□CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■花火はどこで観るものか。

暑中お見舞い申し上げます。
ロイヤルです。


長かった梅雨は突然あっさりと終わり、 8月に入った途端にようやく夏がやってきましたね。
スタジオ終わりで外に出てきた時のあの蒸し風呂感、ご無沙汰です。
毎日暑いねえ。アイスが旨い。
すぐエアコンのリモコン探しちゃう。


寝る前に25℃に部屋を冷やしておいて、寝る時に28℃に設定すると朝までよく眠れるってテレビで言ってたな。こうすれば、寝てる時に体温が下がるので、夜中に寒くなりすぎないとか。しかしながら、ろくに検証もできず、気づいたら床で寝てしまってます。
今年の夏は例年より暑くなるって毎年言ってる気がするけど、夏もあっという間に終わっちゃいそう。
今年は海には行けないかなあ。
汗流して、水分摂って、熱中症気をつけて。
サーキュレーター欲しいな、買うかどうか迷ってる。





先月の25日には、ようやく251でwilberryもライブがありました。
3月13日の251でのライブ以来。
4か月って期間だけ考えたらそれほど長いわけでもない気もしますが、急な環境の変化の中だったので、かなり久しぶりな気持ちでライブハウスに向かいました。
中に入ってしまえばいつもとそれほど変わらない、やっぱり落ち着く空間だな。
リハーサルが終わると、ソーシャルディスタンス対策で間隔を開けてイスが並べられ、ちょっと緊張感が高まりましたが、久しぶりにデカい音でマドラスが始まったらもう、いつもと同じ。
テンション上げてもらって我々もステージへ。

 


それまでの心配は何だったのか、ってくらい楽しくライブできました。
観に来てくれた方、本当にありがとうございました。
こんな時だし、正直もっとガラガラになるんじゃないかなんて思ってました。
ライブ中だけは、不安な気持ちも忘れて楽しんでもらえてたら嬉しく思います。
反省点として、次回はもう少し無駄な力を抜いて演奏できたらいいな。
どうせまた力入っちゃうんだろうけど。


初披露の新曲も、ライブを経て次回はまたガラリと変わってるのでお楽しみに。
wilberryって、以前は何度も何度も新曲をスタジオで練り上げて、しっかり完成してからしかライブで披露しないバンドだったと思うのだけど、最近はそうでもないのかもしれません。
個人的には大賛成だな。
曲が変わっていくのを聴けるのは、ライブならではの醍醐味だからね。
バンドだけじゃなくて、聴いてるひとの反応も見ながら、一緒に曲が出来上がっていく。
これは楽しいことだよね。


ライブ当日、家で出かける準備をしていると、衣装のパンツが見当たらない…。
まさか、4か月前のキャリーバッグに入ったままなのか⁈、と恐る恐るバッグを開けてみるも、パンツは入っておらず。
どこかにまぎれこんだのかと、あちこち探し回ってみるもどこにもなく。
探し疲れて、とりあえず代わりのものを持って行き、251で尋ねてみても、3月の忘れ物リストには載っておらず。
一体どこにいったんだろう…。
誰か心当たりあれば教えてくださいませ。
前にも一本なくしてるし。
ライブが少ないとこういうことにもなるってことだなあ。


次回以降のライブ予定も、色々話はあっても慎重にならざるを得ない状況で、決定までになかなか時間がかかっており、様々な発表も直前になってしまいがちで大変申し訳なく思います。
情報はこまめにTwitterなどをチェックして頂けたらありがたいです!
よろしくお願いします。

 

 




 


一昨日の夜中、テレビで流れてた「磔磔(たくたく)というライブハウスの話」って番組を観た。
TVer、FODのアプリが入ってないと観られないようですが、8月末まで見逃し配信やってます。
もし機会があれば観てください。
たくさんのミュージシャンのインタビューで構成されたドキュメンタリー。
行ったことがあるひとはもっと好きになるし、行ったことがないひとはきっと行きたくなると思います。
もちろん拾得もね。木造最高。



