□CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■株式会社寿司三昧

あけましておめでとうさんでした。
こんばんは。ロイヤルです。

 

 

 

急に寒さが増した感じなので、今朝から上着も寒冷地仕様にシフトチェンジ。

着ぶくれアンド正月肥り。
なんだかシンシンと雪でも降りそうな。


年末はwilberryのライブもなかったので、久しぶりに正月をゆっくりと過ごしましたが、大して何もしないまま、あっと言う間に終わっちゃった。
日本酒飲みながら、紅白もほとんど全部観たもんね。

 

来月のライブ(2/20 吉祥寺ROCK JOINT GBです。お忘れなきように…)のこととか、スタジオリハのこととか考えてると、またあっと言う間に一年が過ぎるんでしょうね、と思います。

 

 

 

お正月といえば、100人に100万円のお年玉、前澤さんがツイッターやメディアで連日話題でしたな。
最初は、金のことは大きな声で言わない日本的なアレのせいか、ばら撒きは下品だとか、妬みか嫉みか僻みか、そんな金あるなら寄付しろだの批判的な声が多い印象でした。
それが、蓋を開けてみれば、きちんと夢や目的をリプライしている人にだけ当選の、ちゃんとコメント読んでから相応しい人だけ選ばれるという、まさかの書類選考あり。

 

見事な裏切りで、やられたな〜と思いました。天晴れ。

 

確かに、リプライが必要とはどこにも書いてなかったけど、そもそもリツイートしただけで100万円なんて誰もくれんわな。

面接でもプレゼンでも何でもそれは同じことよね。アピールが必要。
個人の金をどう使おうが自由だし、他人がとやかくいう筋合いなし。

 

これだけメディアで騒がれて話題になったことを宣伝費に換算したら、1億なんて相当安いもんなんでしょうね。
また、100万円貰った人がさらにあちこちで勝手に話題を作ってくれるし、ZOZOを知らなかった人にまで名が知れていくし、サイト見たらうっかり買っちゃうかもしれない。

こうなることまで考えた上で仕掛けられたんだろうから、それをさも、金持ちの思いつき!であるかのように呟いたというのは凄いね。話題作りが上手い。

 

wilberryでアナログ盤作りたい、てリプライすりゃ良かったかなぁ…。
あかん、ワシtwitterやってなかったわ…。

 

 

 

だけど真面目な話、一人でも多くの人にwilberryをとりあえず聴いてもらったり、観てもらったりするにはどういう方法があるんやろか。
聴いてさえ観てさえくれれば結構気に入ってもらえると思うんやけどな。
俺がそうだったみたいに。
前澤さんにお知恵を拝借したいですな。

 

 

 

 

さて、そんなwilberryさんはと言うと、8日が音始めでした。
バンドで音を出さんと今年が始まらんとは思ってましたが、あけおめでウォーミングアップもなくいきなり新曲に着手。イエイ。
ホワイトボードに書かれたコード進行とメロディーの時点では、個人的には70'sのパンクロックアンセムみたいな曲だなあなんて思ってて、他のメンバーもそれぞれ違う印象を抱いて、それぞれ色んな方向を向きながら探り探り始まったんだと思うのですが…。
ブリさんのドラムのパターンにより、一気にあちら側へ。

どちらかといえばあちら側。

そうか、そっちに行くのか、なるほど、と。
3時間後にはあれよあれよと楽しい曲になってました。
向かう方向が決まれば、あとは練習あるのみなのでね。完成は近そうです。
2月に御披露目はあるかねえ。

 

 

ジョウさんが歌えば何でもwilberryになるので、どんな曲でも大丈夫。これは強力な武器なのよ。
なかなかこんなに色んな曲を並べて違和感がないバンドはないんじゃなかろうか。

 

 

今年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

祝!東京進出。なんやかんや言うても、これが一番好き。落ち着くわー。

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■エービバディわしゃこけた〜

こんばんは。
ロイヤルです。
またひとつ年を取りました。

 

 

 

師走感たっぷりで、猛スピードで今年が終わりそう。
すっかり寒くなっちゃいましたな。
先日まで暖かかったからなのか、12月になってしばらくは、何故かまだ11月なつもりで過ごしちゃってたくらいなのにな。
ソフトバンクの大規模な障害とか、PayPayのサービス停止とかも、ある意味12月っぽいのかね。
なんとなく気分の悪いニュース。
マイナスのエネルギーが、あちらこちらに充満してるような気がして。
当たり前のように日々頼りにしてしまってるんだけど、ネットや携帯を使わない日を過ごしたくもなるな。

 

 

 

