 

さて、そろそろ旅支度をしなければ。

関西、名古屋近郊のみなさまはもちろん。

関東から遠征のみなさまも、お気をつけてライブハウスにお越しください。

 

 

 

では。

 

 

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA


■小麦粉だらけ。

こんにちは。

ロイヤルです。

 

 

今回は飛行機の中で書き出しています。

ジョウさんは旅行中ですが、実は同じタイミングで俺も旅行に出ています。

ちょいとばかり今月のwilberryはお休み中なもんでね。

偶然にも同じヨーロッパに居ります。

フランスに着いたのも一日違いとかだったのかなあ。

 

 

 

前回のブログで歯が痛いって書いたのですが、この旅行の予定もあったので、急にひどくなっても困るかもなってことで、あの後すぐに歯医者に行きました。

少なくとも5年、いやもっとか。

随分長いこと歯医者には行ってなかったのかな。

どれだけ直すところがあるのかちょっと憂鬱な気分で、初めて診てもらう歯医者へ。

症状伝えて、とりあえずレントゲン撮って。

 

はい、結果。

 

まさかの治療の必要なし!

 

え!、嘘でしょ。

表面の硬い部分が虫歯っぽい箇所はあるものの、現段階で削るのはもったいないからとのことで、経過観察にしましょうとのこと。

じゃ、じゃあ、この痛みは…⁈

歯周病の一種でしょうね、と先生。

折角来てくれたんで、歯のクリーニングだけしましょう、それで炎症は良くなると思いますってことになり、超音波で一時間ほどプラーク除去とクリーニングをしてもらい、歯がツルツルに。

気持ちいい。舌触りが今までと全然違う。

こんなにキレイになるんだったら、クリーニングと検診には定期的に行かないとな、とは思うんだけど、喉元過ぎればなんとやらでまた行かなくなりそうかなあ。

同じように気になってるひとは歯医者行った方がいいよー。

 

 

 

ちょいと話が逸れました。

ジョウさんのブログをまさか海外で読むことになるとは思ってなかったけど、よくあんなに船や車でアクティブに長距離移動できるなあと感心しております。

移動もだし、旅程の計画も。

行ったことのない国で、いつどうやって移動してどこに泊まってってのを、旅に出る前に決めたり予約したりしてるはずなので、そのリサーチが一番大変なんじゃないかな。

それが一番楽しい時間でもあるんだろうけど。

海外初心者のこちらは、大都市ばかりの観光です。

それでもスリや盗難にビビりながら…。

電車の乗り降りの時なんかが危ないらしいです。

 

俺なんかは英語はちんぷんかんぷんだし、宿は到着日を間違えてまだ空の上にいる時間の宿まで余分に取っちゃったりして、出発前から一悶着ありましたが、今のところまずまずうまく回れているかな。

何言われてるのかさっぱりなところもあるけど。

滞在、移動、滞在、移動の飛行機と列車の予定くらいしか組まないで来ちゃったもんだから、街に着いてからさて今日はどうしようか、てのは完全に行き当たりばったりです。

あまりあれもこれもと欲張らずに、街をブラブラ歩くのがメイン。行けなかったところはまた行けばいいし。天気もあまり良くない日があるので、天気で予定変えてみたり。

 

 

しかしまあ、大都市とは言えど、こうして来てみると日本がいかに便利なのかを実感します。

コンビニなんかもちろんないし、飲み物を買うところや、トイレを探すのにも一苦労。夜は早めに店は閉まっちゃうから、遅くなると何も食べることが出来なくなってしまう。おまけに物価も結構高い。例えば小さなコロッケ1個で240円とか。

しかしながら、そのことで普段の便利な生活に自分が慣れてしまっていることにちょっと嫌悪感も抱いてしまう。たったこれだけのことが不便に感じるのは、すでに贅沢な話だよな、て。物価はさておき、昔は日本もこんな感じだったはずだしね。

 

携帯もそう。

現地のsimを事前に購入しておいたから、着いてからはsimを入れ替えるだけで勝手にデータ通信可能。

ネットは街中でもまずまず使えてます。国を跨いでも問題なし。

Googleマップには凄くお世話になってます。

電車やバスの乗り換えも、簡単にルートが出てくるし。

切符の買い方だとか種類だとか、わからなければちょっと検索したら、誰かの体験談が出てくる。

これも、凄く助かるし、安心もできるのだけど、前は紙の地図を広げて、時刻表見たり、直接駅の人に聞いたりして旅したわけで。

電波が悪くてネットに繋がらなくなったら、ちょいちょい携帯を気にしてしまったり。

自分でろくに調べもせずに楽してる感じがちょっと甘えてるなと思ったり。

当たり前に思ってることは当たり前ではないことを、再確認する時間でもあります。

 