最近は日曜日にブログの順番が回ってきますが、ここんとこ日曜日の楽しみと言えば「半沢直樹」。
レコーダーも家にないし、普段はそんなにドラマは観ない。

ネットで再放送もやらないから、毎週放送時間にテレビの前に居なきゃいけない。
前回も全部観ましたが、前回以上に過剰な演技とストーリー。
やっぱり面白いな。
今夜も楽しみ。




“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■ライブ再開と第5のメンバー


こんばんはブリテンです。
この前は下北沢club251でのライブ、お越しいただいた方ありがとうございます!来れなかった方もまたこれから来やすい状況になってくればいいなと思います。

ライブの方は長い休みのあととは思えない全力っぷりでかなり良いものをお見せ出来たかと思います。リハーサルは十分やってましたからね!何より皆さんのいる前で演奏するということの嬉しさが爆発しましたよ。ジョウくんもいつも以上にめっっちゃ声出てましたしクールなヤスタカくんもミウラさんもいきいきしてたと思います。

ライブの前1週間はわりとジャスを聴きます。車の中でぼやっとですがね。一部の昔のジャスのレコードはシンバルスネアの生音が鮮明でタッチの良いドラマーのニュアンスとか聴いたまま影響受けますね。わかりやすくいうと、ああこんなふうにきれいな音色でシンバル叩きたいなーとか。あとwilberryははねるビートが多いからシンバルレガートの跳ねてるタッチとか耳から影響受ける感じです。もちろん聴きながらハンドルぱたぱたするのですよ。


こちらはシンバルワークとても素晴らしい。音もニュアンスもきれいに演奏されて録音されてます。


wilberryの第5のメンバーと呼ばれるパソコンくんがいよいよ老衰ということで新第5のメンバーくんが今日ウチにやって来ましたよ。


あとオーディオインターフェイスとプロツールズというソフトを入れないとなんですがまだ届いてませんので次回のブログでまた紹介出来ればと思います。

MacBook Airというパソコンで5年落ちのモノですがあと6年は使えるんじゃないかな。前のが2009年モデルで2020年までだから。アルバム制作3枚くらいは貢献してくれそう!前のに比べて薄くて軽い。21歳で同期演奏始めたときはKORGの01/wという重たいキーボードの内蔵シーケンサーでやってましたからね。CURIOデビュー前後もTrinityというさらに重いキーボード内のシーケンサー。持ち運びは肩もげそうでしたもん。

まだ今日うちに来たばかりで第5のメンバーとしてはキレンジャーの中の人が変わってなんか慣れない感じみたいなwまあわからない話ですいません。

というわけで梅雨も明け8月も始まり夏を楽しみたいですね。ライブは8/21下北沢club251です。251はコロナウィルス対策を万全の体制でやってますので是非遊びに来てくださいね!

それではライブ会場でお会いしましょう!

ブリテンでした。

■再会


こんばんは。

昨日7/25wilberry @下北沢CLUB 251

前回のライブより約4か月のブランクを経ての復活劇でした。



是非皆に見て欲しくて色々な人に声をかけましたが、やはりこのご時世。

友達を誘っても、家族の関係で足を運べなかったりとか、行きたくても会社に止められているとか、様々な事情で断られることも多かったです。

なので「お客さん5人くらいしかいなかったらどうしよう」などと心配もしたりしました。



しかし実際に始まってみればほぼ満員。

もちろん本来のキャパシティには及ばないけど。

こんなにもライブ再開を心待ちにしてくれている人がいたとは

連日ライブハウスやバンドマンがワルモノ扱いされ、俺の心もかなり荒んでおりましたが、お客さんの皆さんのお陰で救われました。



ライブハウス側である251の皆さんも、安全安心に演者とお客さんに楽しんでもらうために最大限の努力をされておりました。

フロアにはパックマンの絵柄。それに合わせて椅子が置かれていきます。

なのでソーシャルディスタンス(何やねんこの横文字w)もバッチリ。換気も検温もバッチリ。

おっぱいを回し吸いする夜の街の店に比べて5億倍くらい安全な環境が築かれております。



対バンは4/11にやるはずだった(けど中止になった)以来のthe MADRAS

リハーサルスタジオの部屋も隣だったりして、お互い自粛期間中も頑張ってるなーと思って見ておりましたが、やっぱりthe MADRASは素晴らしい!