先日は、ようやくボヘミアンラプソディを観に行きました。
初めてのIMAXで、視界一面スクリーン。ちょっと高いだけのことはあるな。
映画館って暗くなるとすぐ眠たくなるので、つまらないといつもウトウト寝ちゃうのに、終わるまで一瞬も眠たくならなかった。これは感想じゃないな。
期待でハードル上げてしまったけど、それでも単純に良かったな。珍しくまた観に行きたいと思った。何回かグッとくる瞬間があったけど、Don't Stop Me Nowはやっぱり最高。
高校の頃か、タワレコだったっけな。
思い切ってボックスセット買って、友達と自転車のベル鳴らしてふざけて歌ってたの思い出したな。
最近は全くクイーンを聴くことはなかったけど、今聴いても全部覚えてるし、いい曲が多いね。
全然古さを感じないのは不思議。
もう一回くらい観に行けるかなあ。
今度は一杯飲みながら観たいな。

 

 

wilberryのMVを撮ってくれている、今井俊彦さんの写真展"nobody knows me"にも行きました。
PCやスマートフォンと違って、やっぱり引き伸ばされた大きな写真で見ると、感じ方も違います。
映画みたいな展示でした。
写真展なのに撮影OKなところも良かったな。
また新しいMVも撮ってもらえるのかも⁈
…しばしお待ちください。

 

 

映画も写真展もライブも、実際に足を運んでみてこそ。
向かう時の気持ちや、帰り道の風景も含めて、ひとつの思い出や記憶として残る。
垂れ流しの情報よりも、そういうものの方がしっくりくるな、やっぱ。
ひとつひとつのライブも、そのつもりで演奏しないとね。

 


今月は、20日の251でのツーマンに向けてリハが多め。
一昨日に発表されましたが、the MADRASとリリース記念のアフターパーティーってことで、お互いにリスペクトの意味を込めて、お互いの曲を演奏します。
wilberryは、the MADRASの''rough''をカバーします。代わりに、the MADRASには先日リリースしたばかりの我々の"bouquet"をカバーしてもらいます。

リハでは、自分達の曲を演奏するよりも、あれやこれや試しながら、roughをアレンジしてる時間の方が多いかも。いやー、他人の曲って難しい。
身近なバンドの曲を演奏するのは、ロールアンドマッカートニーの曲を下北沢デイジーバーでやった以来かな。元気かな。

 

いわゆるスタンダードな曲を学祭ノリで楽しんで無責任にわーってやるのとは違って、こういう企画だと、せっかくならwilberryなりのroughでやりたくなっちゃうから、プレッシャーもそれなりにあって。
初めは、イメージもないままにいったん原曲をそのままコピーしてみて、さあどうしようって感じでいきなり悩みましたが。
リハを繰り返していくごとに、どんどんwilberryらしさが出たんじゃないかな。やっと、自分達の曲になった感じ。当日が楽しみ。
the MADRASバージョンでwilberryのブーケを聴けるのも、すごく楽しみだし嬉しい。
自分らの曲を誰かが演奏してくれるなんてなかなかないからね。どうなってるんだろ。

 

あとは、もちろん新曲も、やります。
ジョウさん、歌詞頑張って。
もちろん、wilberryの昔の曲もやります。今の4人では初めての演奏です。何をやるかはお楽しみに。

 

 

さあ、いよいよもう来週ですぞ。木曜日。
リハも残すところあと1回だけ。
早くチケット予約して、我々に安心を〜。
よい年を迎えましょうぞ。
お待ちしてますね。

 

 

12/20(木) 下北沢CLUB251
"rough & bouquet"
- Released after-party -

wilberry/the MADRAS
open 19:00 start 19:30
adv.¥3,000 door.¥3,300 + 1drink

予約はこちらまで。

メールなら ticket@wilberry.jp まで。

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■12/20は下北沢CLUB251へ集合!

こんばんは。ロイヤルです。
だんだんと本格的に寒くなってきましたね。
暖房をつけないでいられるのもいつまでかな。



先月末からずっと、喉のイガイガがなかなか治らない。
声もかすれるし、もういい加減飽きたなー。
そんな中、ちょうど一週間前、朝からめまいがひどくて、二日酔いと車酔いみたいな感じになった。
吐きそうで吐くほどまではいかない。
起きようとしても、頭が重力に負けて布団に押し付けられるような感じで、やや回転するような感覚のやつ。
こりゃあ、きっとあれだなって思ったんで、近くのクリニックへ。
案の定、良性発作性頭位めまい症って診断でした。
前にそういうのがあるって聞いてたから、何となくそうだろうなぁと思ってた。
内耳にある耳石のかけら(石というより、カルシウムの結晶が剥がれ落ちたもの)が、半規管にうっかり入ってしまって、それが異常な刺激になるせいで、めまいが起きるというもの。
めまいの原因としてはよくあることみたい。
一番の治療方は、体操だって…。
そんな原始的な。
かけらが元の位置に戻るか、水に溶けたら治っちゃうらしいです。
とりあえず運動をしなさい、と。
ま、ついでに聴力検査ができたので良かった。
聴こえが悪くなったかなと思ってた側の耳の方が良く聴こえてるという意外な結果でしたが、難聴ではなかったのでひとまずよし。
あ、肝心のめまいはすぐに治りましたー。
全然体操できなかったけども。
検査したらひとまず安心するしね、早めの通院も大事ですな。悪性もあるのでね。
みなさまもお気をつけて。


さて、今月頭の東名阪ツアー、ありがとうございました。

bouquetは聴いて頂けましたか?
ブリさんがいっぱい書いてたからね、あまり多くは語るまい。
終始楽しく回れましたよ。
スケジュールも完璧。
バンドにも余裕が出てきたんじゃないかなー、なんて自画自賛。
ジョウさんの声もますますでかくなってるような。
いい感じよ、今のwilberry。
ハレチカフェスもなかなかだったでしょ?