 

ただ、キャッシュレス決済に関しては日本よりヨーロッパの方が断然進んでいるので、現金は全くと言っていい程不要です。ほとんど両替不要でした。

マーケットでビールを買う時にすら、日本の携帯でそのままApple Payが使えるほど。

びっくりするわ。

 

 

ちょっと喉が痛くて風邪気味。気をつけないと。

さて、朝ごはんを食べに行くかな。

 

 

では、また。

 

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA


■ライブ前にはバナナがいいのか。

こんばんは。ロイヤルです。

 

一昨日くらいから、下前歯あたりの歯に違和感あり。

歯じゃなくて根っこか。不意にピリッとした嫌な痛み。やだな。

歯医者なんか何年も行ってない。

肩こりのせいならいいけど。

そのうち行ってみないと、か。

 

 

 

 

この前の日曜日は、下北沢440でライブでした。

観てくれた方々、ありがとうございました。

いつもと違う様子で、これもまたよし。

ステージやフロアの床がみんな木だから、耳馴染みの良い音だったはず。ハコ鳴りが気持ちいい。

それぞれの楽器の音がよく聞こえたのではないでしょかね。間違えたらすぐにわかっちゃうような。

生音に近い感じ。ほどよい緊張感でした。

客席はみんなイスがあるから、落ち着いてライブするつもりだったのに、途中からは結局いつも通り大きめの演奏になってしまったですかね。

アンプのボリュームは一切いじってないのですが。

また440でライブやりたいすね。

 

 

この日は、今月末に発売になる新しいCDから"get up"を演奏しました。久しぶり。

当日になって、ジョウさんがピアニカを家に忘れてきてしまうというハプニングもありましたが、ブリテンカーでひとっ飛び、無事リハーサルにも間に合って、本番はなかなかいい雰囲気で演奏できたのではないでしょうか。

もう一曲久しぶりの、"NATALIE''のシャッフルバージョンも演奏しました。こっちはいつ振りだろう。

アコースティックな感じのライブではやったことあるけど、もう相当前ですね。

普通の音量で演奏するのは初めてだったのかな…?

カウントから気分のアガる曲です。楽しかった。

好感触だったのでまたそのうちやるかな、きっと。

ちなみに、このバージョンのNATALIEはdynamite lipsの2曲入りデモCDに収録されております。2015年録音。ライブ用に予習しましたが、結構いい感じのテイクですね。今も会場では売ってますので、お持ちでない方は是非どうぞ、と。

 

 

ライブ終わったらさっさと着替えをすませて、特等席に4人並んで座り、talking lightsを鑑賞。

 

 

いやー、素晴らしいライブだったなあ。

最初から最後まで。思い出しても楽しい。

あれ、酔っ払って踊りながら観たら最高なんだろうけど、ちょっと泣いちゃうかもしれないな。

なんだろこの感じ。

バンドや音楽に対しての真摯な感じや、あまり多くを語らずにメンバー個々が内に秘めている闘志がチラホラ見え隠れして、観ていて清々しくて。

大袈裟に言うならば、ちょっと心が洗われるような。

キャリアのあるメンバーばっかなのに、初アルバムリリース記念だからか、デビュー直前の新人バンドみたいな雰囲気でもあり。

あんな空気感、計算して作れるもんじゃないな。

お客さんもあったかかった。おめでとうがいっぱいで。

それにしてもいい曲ばっかだな。

ライブ終わって帰ってからも、またCD聴いちゃったくらい。

アルバムリリースおめでとうございます。

251で初めて対バンだった時、リハーサルで観た瞬間から格好良かったんだよな。

また早く一緒にライブやりたいなあ。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

さあ。

さあさあ。

 

あともう少しで、9/29の日曜日。

下北沢CLUB 251でのライブより、"callin'  you ep"を販売します。会場限定の3曲入りCDです。

そして、タイトル曲の"callin'  you"はまだライブで演奏したことがないので、このライブで初披露予定。

10月はライブがないので、この日を逃すとしばらくは購入できませんぞ。

豪華イベントなんで、お誘い合わせの上、どうぞお越しください。

あと、5月リリースの"beautiful girl ep"も残りわずか。こちらもお早めにどうぞ。

 