1曲目が始まった瞬間に風景が変わる感じ。新曲も良かった。



後攻の我々wilberryも、久々に上がるステージで最初から全力疾走。

いや〜、ギターを握る左手がリキむリキむw

初めて東京のライブハウスでやる20代前半の若者のような心境でした。ベテランの影も形もナシ。

でも間違いなく今年一番のライブだったんじゃないかなと思います。

やっぱ、ステージからお客さんの顔が見られるのはイイ。たとえ席同士に隙間が空いてても、その隙間すらも愛で埋め尽くされていたのを感じました。






久々にやった曲は10曲。+アンコールで2曲。

4ヶ月のブランクは12曲じゃ足りないけどね。でも昨日はリキんだせいで左指もヒリヒリしていたし、しょうがない。



中止になった4/11はハッシーの誕生日だったけど、今回はえらちゃん(&ウチのリーダー)の誕生日が近かったので、251で乾杯andお祝い。







その後はCCOに移動して打ち上げ。

なんと、元wilberryのベースのhoshino ubkと、ブロンディプラスチックワゴンの篠原君たちが居ました。

なんでも、久々にリハーサルを再開したので、終わったあと飲みに来たとのこと。



少しずつですが、かつての日常が戻りつつあるのを感じました。



数字だけを見る人にとっては、7/25現在の東京の感染者数を見るに、経済活動再開なんてとんでもないと思うかもしれない。

だが、みんなこの自粛期間中に意識を変え、覚悟を固め、時に批判に耐えながら、活動再開する道を選びつつあります。



そりゃそうでしょう。

自粛しろ、だけど保証はしない。これじゃ死ねって言われてるようなもの。



これからも戦いは続くでしょう。

でも我々は、この厳しい世の中でも必死に工夫をし、感染を拡げない様に、自粛警察に付け入る隙を与えないように、最大限の注意を払いながら歩き始めたライブハウス達に、最大限のリスペクトと支持を表明する次第でございます。



次は同じく2518/21()予定です。

予定は未定だけれども、空けておいてね!


■ロックダウン・ブルーズ

いま思い出すと3月21日に下北沢ラプソディで弾き語りを洋平くんとかとやった日あたり(連休)にみんな油断して街に出ちゃって、広まったって言われたんだよね。下北もその日は結構な人出だったなぁ。

 

 

で、その次はバンドで4月11日の下北沢風知空知の予定だった。バンドでアコースティックリハもバッチリで準備出来てたんだけれど、世の中が段々怪しくなってきて、4月に入ってから主催者のマドラスのハッシーに連絡。その後はマイファニの近藤さんにも。まだ緊急事態宣言前だったんだけれど、もう世間は自粛ムードになっていた。で、断腸の思いで「延期」を決定。ハッシーの誕生日だったのに本当残念。悔しいからバンドで動画撮ってプレゼント。で、決定発表後緊急事態宣言。よってリハーサルスタジオも営業停止でメンバーも集まれなくなりました。

 

 

活動出来ないから、家で動画なんかも撮った。いろんな人に参加してもらって楽しかったし勉強にもなったけれど、肝心なバンドが動かないからストレスが溜まる一方。

 

 

5月にはQUEで高橋さんに弾き語り誘われるも宣言も延長されて結局中止。6月になんとかリヴェンジ。ストレス。

 

 

で、やっと緊急事態明けたから251と連絡取ってなんとか7月出来ないかと話したら、またマドラスで決まったわけです。マドラスとの対バンの中止で始まって、また対バンで復帰ってのもいいのかなって思ったんです。で、マドラスから251の救済イヴェントにしてチケットの売り上げを251に全額バックしないか?ってアイディアが出ました。素晴らしい!と思って即OKに。ここ数年本当に世話になっているし、ライヴハウスが窮地に追い込まれているのは誰もが知っていることだしね。

 

 