そして、そしてだ。
いよいよ来月は、the MADRASと2マンです!
12/20(木)・下北沢CLUB251にて。
平日なので、開演は遅めの19:30です。
社会人にも優しいイベント。

もちろん出演は2バンドだけなんで、一年前のワンマン以来のロングセットになります。
いつもよりたくさんの曲ができるのが嬉しい。
いつもライブは、エンジンがかかってきたなーって頃に終わっちゃうからね。
いつもいつも物足りないのだ。
じっくりバンドを観てもらうにはこれくらいがちょうどいいよね。

マドラスのシングル"rough"と、wilberryのシングル"bouquet"の発売記念アフターパーティーってことで、頭文字を取ってR&Bな夜になるとかならないとか。
うーん、いや、ちょっと違うか。
RED & BLUEならいけるかな。
今のwilberryは赤なイメージで、マドラスは青のイメージがあるな。
タイトルとバンド名があべこべだけど、今年は何度も対バンをしてきたマドラスだから、お互いにいいところを見せたい夜だな。
我らも負けんように頑張るべ。

そんなわけで、2018年の締めくくり。
このライブは是非とも観に来て頂きたい!
HPでもTwitterでも、メンバー宛てにメールでも電話でも何でも予約受付中です!
一人で来るもよし、もう一人友達や家族を誘って来てくれたら、なお嬉しい。
ほんとにいっぱい来て欲しいんだ。
よろしくお願いします。

12/20(木) 下北沢CLUB251
"rough & bouquet"
- Released after-party -

wilberry/the MADRAS
open 19:00 start 19:30
adv.¥3,000 door.¥3,300 + 1drink


ツアーで実家に帰ったんで、机の中をガサゴソ。
初めて行ったライブじゃないかな。15歳か。始まる前の感じ、憶えてる。


ボヘミアンラプソディ観に行きたいなあ。


“ROYAL” SEIZAN MIURA


■きのこのこのこ

おはようございます。日曜日です。

ロイヤルです。
日が暮れるのが早くなってきて、日が経つのも早く感じちゃって、なんだかせわしないね。
もう少し秋を楽しまないとな。

 

 

今月上旬は恒例の札幌2デイズでした。
ありがとうございました。
北海道のひとはみんなおおらかで良いですね。
いつも楽しいな。
テキーラの夜も思い出したりして。


 


木曜の夜は、新木場のスタジオコーストにライブを観に行ってきました。
韓国のバンド、hyukohです。ヒョゴと読みます。
去年もちょっとブログに書いたと思いますが、大好きなバンド。メンバーは全員25歳くらい、若いです。
ある意味、こういう音楽がやりたいなぁなんて思わせてくれるバンドかも。

ライブを観てて、なんかビートルズみたいだな、って思っちゃった。

とにかく良い曲が多いです。

韓国語の言葉の響きがこんなに優しく聴こえるのが不思議。
韓国のシーンは全然知らないのですが、国民的ロックバンドなんて書いてあったりします。
ワールドツアーもやっていて、ちょいちょい来日してくれるので嬉しい。



これはカバー曲だけど、MVの作りもシンプルで格好良くて、演奏の熱量の感じもバンドらしくて好きなやつ。

 


今回のライブは、開演するや否やコンピュータの調子が悪いのかイヤモニが悪いのか、ライブを始めることができなくて。
wilberryと同じくドラムの手元でパソコンを操作してるらしいんだけど、中断して慌ててスタッフを手招きで呼んだりして、15分くらいはかかったのかな。MCで繋いだりするも、なかなか直らなくて。

メンバーもステージに立ったまま、お客さんもみんな静かに待ってて。
ツアーの最終日で、始まってすぐにこんなことになったりして、自分にも置き換えて考えてしまって。

wilberryの本番でこんなことになったらめちゃくちゃ焦るだろうなぁとか思うんだけど、意外とメンバーみんな飄々としてました。大物だわ。
曲が進むに連れて、段々と上がっていく感じで。

こんなトラブルもライブならでは、楽しめました。


 

結構前からチケット取って、スケジュールにライブ予定入れて、ライブ前には改めてアルバム聞き直したりして。

最近あまりライブを観に行ったりしてなかったので、こういう当たり前のことが楽しい。
ふと、実家の机の中にチケットの半券がいっぱい入ってることも思い出したな。あれって捨てられないよね。