 

この日の出演者は、

the MADRAS / my funny hitchhiker / wash? / LOOP LINE PASSENGER / aeronauts / GRiP / DJ ume-rock

15時開演、前売チケット3000円(ドリンク別)

 

です。

 

開演が早いので、出演時間もいつもよりちょい早め。

直前のTwitterなどでチェックして下さいませ。

前売も予約受付中です。

 

 

 

さて、本日はこれからバンドリハーサル。

いってきます。

 

 

 

“ROYAL”SEIZAN MIURA


■あおりあおられ

みじかい夏は終わったのか。

 

こんにちは、ロイヤルです。

タピオカ持って電車に乗る女子を見て、前までなんとも思わなかったのに急にすごくダサく見えたので、ブームもそろそろ終わるのかなと思った。

そもそも店作りすぎだし並びすぎ。たまに飲むにはおいしい。

 

夜もそんなに暑くないね。つい無駄にエアコンつけちゃうけど。

晩飯食べたら布団までたどり着けず、床が冷たいのでついそのまま寝てしまう。昨晩もまた。

いつどうして寝たのか憶えてない。

いつまでたっても首は寝違えたまんま、肩コリもひどい。

一杯飲まなきゃ全て解決かな。

 

 

 

ここ最近のヘビーローテーションは、talking lightsの新しいアルバム

「9 Horses Go Go」!

アルバム完成おめでとうございます。

9/15に発売なんですが、talking lightsが大好きな我々は、無理を言って一足お先に音源を送ってもらいました。

ありがとうございます。へへへ。

ずっと楽しみにしてたから嬉しい。

 

このアルバム、最高です。

 

亀田3150。聴き始めてから毎日聴いてる。家でも外でもほとんどこれしか聴いてない。

昨日も歩きながら聴いてて鳥肌立った。

公式HPに曲順が出てなかったので曲名は書きませんが、1曲目のイントロから名盤の予感しかしない。

始めから終わりまで聴いて、でまた始めから聴いて。

こうして聴くと、1曲目がまるでアルバム最後の曲みたいに聴こえる。さらば青春の光みたいな。

で、1曲目が終わったら、今度は満を持して2曲目が始まるから、最後の曲だと思ったらやっぱり1曲目だった、てな感じでひたすら繰り返してしまう。

もちろん一発でかっこいいと思う曲あり、何回か聴くうちに沁みてくる曲あり、9頭の馬にやられっぱなし。

早くライブ観たいわー。

 

talking lightsて、なんか男のロマンがいっぱいなんよね。誤解を恐れずに言えば。

季節や天気や日々の生活のことが、あの佇まいのまんまで気負いなく切り取られていて、その中にいろんな小さな喜びを見出して。

聴いてると、まるで自分も歌の主人公になったみたいな気分になる。

とにかく真っ直ぐで気持ちいい。

演奏のこととか、曲のこととか、他にも書きたいことはあるんだけども、この辺にしておきます。

あとは、とにかくみんなアルバム買って、聴いて感じてくださいってことで。

 

9/15の日曜日、そのtalking lightsのアルバムリリース記念のライブに、wilberryもゲストとして出演します。

下北沢440にて。

大好きなバンドに呼んでもらえて嬉しいなあ。超楽しみ。絶対楽しい一日だ。

アコースティックてわけじゃなく、通常のバンド演奏です。

wilberryで440出るのは俺は初めてなんですが、過去にやったことあるのかしら。

どんな感じになるかな。絶対来てくださいね。

前売予約も受付中!

 

 

 

 

さてさて、我々wilberryも負けじと音源作成中です。

8月はライブがなかったので順調に録音は終了し、今はブリテンエンジニアのミックス真っ最中。

3曲入りの予定ですが、1曲はまだ誰も聴いたことのない新曲です。

リリースするまでライブで一回も演奏してないってのは、wilberryでも初めてなのかも。

レコーディングしたことで曲が完成した感じ。

スポーツ番組とかサッカーのエンディングテーマでもおかしくないと皆で盛り上がっておりますぞ。

今のところ、9/29の下北沢CLUB251のライブから発売予定かな。

この日のライブも、マドラス主催のお知り合いさん大集合なイベントで、ザ・対決のとんでもない一日になるでしょう。

みんな負けず嫌いだからな…。

詳しくはスケジュールで確認してみてくださいね。

15時から開演と早めなんで、お気をつけあれ。

予定空けておいてください。

 

 