スタジオはもう1ヶ月以上定期的に入れているので新曲は2曲完成させました。すごく納得の2曲で、こんな時だからこそ出来た2曲だぜ。

新型コロナについては前も書いたかもだけれども、もはや何も信じられないというか、と言うか、それも最初っからなんだけど。もう、よくわかんないわけです。そもそも、五輪延期決定後にコロッと態度を変えた都知事と、公文書を平気で改竄した経歴がある政府の言うことは全然信じられないので、心の置き場がなくって困っている感じです。

 

 

感染者が今増えているのに全く何もしたいで旅行を促すのも、イヴェント入場者を増やすのも理解に苦しむのだけれど、でもライヴハウスは営業して欲しいし、自分のライヴ、仲間のライヴにお客さんは来て欲しい。ずっと矛盾と戦っている感じ。

 

 

恐らく治療薬とワクチンが開発されない限りこの状況は続くのかな、と半分諦めてしまっているけれど、短い人生で、その間を音楽的に限定的な活動に終始してしまうのかと思うと、やりきれないです。なんか出来ないのかってずっと考えてます。

 

 

人間って考え方がみんな違うし、その違いを認めあって社会が成り立つわけだから、この感染についても、みんなに平等に正しい情報を欲しいし、補償もして貰いたいと考えます。生きてりゃいい事も待ってるでしょう。

 

 

 

 

さて、最後に1曲だけ新曲の歌詞を。まだ直すかもしれないけれど。イカれたロックンロールです。7/25に会いましょう。わっはっは。

 

 

 

lockdown blues

 

タブレットのあのコは 昨日からブルーで
憂鬱を吹き飛ばして浮かれていたいのに
ほんの一瞬だけでも
その気にさせようと とっておきのリモート
そのマスクを外して唇を見せて
ほんの一秒だけでも
悪いようにはしないぜ
it’s gonna be alright !

 

lockdown blues あのコに会いに行かなくちゃ
lockdown blues あのコと愛し合わなくちゃ

 

裸の王様のせいで 通りは埃だらけ
虹は真っ赤になっちゃって ふたりの邪魔をするけど
誰も歩いていない町を駆け抜けて
今夜もふたりだけで
いけないことをしたいぜ
互いの家を往来!

 

lockdown blues あのコに会いに行かなくちゃ
lockdown blues あのコと愛し合わなくちゃ
lockdown blues あのコと交じり合わなくちゃ
lockdown blues あのコとひとつにならなくちゃ

 

いけないことをしようぜ
互いの家を往来!

 

lockdown blues あのコに会いに行かなくちゃ
lockdown blues あのコと愛し合わなくちゃ
lockdown blues あのコと交じり合わなくちゃ
lockdown blues あのコとひとつにならなくちゃ

 

 

 

 


7月25日(土)
“ SAVE THE CLUB 251 “
会場 下北沢CLUB251
出演 wilberry / the MADRAS
DJ ume-rock
開場 18時00分
開演 19時00分
前売 3500円(ドリンク込み)

■お申込みに関して
本公演のチケット受取り方法は、電子チケット「スマチケ」限定となります。
■スマチケに関して
チケットのダウンロードには、e+(イープラス)アプリが必要となります。事前にe+(イープラス)アプリをインストールしたうえで、チケットのダウンロードを行ってください。
https://eplus.jp/sf/guide/spticket


■基本は8より16。

こんばんは。
ロイヤルです。


梅雨の晴れ間で暑い日でしたね。
ようやくタオルがパリッと乾いたかな。
もう昼間はエアコンつけてないとなかなかしんどい。
よく眠れてないせいか、全然起きられないし、いくら寝ても眠い。
お腹いっぱいになったらすぐ眠くなる。
春みたい。
梅雨はまだ1.2週間は続くのかな。
とっとと早く明けて欲しいけど、今年は夏も厳しそうだな。

それにしても、豪雨で各地があんな状況なのに無理矢理Go Toとか全く意味わからんな。
誰のために何のためにやるのか。
順番無茶苦茶やな。
誰か止める人おらんのかいな。
東京都もあんなんで大丈夫かねえ。