ライブハウスでも、そのうち全部電子化になっちゃうのかもだけど、紙のチケットはできるだけ残して欲しいな。


この間の北海道のライブもそうだけど、東京を離れてライブする時は特に、ライブが終わっちゃうのがあっという間に感じる気がします。
ライブ中は、遠くまで来てこんなもんで終わってたまるか、まだまだという気持ちで変に気合いが入りがちなのですが、力を入れれば入れる程演奏は硬くなりがちなので、気をつけないと。
何も考えずに演奏できている時が一番いいのは間違いないんだけど、あれこれ考えちゃうのはある意味集中力が足らないってことなのかな。
まだまだ修行が足らんなぁ。頑張りますわ。
 


で、11月頭からまた出かけます。
東名阪の2・3・4日、きれいに金・土・日の三連戦です。

紅葉見がてらに、遠征も大歓迎ですよ。

折角のお出かけなんで、急遽リリースツアーとなりまして、手みやげに新しい音源も持って行きます。
タイトルは「ブーケ」。3曲入りCDです。
ライブ会場でのみ販売の限定枚数プレスなんで、必ず早めに手に入れて下さいね。
チケット予約ももちろん受付中です。


 

あ、そうそう。
11/3の名古屋OYSではイベント名の60's Trip Nightにちなんで、とっておきのカバーを1曲演りますよ。
事前に宣言するのは珍しいですが。
これもまた大好きなバンドです。
この間のリハーサルで初めて演奏したけど、楽しかった!
へへへ。
人の曲はただ楽しいってだけで演奏できるからいいんだよねー。
あまりカバーをやらないwilberryさんですが、この日以外はいつやるかわからないよ〜。
貴重な一曲になるかもしれないんでね、聴きに来てねー。



11月2日(土)@高円寺HIGH
"the MADRAS pre. New single - rough - release party"
出演 wilberry / the MADRAS / my funny hitchhiker / NUDGE’EM ALL
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 2800円(D別)

11月3日(祝)@名古屋大須OYS
"60's Trip Night"
出演 wilberry / THE TOMBOYS / The Marmalades
開場 18時00分
前売 2000円(D別)

11月4日(日)@難波Mele
"Wooly Bully!!"
出演 wilberry / Kick Over / ザ・喫茶店 / THE コトリs, / THE LAST SWING
開場 17時30分
開演 18時00分
前売 2300円(D別)

 

予約はこちらまで。

 


 


最近のお気に入り。金木犀の夜。
最初から最後まで全部良い。最高です。繰り返し聴いてしまう。


■Time is money.

おはようございます。
ロイヤルです。いい天気だ。

 

 

 

昨日あたりから夏はもう終わりの見えたような雰囲気になり、朝晩は肌寒いくらい。早くも秋の予感。
ようやくエアコン切って寝るようになったな。
ついこの間まで、リハーサルスタジオの階段の上り下りはまるで熱帯のようでしたが、もうすっかり平気。
wilberryの夏は、7月のリハーサル6回、ライブ3回。
8月はリハーサル7回、ライブ1回。
まあまあ頑張ってるでしょ?
新曲もあれこれとみんなで練ってるところ。

 

 

あの汗も出ないような熱気はもう勘弁だけど、ちょっと寂しい気もします。
暑過ぎて、あまり夏らしくもなかったからかなあ。
いつもの夏ってどんな気温だったっけ。
今年はビアガーデンってあんまりやってないの?
全然ニュースでも街でも見かけなかったけど。
それどころじゃないことも多かったからね。
天気も世間もどうなってんのか、といった様子で。

 

 

 

前回のライブは、7/29の251でした。
aeronautsのイベントに呼んで頂きました。
毎年毎年、夏フェスに出たいと本気で思っているし、何度もブログにも書いてるのですが、まあなかなか声もかからず。
なんで〜。なんでなんで〜。
しかしながら、フジロックと日程のかぶってたこの日は、皆さまのお陰で、ちょっと夏フェス気分でライブができました。
後ろの方までたくさん観てくれてて、みんな楽しそうに自由な感じで、こっちも嬉しくなって楽しかったんだよなあ。夏、でした。
ありがとうございました。
出番最後じゃないのに、アンコールまでやらせてもらっちゃって、すんません。
バンドの企画した、そのイベントに呼んでもらえるのは凄く光栄なこと。最初から最後まで、一から場を作って盛り上げようとする空気が楽しい。
aeronauts、ありがとさんでした。
また一緒にやりましょう。

 

 


最近といえば、
掛け時計を壁に設置してみました。
東京に来てから初めて、いや、実家にいた頃も置いたことなかったかなあ、たぶん。
時間を気にしたり、時計に支配されるのが嫌だったなかもしれないけど。
それがいざ置いてみたら、いやー、すごい便利!
ふと顔をあげると時間がわかる!
当たり前か。
たったこれだけで、少し日常が新鮮になった。

 

 