先日、CMでBE MY BABYが流れてたので、無性に懐かしくなり、ロネッツじゃなくてCOMPLEXを聴いてみた。

リアルタイムは中学生か。こういう時にSpotifyて便利だな。

何年振りに聴いたかわからんけど、今聴くのはとても良かった。

懐かしのだけど、時代が追いついたのか。

全然古くないしライブバージョンもえらい格好いい。

カラオケ行きたい。

 

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA


■運動会は雨模様。

もういい加減雨も飽きましたが、そろそろ梅雨明けでしょうか。

こんにちは、ロイヤルです。

 

ここ数日、ようやく夏の匂いがしてきました。

来週からは晴れの日も多くなるみたい。

そりゃあもう7月も終わりだもんな。

そんなに長雨の続くこともなかったのかな。

降ったり止んだりとしつこい梅雨だったけど、夏に向けてまだ雨量は足らないんだろうか。

なんとなくそんな気が。

昨日、朝の甲州街道を通ったら、たくさんのセミの鳴き声。

今まで気づかなかったけど、いつから鳴き出してたんだろ。

昔はあまり夏って好きじゃなかった気もするけど、最近は結構好きかな。

海行きたい。腹もひっこめないとな。

 

 

 

 

前回のブログで、電車にまつわるストレスをつらつらと書いたのですが、書いた後もやっぱり電車に乗るとマナーが気になることばかりで。

そんな中、3日くらい前の出来事。

まだまだ帰宅ラッシュの時間帯。

 

電車に乗り込んだら、当然ながら座席は空いておらず。優先座席の前の吊り革に掴まって、発車を待ってた。

反対側のドア付近には、派手な格好の若い女の子3人組が立っていて、携帯見ながら楽しそうに話してる。

他に話してる乗客もそんなにいないし、ちょっとうるさいな、とも思ってたかも。

ここまではいつもの光景。

 

そうこうしていたら、その中の一人の子がドアの外を見て、すぐに車内を振り返り、突然大きな声を上げた。

 

「すみません!松葉杖の人が乗ってくるんで、優先席ひとつ開けてもらえますか!」

 

その迷いのないしっかりした声で、車内の空気が変わった。

優先座席は全部埋まってて、そこに高齢者は一人もいない。携帯いじってるような二十代三十代くらいばかり。

端に座ってた女の子がすぐ恥ずかしそうに立ち上がり、その場を離れていった。

その隣の女性もバツが悪そうに立ち上がって、吊り革に掴まった。

 

もしかしたらヘルプマークつけてるひととか、座らないとどうしようもないくらい疲れてるひともいたかもしれないし、こればかりはなんとも言えないけども、おそらく誰も本当に優先座席を必要なわけではなかったんじゃないかな。

松葉杖の方が無事に席に座ったあと、女の子達はまた何事もなかったかのように先ほどの会話を続けだした。

 

思わず拍手を送りたいくらい、清々しい気分になった。

そこに押し付けがましさは微塵もなく、とてもスマート。

彼女達にしてみれば当たり前のことなんだろう。それもまた素敵で。

 

見た目だけでひとを判断するもんじゃないね。ある程度は重要だけども。

思い込みは危険だし、何事も常に疑って考えるべきだな。

久しぶりに電車でいいことがあった。

 

 

 

20日は風知空知で"since -1969-"、同級生3人組ナイトにちょっとだけ参加させて頂きました。

音もロケーションも含めて、最高に居心地の良いハコですよね。

アコースティックならではで、みんなの声がはっきり聴こえたな。

三者三様、だけど互いにリスペクトな感じがまたよくてね。

当初はソロで3人の予定だったんだろうけど、最終的にみんなゲストとして自分のバンドメンバーを呼んじゃったから、賑やかな夜でした。

元DUSKのカズシゲさんとは初対面。

板橋の拉麺アイオイ、近いうちに行ってみたい。

 

ジョウさんの出番に、wilberryメンバーとカズシゲさんの4人で、1人1曲ずつ参加。

なんの曲をやるかって指定もなかったので、俺は前からずっとお気に入りだったDUSKの"BASEMENT MELODY"をリクエスト。

じゃあそれで、と即決。

この曲、いつも自分の歩くテンポとぴったりなのよね…。

街で聴きながら歩くと楽しいのだ。

wilberryの曲ならwilberryでやるしな、と思ったのもあり、敢えてDUSKを選曲しました。

 