最近買ってみて良かったものなんかを。

一つ目は有線ピヤホン。
検索したらすぐ出てきます。
イヤホンなのですが、Hi-Unitってコラボブランドのもので、元々はAVIOTのBluetoothのいわゆるピヤホンが有名です。
その同じピエール中野さんがチューニングした低価格の有線が出るっていうので少し前に話題になってて、ちょっと気になったので買ってみました。
お値段1700円。安い。
慣らし運転で一晩鳴らしてみた後に試聴。
とてもとてもこの値段の音とは思えないクオリティ。
何より変なクセがなくて、聴いてて楽しい。
この値段でこれだと、もう高いイヤホンなんか買えないわ。
すごい時代になったもんだ…。

2つ目はBluetoothの防水スピーカー。
Ankerってスマートフォン関連商品のメーカーので、Soundcore mini 2ってやつ。
これは、AMAZONのセールで単に衝動買いしただけです。
風呂で聴けるのが欲しいなと最近思ってたので。
そもそもそんなに長風呂もしませんが。
それが衝動買いってもんです。
3000円ちょい。
届いたら、思ってたより小さくてビックリ。
握り拳より少し小さいくらい。
旅行とかにいいかも。
2つ買えばステレオ接続もできるみたいですが、1つで充分な音量です。
ちなみにこの間のジョウさんのQueからの配信ライブもパソコンで映像観ながらこれで音聴いてました。
持ち運びが楽だし、料理しながら音楽流したり、ちょっと生活に潤いが出る感じもするなあ。

とはいえ、Bluetoothのイヤホンも新しいのが欲しい気もするし、耳は2つしかないのにそんなにいるんかい、っていう自分との闘いは続く。



さあ、今月のwilberryは、
25日土曜の夜、下北沢CLUB251でライブがあります。
久しぶりのライブです。
the Madrasとツーマン。
昨日からイープラスでチケット発売中です。
スマチケのみです。

収益は全てお世話になってる251に寄付のライブなんで、我々と一緒に応援の気持ちでチケット購入してもらえたら嬉しいです。
また自粛要請がどうなるか、というモヤモヤしてきたここ数日ではありますが、今のところ予定通り。
先月からwilberryはコンスタントにスタジオに入っていて、新曲も出来上がりつつ、いよいよライブ感も戻ってきたところ。
当日まで細心の注意を払って臨みたいと思います。
笑顔でお会いしましょうぞ。



20年ぶりくらいにCD引っ張り出してきてTMNのRHYTHM RED BEAT BLACKを聴いた。
今聴いても超いいな。MVも。早かったんだなぁ。

“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■今日のできごと

こんばんはブリテンです。

東京は都知事選で賑わった今日でしたが皆さまはどんな日曜だったでしょうか?

僕はというと3月の終わり頃iPhoneに緑の綺麗な縦線が表示されてその修理をAppleさんに予約して4/8に渋谷のヒカリエに行く予定だったんだけどその4/8からデパートが一斉に閉まってしまいずっとiPhoneに縦線が入ったまま使ってました。昨日夕方にそういえばと再予約してみたら二子玉川のTSUTAYAで修理ができるということで行ってきました。

二子玉川ライズというめちゃ綺麗なショッピングモールの中にありましておしゃれすぎてめまいがしました。そこそこの格好していって良かった。

結局ディスプレイ交換修理の予定が水が入ってるうんぬんで本体交換となり新品を貰ってきました。水なんか入ってるわけないけど。納得いきませんが彼女たちの食い扶持がその手口によるものということなのだなと思いふせつつ1万ウン千円を支払い僕の携帯電話は新品のiPhoneXとなりました。

家に戻りMacにとったバックアップをiPhoneに復元する作業をしてみたらバックアップパスワードを入れてくださいみたいなのがあってぜんぜんわからない。2、3こ試してみたけどダメでかなり焦りました。南無三まさかの超シンプルなパスワードで復元が始まりなんとかこのようにwilberryブログが更新できそうです。しかしバックアップとかほんとに上手く戻ってくれるのかなと思ってましたが全然大丈夫そう。復元しないこと考えたらかなり憂鬱だからね。まじで便利すぎるよねiPhone。

新品になったもののAUの買い替えプログラムで来月にはまた新機種に買い替えます。11の広角付きのカメラが欲しいんだよね!来月の楽しみ。

7/25はおかげさまでライブが出来ます!Madrasとの2マンだからたくさん曲も出来るし楽しいこと色々考え中。ぜひ生のライブを楽しみに下北沢club251にお越しくださいね!チケットはスマチケのみですのでご注意を。

それではブリテンでした!