完全なる衝動買い。これでなんと300円。
しかも秒針のカチカチ鳴らないスイープセコンド。
いったいどこに儲けがあるの⁇
3coinsやったかな。
すぐ壊れるかもしれないけどね、今のところは正確で快調です。

 

 

 

 


あとは、あいみょんの「愛を伝えたいだとか」のリピート率がものすごく高いな。

最初から最後まで大好きだなあ。

無駄のないメロディーと、必要以上にややこしくしないアレンジ。声も歌い方もMVも最高。
1時間くらいずーっと繰り返し聴いてても飽きない。
リリースは1年くらい前だけどね。飽きないね。


どうしてもまず林檎ちゃんの丸の内サディスティックを思い出しちゃうコード進行。
JUST THE TWO OF US進行って言うの?
このパターンの曲がもう世の中に多過ぎて…。
誰もが好きな展開ですが、曲の一部だけに使われてたりとか、リズムが違ったりとか、色々。
定番ではありますが、定番だけにかなりセンスが問われるところですね。
俳句みたいなもんだ。
定型の中で、いかに表現するか。
あいみょん 、アルバムもファーストっぽくて良いす。

どんな歌い方でも歌詞がはっきり聞こえるのは何気に凄いな。

 

あ、何気にwilberryのThis Boogie !!!もそうだったか。
何も考えないで弾いてたわ。

 

 


さてさて、次回のライブはもうすぐ。
8/25の土曜日。
渋谷 RUBY ROOMにて。
言わずもがな、weekend shuffleのMVを撮影したハコです。
ようやくここでライブができる!
撮影の時からライブやりたいねとは言ってたんですよね。楽しみだ。
飲んだり踊ったり、MV以上に楽しんでもらえたらいいな。週末の再現をしましょう。

 

 

 

 

その次の、9/7のQUEのライブも楽しみなんですが、それはまた。

 

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■CLUB CLUB

毎日暑いね。
こんばんは。ロイヤルです。

 

 

暑いって書いてるだけでも暑いし、言ったところでちっとも涼しくなるわけでもないのに、つい暑いなあ…って言っちゃう。
身体がいつまで経っても暑さに慣れないね。
寝ても全然休まらない感じ。瞼が重い。
エアコンつけて寝てるから余計に、なのかな。
部屋から外に出た時の、あのヒリヒリした上にまとわりつく感じときたら。まるで低温サウナと思うくらいの。

 

 

まだ7月だよねえ。
子供らはちょうど楽しい夏休みが始まったばかりでしょ?
これじゃ危なくてどこにも出かけられないよ。
異常だね。怖いよ。
大丈夫なのか?、いろいろ。

 


あ。国会の話じゃないよ。
あっちは話にならんしね。
話にならんのは、結局最後はイカサマみたいな多数決じゃ話し合いでもないってことも含めて。
もっとやること、やらなあかんことあるやろ。
優先順位もつけられんのか。アホくさ。
怒っても暑くなるしね、ますます腹立つなあ。
そして、ますます誠実に生きていかなあかんなと思うな。大袈裟に言うとね。
喉元過ぎれば熱さを忘れる。
忘れていいことと忘れちゃいかんことの区別くらいはつかないとな。
暑さは、今は忘れたいかなあ…。

 

みなさま、こまめな水分補給は忘れずに。
ポカリスエットとアクエリアスの違いなんて知らなかったよ。
風邪や熱中症対策の水分補給はポカリ、疲労回復にはアクエリアスの方がいいとか。
我慢せずにクーラーもつけて、ね。

 

 

そんな暑い中、オーブン200℃で焼豚を焼いてました。
そろそろ焼けたかな。
食べるのも大事だ。お腹すいた。

 

 

 


お。日が変わって、本日はwilberry下北沢3連戦の2戦目。
CLUB 251でライブです。


そして!
忘れちゃいけない。
本日、7月21日は、下北沢で一番声の大きなボーカリスト、我らがジョウミチヲの誕生日です。
おめでとうございます。パチパチ。

 

是非、お祝いついでにライブでも観に来ませんか?
いや、違うな。

ライブついでにお祝いの言葉を直接伝えにいらっしゃいませんか?

いや、どうかな。

出番はちょい早めなんですが、とにかく土曜日なんでね。

 

予約は当日でも受付してます。
メールでもツイッターでも、はたまた本人に電話でも。
ライブに来てくれるのが一番のプレゼントになるはず…⁈
よろしくお願いしまっす!

 

 

そうそう、初披露の新曲もやりまっせ。
お楽しみに。

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■CLUB CLUB CLUB

こんばんは。
ロイヤルです。

 

 

 

梅雨は一番嫌いな季節だと毎年言っていうような気がしますが、なんだか今年はあまり長雨な感じがしないな。
降っても合間に止んでるような。レインブーツもまだ出してないし。
これくらいの湿気ならまだ耐えられる。
まだもう少し続くのかしらね。
昨日は梅雨の晴れ間だったので、カーペットを片付けたり、ふとんを干したり、スニーカー洗ったり。
たまには晴れてくれないとね。
掃除ついでに、着ていない服やガラクタもゴミ袋いっぱい処分処分。

ちょっとスッキリ。
疲れたのか、夕方から朝方までほとんど寝てしまったわ。
しかし、サイズが入らなくなったジーンズとか、破れたのとか、なんでいつまでも置いておくのかね。7、8本はあったのかな。気に入ってたやつはそれでも捨てられないんだけど。
果たして履ける日はくるのだろうか?