リハーサルも1人ずつで新鮮でした。

急遽2時間のスタジオで、wilberryメンバー1人40分ずつ。

スタジオに着いたら、先に終わったやっちんと入れ違いで、次は自分の番。

中にはギター持ったジョウさん1人で、まるでオーディションを受けてるかのような不思議な感覚でした。

新鮮だー。ちょっと緊張。

2人だけで人前で演奏するのって、ジョウさんに限らず多分初めて。

あ、高校生くらいの頃にはあったかな。授業とかでね。

本番は緊張してテンポが早くなっちゃったかな。

リハ終わりで期日前投票行って、そのまま本番前までビールも飲んでたし。

アコースティックもまた機会があれば。

 

楽しい夜でした。おめでとうございました。

 

 


 

 

今日は、明後日28日のライブに向けて最後のリハーサル。

ライブは下北沢CLUB251にてResponseにおよばれ。

前回の251での宣言通り、アルバム以降の新しめの曲ばかりで演奏しますよ。

次回のライブは9月になっちゃいそうでかなり間が空いちゃうので、お待ちしてますねー。

 

 

“ROYAL”SEIZAN MIURA


■傘はなくすもの

おはようございます。

ロイヤルです。


今年もほぼ半分終わり。早いなあ。

台風はほぼ逸れたんでしょうかね。

傘を飛ばされないように気をつけて。



傘と言えば、最近は雨の日が多いから、傘の持ち方で気になることが特に多いです。


刀みたいに斜めに持って、腕と一緒にブンブン振って歩いてるのいるよね?

何なん、あれ。

階段とかさ、後ろから歩いてたら傘の先が当たりそうになるやつ。

え?、もしかして武士なの?

どう考えても危ないやん。

子どもだったら顔に当たるで。

あれって本人は気がついてないだけなんやろか。どういうつもりなのかと。

不思議で仕方ないわ。

小さい頃から誰も注意したらんかったんかね。傘はまっすぐ持ちなさいよ、て。

先をひとに向けたらいけませんよ、て。


こういう奴と、トイレットペーパーがなくなっても交換しない奴とは友達になれないなと心底思う。

あかん…止まらなくなってきた…。



電車の中でもさ、腕とかバッグにびちゃびちゃの傘をひっかけて立ってて、前に座ってる人の膝元に傘が当たってる光景もよく見かける。

もしかして他人のズボンで傘拭いてるの?、てくらいの。

スマートフォンでゲームばっかやってないで、もうちょっと周り見なさいよ、て思います。

事故が起こってからでは遅いのでね。



満員電車なんてただでさえストレスになる空間なのに、最近、自己中心的な人が増えたと思う。

どうでしょう?

多少は、路線とか時間帯にもよるんでしょうけども。


大勢の乗降があるのに、ドア付近でスマートフォンいじってて道を譲らないひと。

奥が空いてるのに詰めないわ避けないわ微動だにしないわのひとは、指定席でも買ってるんでしょうね、きっと。京都風でいくか。残念ながら俺には座席番号見えないけど。

すし詰めの車内でなんとしてでも本を開くひと、頑なにスマートフォンで海外ドラマやインスタグラムを見るひと。

それ、今この状況でなんとしてもやらなきゃいけないほど重要なんでしょうね。大変ですね、時間なくて。


まだまだ。

駅に電車が到着して、まだ誰も降りてないのにすぐ乗ってくるひと。

逆に、降りる時にひとを避けようともせず、周りのお客さんに声もかけずに一直線にドアに向かうひと。

ちょっと押されたらあからさまに嫌な顔して周りの人を無理矢理振り解こうとするひと。


それから、電話、音漏れ、リュック…あーもう。

キリがないし、書いてるだけでストレス。

おっさんしつこいね…読んでもストレスですね、すみません。

余計なお世話やね。



他人からしてみたら俺も同じようなもんだろうし、傘にせよ電車にせよ誰かにイライラされてることもあるだろうから、そんなに偉そうなことは言えません。

ベース持って電車に乗る時は申し訳ないと思ってますよ。長くて邪魔だし。

関係ないけどこの間、ウッドベース抱えた女の子が、満員電車に乗れなくなっていましたが、あの移動は大変だなあ。ドアから奥までベースの頭を入れないと乗れないので…って乗るのをやめてました。あれから何本電車待ったら乗れたんだろう。