 

 


この間、ネットで流れてた動画をちょっと観てみたらびっくり。
よよかちゃん。8歳。

 

いやあ、すげーな。
他にもいっぱい動画あったけど、6歳から8歳にかけての上達っぷりったるや。
上手いのはもちろんだけど、何よりも楽しそうなのが最高だな。

何度か続けて観ちゃった。
リズムの取り方に、すごくシンパシーを感じます。
とても似てる気がします。
このまま楽しくドラムだけ続けてって欲しいなあ。

 


さて、前回のブログあたりからまた始めたパン作りですが、それからもまた何度か試行錯誤しながら焼いております。

まだ飽きずに続いてます。

 

食パンの金型を手に入れたので、まずは朝食用の食パン作りにチャレンジ。
この間はフランスパン用に買った小麦粉だったので、今度は柔らかく仕上がるようにまずはスーパーキングって名前の最強力粉を入手。
パンの材料では多分一番有名な富澤商店(百貨店や駅ビルなんかに入ってます。TOMIZ。)にも行きました。この店は、置いてある粉の種類が多くて、並んでる棚を見るだけでもすごく楽しいのですが、あれもこれも試してみたくなるのである意味とても困ってしまう店です。
危うくうっかりうどん作りの粉まで買いそうになり、冷静になってからやめました。
家が小麦粉だらけになってしまうのでね。そんなに消費もできないし。
しかしながら、うどんにもちょっと興味があることはあるんだな…。そばはちょっと大変そうだし。
それはまたの機会に試してみることにします。

 

食パンですが、初めて焼いてみた割にはなかなか上手くできましたぞ。
金型に入ってるので、中の焼け具合が全くわからなくて、途中はちょっと不安。
表面は焦げてくるから、もうこれ以上焼くとまずいかなって加減で適当にオーブンから取り出し、机にドンっと落として衝撃を与えます。
これはパンの腰折れ(へこみ)防止だとか。

金型からゴロンとパンを出してみると、見た目は確かに焼けてます。粗熱が取れてから切ってみたら、ちゃんと中は食パンになってました。
焼きたてが食べられることが、パン作りの一番の醍醐味ですな。

 

 

 

2回目以降は、ココアを入れてみたり、クルミとレーズンを入れてみたり。全粒粉を混ぜてみたり、脱脂粉乳を混ぜてみたり、牛乳だけで作ってみたりあれこれと。
今は冷凍庫がパンだらけになってます。
とりあえず朝食には困りません。
しばらくは、市販の食パンは買わないことを目標に続けていこうかなあ。
そのうち、ライブ会場で物販ならぬ物パンとして…なわけないか。

 

 

 

物販といえば、新しい2曲入りCD、HAVANAはまだまだ好評発売中です。
6月はスタジオで煮詰まっていた分……まあそれはウソですが、7月は都内のライブ3本あります!
極端やなあ。

 

7/4   CLUB Que
7/21 CLUB 251
7/29 CLUB 251

詳細はHPで。

 


7/4のQueは発表が遅くてすみませんでしたが、久しぶりなんで楽しみ。
いつどこで何をやるかは未定なんでね。
新曲もヤバいで。

パンよりもこねくり回してます。
だから、全部来てくださいね!

 

ご予約お待ちしとります。
またね。

 

 

 

あ、明日の日曜、ジョウさんは下北沢RHAPSODYで弾き語りだって。

頑張って〜。

 

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA


■53-71-137。

 

 

 

 

ロイヤルです。こんばんは。

 

最近もう、全く麻疹に関するニュースを見なくなったけど、もう終息したの?
大流行にならなかったのはいいことだけど、なんだかね。

大昔のワクチンに効果があるのかどうかも含めて、なんだかね。

 

 

 

最近と言えば、ものすごく久々にフランスパンを焼きました。
3日前か。天気も今ひとつだったのでね。こねるか、と。
そう思い立ってみたものの、まず材料もないし、まずは近所に準強力粉を買いに行くところから。
途中の一次発酵、二次発酵は結構適当に、雑な感じでオーブンへ。
その割には、まずまずの焼き上がりでした。
次の日に、サラミとチーズでピザ風バジルサンドにしてみたら、SUB○AYよりも美味いんじゃないか⁉︎ってくらい、我ながら上出来でした。

 