とにかく、明日は我が身で気をつけなきゃいけないのですが、なんにせよもっと思いやりが大事だわね。

ストレスがありすぎるから、みんな気持ちに余裕がなくなって、自分の殻に閉じこもる悪循環なのかもしれないですね。

そういう時こそひとに優しくありたいもんです。

窓から紫陽花を見よう。

そして怒りは向けるべきところに向けて、自分のエネルギーにしないとな。

うっかり長くなってしまったのでこの辺で。こんなはずでは。




さて、wilberryの7月は結構盛りだくさんです。

ライブスケジュールをチェックしてくださいね。


まずは7/12・高円寺HIGHから。

the MADRASのアルバムレコ発です。みんなでお祝いしましょう。

完璧な3バンドでしょ。


そして、またジョウさんの持ってきた新曲もアレンジし始めました。

大きな広がりのある曲になるのかなあ。完成形はどこへ向かうのか、まだ誰も知りません。


8月は今のところライブ予定はなし。

それぞれお見逃しなきよう。



それにしても夏フェス出たいなあ…毎年言ってるけど懲りずに言い続けるぞ。

wilberryは意外と野外も高いステージも似合うと思ってます。

まだまだお誘いお待ちしております。


もうじき夏だ。




“ROYAL”SEIZAN MIURA


■平静安静

こんばんは。

ロイヤルです。



昼間に重い荷物を持ったら背中の筋を痛めてしまったみたいで、くしゃみをしてはイテテテテ、あくびをしてもイテテイテテ。足元のものはしゃがまないと拾えないし、靴紐を結ぶのも一苦労…。いったん寝転がると、ゴロンと寝返りの勢いでないと起き上がれない。情けないのう。

日頃の運動不足だな、完全に。




ここ数日は急な暑さも少し落ちついたようで、夜は肌寒いですね。風邪などひいてないでしょうか。先週のちょうどまるで夏みたいに暑くなった日、急遽思い立って京都に帰省。歩き回ったら熱中症みたいになっちゃった。あんな急な季節の変化になんて全く対応できんわい。春らしい春もあまりなかったし、梅雨の前に夏はくるし、ここんとこ全然風情がないなあ。ただ、思いつきで万博公園まで足を伸ばしたのは大正解でした。やはり太陽の塔、素晴らしい。テンション上がって何時間でも見ていられそうだったわ、あの太陽さえなければ…。



昨日は、鶯谷の東京キネマ倶楽部にて、折坂悠太のワンマンライブを観てきました。弾き語りではなく合奏とのことで、曲ごとに沢山の楽器が演奏されていて、まるでレコードの再現のようでした。豪華だったし、贅沢な時間だったな。ヴィブラフォンなんてなかなか生で聴く機会ないし。皆さんとにかく演奏が上手。折坂さんの唄もギターも、もちろん素晴らしかったです。あれだけ自由に声を操れたらさぞ楽しいだろうな。ライブ観て、またレコード聴くとさらにいい。これからも楽しみになるような、いいライブでした。また行こう。オリジナルラブと一緒にやったりしないかなあ。



最近観に行きたいなと思うようなライブは、キネマ倶楽部でやってることが多いのかも。前回観たのはカネコアヤノバンドだったな。まさかキネマ系とかそういうのもあるんだろか。ないか。とにかくあそこはステージも高くて観やすいし、音もかなり良いと思います。生々しい。そして、演者の息づかいまで感じるには、あれくらいの大きさまでが限界だなと思う。あれより広くなると、観る場所によってはちょっと遠く感じちゃう。

6階のホールからは地上まで階段を降りて外に出るのだけど、昔新宿にあった頃のリキッドルームを思い出す感じ。異空間から日常へのクールダウンをする、と。そもそも、地下にある場所よりも、高いところにあるホールの方が好きだな。空気のせいだろうか、気分も解放される気がするよ。構造や防音の問題があるだろうから、高い場所ってなかなか難しいのだろうけども。

キネマ倶楽部、一度ライブしてみたい。



wilberryさんは、一回リハーサルが流れたから随分と空いちゃった気分になってたけど、まだ今日は5月だった。東名阪ツアーも今月だし、GBもやったわ。5月は珍しく長く感じる月だったな。それだけ充実してたんでしょう。



さあ、明日から6月だ。

6月のライブは2本。

6/8の代々木Zher the Zooでのハレチカフェスはダイナマイト☆ナオキさんと一緒に演奏します。こんな機会は滅多にないからお見逃しなく。どうなることやら。

6/21は下北沢CLUB 251で。こちらも楽しみ。



まずは、はよ背中治さんとあかんな。

ほなまた。




“ROYAL” SEIZAN MIURA


■リハビリ完了。本日は吉祥寺GBでライブです。

おはようさんです。ロイヤルです。

不定期ブログです。

 