結構時間がかかる作業だし、最近はすっかり焼いてませんでしたが、またちょっと始めてみようかねえ。
なんだか、食パン用の型が欲しくなってきたな。
焦げたりして難しいのだろか。
探してみようかな。
型があれば成形しなくていいから、早くできるんじゃないかなんて、また手抜きなことを考えてみたり。
だけど、ホームベーカリーで焼くのはつまらないから、絶対手ごね派というめんどくさいタイプね。
なんか、パン作りなのに性格がよく出てる気がするな…。

 

 

 

 

5月は大阪・名古屋遠征に高円寺ボイドリと色々ありましたが、ライブハウスに来てくれた方、そしてHAVANAのCDを買ってくれた方、ありがとう。
HAVANA、良かったでしょ?
大袈裟に絶賛していたわけではないというのがわかって頂けたのではないかと。
あのカップリング、7インチのシングル盤みたいでいい組み合わせだなと思ってるんです。
まだ入手してないあなたは、次回のライブで。
よろしくね。

 

 

GW遠征、大阪終わりは京都の実家泊まりだったのですが(火柱のラーメン屋には行ってません)、たまたま同じタイミングで妹の家族も帰省していました。
朝早くから甥っ子姪っ子があまりにドタバタ騒いでるもんで、親切なロイヤルおじさんは教えておいてあげました。

「二階でまだ寝てる赤い髪のおじさんは怖いからね!」と。
その後、人見知りしない甥っ子はwilberryおじさん達と遊んでいたようですが、あとでこっそりと「赤い人におっさんじゃない!って怒られた。」と言ってきました。
かわいいことよ。
集合写真でも撮れば良かったなあ。
またwilberryが関西行く時に帰省してくるといいよ。

 

 

 

 

翌日の名古屋は、大須OYSへ。
10年以上振りに会う店長のシュウヘイさん。
VIOLETSのクスモッツも同じくらい久しぶりに会ったみたいで、リハから居心地の良い、妙に落ち着く感じでした。PAもやってくれたし。

 

帰る前に二人で写真を一枚。
20歳そこそこの頃にも、同じように肩組んで写真撮ってもらったことがあって、懐かしかった。
ゆっくりできなくて、すみません。
色々とありがとうございました。
次はもっとたくさんの人に観に来て頂けるように。また行きたいね。

 

 

 

 

ボイドリは、先月に続き、またもやJIROKICHIで。
ちょっと浮かれて全体的に演奏が荒かったかな。
時間短めだったからね、たくさん観てくれてたからつい嬉しくなっちゃってね。
早めに高円寺着いて、ナオキさん観たり、合間は高円寺をぶらぶらしたり。
好きに自由に楽しめるイベントで良かったな。
また、次回も呼んでもらえたらいいね。

 

 

 

スケジュール見たら、wilberryは2ヶ月近くライブないのね。
久しぶりにこんなに間が空くなあ…。
とはいえ、リハーサルスタジオはきっちり予定が詰まってるので、新曲がいくつか完成するといいですな。
気長にお待ちくだされ。

 

では、また。

 

 

 

 


“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■Boys, be ambitious.

こんばんは。
なぜか寝違え中のロイヤルです。

 

 

昨日から首が痛くて左にあまり回らないので、火の出ないお灸をしてみています。
あんまり熱を感じないのは、置いた場所が悪いのか具合が悪いのか。
そもそも枕はない方が身体には良いのだろうか。うーむ。
遠征までによくなりますように。

 

 

そんな首はごまかしながら、昨日はリハでした。
まずは、5/3の大阪よりライブハウスで販売開始のCDに収録となる、最終マスタリング音源の視聴から。
今も聴きながら書いているのだけど、もう、ブリさんの腕が上がり過ぎてて・・・。
全員一致で問題なく視聴終了。パチパチパチ。
リハーサルスタジオで録音したとは思えない出来映えです。マスタリング天晴。
一番最近完成した新曲2曲なので、演奏もそんなラフな勢いがうまくパッケージできたのではないかな。
ジョウさんの声がみずみずしく録れてるなあと思いました。
HAVANA~lanlanlan~、PONYTAILという2曲。良いカップリング。
500円シリーズなのでね、お買い得です。
是非会場でお求め下さいまし。

 

 

というのも、もちろんライブに来て欲しいってことですからね。
5/3・大阪は難波mele、5/4・名古屋は大須OYSです。
予約はこちらまで。
たくさん予約してくれたら、wilberry号は安心して出発できることでしょう。
よろしくお願いしまっす。
どちらも東京からVIOLETSと一緒に行きます。
楽しい遠征になりそうですな。
大阪は去年の9月以来・・もう半年以上も経つのか。
名古屋はアルバム”KEEP YOUR DREAMS”のリリースツアーで行けなかったところなので、今回がレコ発のつもりで行きますよ。
大変長らくお待たせしましたね。
連休ですしね、みなさまお誘い合わせの上、どしどしお越し下さい。

 

 

 