 

音飛びがしたり、CDを読み取れなくなったりしていて、ピックアップ交換をしようと思っていたCDプレーヤー。

レンズをクリーニングしても、レーザーの出力を調整してみても大して改善されなかったので、こりゃもう多分寿命なんだろうなと思って、ツアー中に同じ型のピックアップを注文。

大阪終わりで帰ってきたらピックアップが届いてたので、昨晩、ハイボール飲みながら開腹手術開始。

ネットで色々と似たような心臓移植の術例を探して、見よう見まねでなんとか移植完了。

電源を繋いでみたら、・・・ちゃんと再生できる〜。

完璧に治ってました。

CD-Rも大丈夫。意外と簡単に交換できるものなんだな。

パーツ代だけ、3000円程度。

これでとりあえずようやくストレスなくCDが聴けるぞー。嬉しい。

結構前から壊れていたんだけど、市販のものに真空管などを組み込んだ改造品のプレーヤーなんで、正規メーカーに修理に出すわけにもいかず、最近はほとんどスピーカーで音を出してCDを聴かなくなってたのよね。

アンプも調子悪かったので、こちらも先日新たにポチっと衝動買い。

徐々にオーディオ環境の整備中です。

 

 

 

東名阪と、ゴールデンウィークの"beautiful girl ep"ツアー、無事に終了しました。

各地のみなさん、ありがとうございました!

Zher the zoo、OYS、Meleにも大変お世話になりました。ありがとうございます。

ブリさん、やっちん運転おつかれさまでした。

 

 

 

あまりカバーをしないwilberryですが、3箇所ともRCサクセションの「空がまた暗くなる」を演奏しました。

言わずもがな、清志郎を歌うジョウミチヲは最高。

幸せな時間だったな。ほんとに。

5回くらい続けて演奏したいくらい。

手前味噌ですが、元々曲を知ってるひとは、同じように感じてくれたんじゃないかな、なんて思います。

他人の曲ですがね。

バンドいいなあ、と改めて思いました。

 

 

beautiful girl epのCDもたくさん買って頂き、ありがとうございます。

帰りの荷物が少なくなりました。

もう残り少なくなったので、本当に早めに手に入れてね。

ライブハウスのみで販売中。

 

 

 

 

そんなツアー帰りのwilberryは、本日もライブ。

吉祥寺ROCK JOINT GBで19時から。

まだ昼だ、仕事終わりで急げば間に合います。

予約も受付中。

個人的には、コゴローズと一緒で嬉しいんす。

コゴローズのベースはthe ピーズのはるさん、ギターはコゴローさん。

ピーズの大好きな超名盤「リハビリ中断」のフロントマン二人なんす。

 

半年も前の告知動画ですが、あげておきます。

楽しみ〜、緊張〜、一曲目からテンション上げていきましょか。

 

ほな後で。

 

 

5月10日(金)@吉祥寺ROCK JOINT GB

“69 Paradise“

wilberry / Magical sixx / コゴローズ

開場 18時30分

開演 19時00分

前売 3000円 / 当日 3500円(D別)

 

 


“ROYAL” SEIZAN MIURA


■beautiful girl ep 本日発売!!!

おはようございます。

ロイヤルです。

 

 

「起きろよBaby 今日はいい天気だ!」って感じの朝。

ラフィータフィーの目覚まし時計は歌う。

 

10日くらい前に選挙があったから、早起きしてカーテン開けてこれ聴いてたら、久しぶりに聴いたせいか、グッときて泣きそうになってしまった。

投票日に選挙に行く時は、必ずこれ聴いてから気合い入れて小学校に行くってのがいつものことなんだけど。

これからも。

聴いたことないひとは聴いてみて下さい。

 

しかしながら、声ってスゲー。

音楽はこうやって残ることが救いだな。生きてる。

10年も経ったなんて全然思えない。

自分自身も10年前からなんにも変わってない気がする。

でもやっぱりさびしいな。

最近あちこちで悲しいニュースが多すぎるわ。

できるうちにやれるだけ、だな。

 

 

昨日、たまたま片付け途中で置いてあったROCKIN'ON JAPANのページを開いてみた。

1999年8月号。

 

 

記事の並びは、電気グルーヴ、number girl、そしてwilberry。

なんてタイムリーな。

こりゃ、wilberryも話題にならんといかんでしょってことで、

さあ、いよいよ本日から"beautiful girl ep"リリースツアー、東名阪のスタート。

 