先日、世田谷で開かれていたニートビーツの写真展に行ってきました。
『TWENTY-ONE YEARS OF THE NEATBEATS』Photo Sessions With Eri Shibataと題された、前半と後半に分けての展示。
前半のSIDE A (1997-2012) が4/6〜20にあったので、最終日の前日になんとか間に合いました。
たまたま真鍋さんもシバエリちゃんもいたので、2時間くらい居たのかな。
ヴィンテージのQUADのアンプにTANNOYのスピーカーから流れるマージービートを聴きながら、落ち着いた居心地の良い空間でした。
思った以上にたくさん自分の写真も飾ってあって、恥ずかしいやら申し訳ないやら嬉しいやら。
写真を観ることで、ああそうだそうだ、なんていろいろ思い出したりして。
リーゼントを下ろしたFACES時代に思わず笑ってしまったり。
懐かしかったな。
25歳も過ぎてからだったし遅いのだけれど、いわゆる青春だったのかなあ、なんて気持ちにもなりました。
どの時代もニートビーツはかっこいいなと素直に思える、そんな写真展でした。
おみやげに写真を幾つか頂いてしまったよ。

 

 

後半のSIDE B (2013-2018)は、6/8〜6/24だとか。シバエリちゃんによれば、世界にはばたくニートビーツ編らしいですぞ。
詳細はニートのホームページをご覧くださいませ。

 

 

新しいニートビーツのアルバム”OPERATION THE BEAT”も聴きましたよ。
mono音源なのに、奥行きと広がりが感じられるというすごい音作り。

再現度が半端ない。
どうしてもリズム隊に耳がいっちゃうのだけど、中低音あたりが浮き出てくるようなベースの勢いが気持ちいい。
インストもカバー(GIT IT最高!)も聞き応え十分、思わず身体が揺れるアルバムでした。
ICED COFFEEが好きだな、今のところ。まだまだ聴き始めなのでね。
またライブも観に行きたいな。

 

 

 

あ、5/19の高円寺ボイドリ、wilberryはまたJIROKICHIでライブ!
嬉しいぜー。よい連休を。

 

 

 


“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■さて、テレビみるかな。

こんばんは。お腹すいたな。
ロイヤルです。

 

 

もう明日から2018年度の始まり、早いもんですな。

テレビなんかは、ここんとこ番組の終了や出演者の交代ばかり。
最後だからってことなのか、思い切ったコメントや演出があったりして、それはそれで面白くもあるけど、どうせならずっとそんな感じでやってたら良かったのにな、なんて気にもなる。
いつからだろうね、一部の偏った意見があたかも世間代表みたいな風潮になっちゃったのは。

それでちょっとしたジョークも通用しないなんて。

番組の内容とCMなんて、同じ目線で観ることなんてないのにな。

あと10年もしたら変わるのかねえ。

 

 

まあ、そんなことはさておき、春になったことだし、新たな気持ちで行きたいところですな。
3月はなんだか長く感じたかな。停滞期だ。
ライブも先週の251までしばらくなかったしね。

 

 

251は、もうwilberryのホームになりつつあるなと勝手に思っていますが、いつもやりやすいです。

ステージ中の音にももう慣れたかな。ありがとうございます。

24日は、なんといっても新曲のHAVANAを初披露でございました。
ジョウさん以外の我々3人も、あたかもキューバに行ってきたくらいの気分で演奏しとりますよ。
完全にイメージだけ、ですが…。
ブリさんの頭の中で鳴っていたあれこれも、これからさらに曲に加わっていきそうな予感なので、ライブに来てくれた方はそのあたりもお楽しみに。
こういう踊れるリズムの新しい曲って、ライブで演奏する毎にグルーブが仕上がっていくと思うので、モヒートが美味い季節の頃には、えらいことになってるかもしれません。
マニアな方はそのあたりもお楽しみに。

 

 

今日見た目黒川は、川の両側が桜色になってました。
川幅の3分の2くらいかな。
川に流れる桜の花びらもいいよね。
ちょっと寂しくもあるけど。
今年は桜の開花からずっと天気がよくて、すごく長く楽しめてますね。珍しい。
狂い咲き、ってほとんど桜にしか使わないのかなあ。
サンダーロードは除いて。
そうだ、先週の251でセルナンバー8の元ネタかかってたな。
それはいいとして、狂い咲きってよく出来た表現だな。

狂い咲いとるなあ〜って思うくらいたくさんポコポコ咲いてると、ちょっと怖いよね。
夜だと更に。吸い込まれそうな感じ。
花びらが散ったら、今度は若葉か。
それもまたいいんだよな。

 

 

次のライブはもうすぐ。
4月11日に高円寺のJIROKICHIで。
観に行ったことはあるけど、出るのは初めて。
ちょっと緊張するなあ。
いつものライブハウスとはちょっと違うからね。
そこで鳴っている音を楽しもうと思います。
平日だけどちょっと遅めのスタートなので是非。
あ、早めの予約メールをお待ちしています。
不安で眠れない誰かさんがいますのでねー。
よろしくお願いしますね。

 

 

では、高円寺で。

 

 

 

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA


| 1/6PAGES | >>