 

5/3 東京・代々木Zher the Zoo

5/4 名古屋・大須OYS

5/5 大阪・難波mele

 

 

リリースツアーというか、ツアー行くからお土産にCDを作りましたー、てとこでしょうかね。

Twitterでちらっとだけ試聴できますが、一回聴けば歌いたくなるようなタイトル曲です。あとの2曲も最高なんだ。

今のところ、CDはかなーり枚数に限りがあるので、見かけたらお早めにどうぞ。

ほんとに。

めちゃくちゃ売れたら追加プレスもあるかもだけども・・・。

ライブハウスでしか買えないので、もしこの3日間にどうしても来られない方は、誰かライブに行く友達にでも買ってきてもらってもいいんじゃないかなあ。

とは言いながら、そんなにしょっちゅう旅に出られるわけでもないからね。

クルマに楽器とCD積んで遠くまで出かけるからには、やっぱりね、なんとか都合つけて観に来て欲しいなあと思います。

ベースの弦も久しぶりに張り替えてしまおう。

 

 

 

昨夜は、meleの近くのカレー屋さんで手に入れたスパイスでカレーを。

なかなかの出来。また買って帰ろうかなぁ…。

 

 

 

とりあえず今夜は、代々木Zher the  Zooで。

出番は一発目!

18:30開演なんで、お急ぎくださいね〜。

 

あ、メロン牧場読まなきゃ。

 

 

 

 

音飛びが直らないので、いよいよピックアップ交換をしてみようかと思案中。

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA


■4×5

ロイヤルです。こんにちは。
変わり目の4月。終わりと始まり。

ようやく昼間は暖かくなってきて、本格的に春らしい季節に入ってきたかな。いつもより遅いね。
太陽を浴びると気持ちがいい。
花粉もやっと落ち着いた気がする。
昨日はマスクなしで全然平気だったし。
朝晩はまだまだ肌寒いので、寒暖差で体調崩さないようにしてくださいね。


今年は、花見らしい花見にも行けてないなあ。
毎年、行っていた公園にも。目黒にも。
一度だけ、近所でベンチに座ってワイン開けた程度。
同じ場所にじっとしてるにはあまりに寒かったもんね。子供は逃げちゃうし。
今年の桜は、天気のせいか開花の足並みが揃っていなくて、満開の場所もあれば、まだまだ咲いてないところもあるみたい。
同じ一本の木でも、咲き終わってすでに新芽が出ているところと、これから咲きそうなつぼみが混じってたりもして。
そんなこともあってか、今年の桜にはなぜだか気持ちが全然動かない。一番好きな季節のはずなのに。
なぜか桜でテンションが上がらない。

咲き始めた頃から気になった違和感。
なんでだろか。
あまり花見をしたいという気分にならない。


一斉に咲いて、圧倒されるような桜を見てないからなのか。それとも去年はちょうど今頃に具合が悪かったから、本能的に記憶と桜がリンクしてるせいなのかなあ、なんて考えてみたけど、原因はやっぱり不明。
スッキリしたいところ。
先月からまだずっと眠いもんな…。
いい加減、そろそろ起きなきゃ。

もしや花粉であまり外出してなかったからか?
セロトニン不足か?
マスクを捨てよ、町へ出よう。
そうかもしれない。


wilberryは、レコーディングも順調に進み、更新されるブリさんのミックス音源を何度も聴いているところ。
毎回言ってるけど、回を増すごとに完成度が上がっている。すごい。
早く聴いてもらいたいです。
タイトル曲も決まりました。
期待しておいてください。


更なる新曲も前回のリハーサルで随分と形になってきた。方向性が決まれば、もう完成したも同然。
また名曲になりそう。嬉しい。
個人的には春の終りな印象の曲、かな。
ラストダンス感。
まだ歌詞がないから、勝手な俺のイメージです。
答えはなんだろな。


新年度一発目、そして平成最後のライブは、
4月11日木曜日の夜に、下北沢 CLUB 251 にて。


もう来週です。

前回の代々木ザーザズーのライブもなかなか調子良かったんじゃないかなと思ってるので、その勢いでいけたらいいな。
ジョウさん、清志郎みたいだったしな。
絶好調だった。



さて、本日も夜はリハーサル。
よろしくお願いします。




“ROYAL” SEIZAN MIURA


| 1/8PAGES | >>