■都政

おばんでやんす。安高です。

 

 

wilberryも6月になってからは、全く何に遠慮することもなくリハーサルに入りまくっています。

新曲の完成度も非常に高いです。

もう濃厚接触どころの話ではありません。ロックンロール・パンデミックです。

 

 

7/25には下北沢251でライブも決まっております(もう言っちゃうけど)。

しかもお客さんを入れても良いことになってます(もう言っちゃうけど)。

 

 

今のところ、最後のwilberryライブが3/13なので、かれこれ4ヶ月空いていることになります。

1月は、同じく251で毎週金曜日を4回にわたってジャックし「今のオレ達の顔は、ステージを制してきた男たちの顔!」みたいな感触に浸っておりましたが、それも昔の話。

4ヶ月ものブランクを負ってしまった私は、すっかりただのおじさんになってしまいました。

 

 

このコロナ禍でも活動を止めず、ネット配信や無観客ライブをする方々はもちろん素晴らしいと思います。

先日のサザンオールスターズ42周年記念無観客横浜アリーナライブは本当に凄いライブで、サザンファン30数年のワタクシは、家で酔っ払いながら大いに楽しませてもらいました。

 

 

一方、自分はやっぱり、自分がやる分にはライブハウスでお客さんを入れてやるライブ以外に興味が持てず、この3ヶ月は家から出ずに、仕事やらゲームやらZoomでやるExcelセミナーやら、そんな事ばかりしている毎日です。

 

 

いっそのこと、ライブハウスも自粛要請なんか無視してハデにやっちまったっていいんじゃないか?という妄想に取り憑かれることもありました。

 

 

しかし、今徐々に再開されつつある各種イベント、音楽だけじゃなく様々な分野のイベント、或いは雀荘やカラオケ等、どれも人は戻りつつあるものの、戻りのスピードの鈍さには人々の慎重さが伺えます。

新しいライフスタイルの呪縛は、緊急事態宣言が明けても皆の足首を縛ったままです。

なので、ライブハウスが仮に一店だけフルスロットル通常再開したとしても、一気に人が殺到するようなものじゃないってことは分かっています。

 

 

思ったよりも、元どおりの日々に戻るのは時間がかかりそうです。

それでも、有観客ライブの再開は大きな一歩。

その日に備えてリハーサルをし、宣伝をし、体力もつけて、そして精一杯ステージで熱演します。

やっと動き出したのです。

是非皆さんにも一緒に僕らの守ってきた文化の再開を祝い、楽しんでもらいたいのです。乞うご期待!

 

 

----

 

 

そして、そんなコロナ禍で苦しんでいる東京都民の皆様にとっての重大なイベント。

「東京都知事選」がもうすぐ行われます。

 

 

満員電車撲滅、ネット授業・ネット投票導入を熱望する私としては是非ホリエモンに出馬して欲しかったのですが、蓋を開けてみれば出なかったのでハッキリ言ってかなりテンションは下がってしまいました。

東京改造計画とは何だったのか…。

 

 

まぁ、自己の願望を勝手に他人に求めていちいち絶望してもしょうがない。

かくなる上は、公約ゼロおばさんの小池氏の再選を防ぐために、宇都宮氏か山本氏のどちらに入れるかしか無いのですが、いやコレは本当に難しい。

個人的には宇都宮氏支持だが、それよりも確実に小池氏を阻止する票を入れなければ…。なんて残酷な二択なんだ。

 

 

「誰に投票するか」はとても大事です。自分や社会にとって、誰が最も有益な都政をするかを考え、投票する。このことが今後の我々の生活を左右するのですから。

 

 

しかし、そんなことよりも100倍大事なことがあります。

それは「誰投票するか」ということです。

 

 

前回の都知事選は、20代の投票率は40%弱。

私の世代である40〜44歳の投票率も57%です。

おそらく、今回もそんなに変わらないでしょう。

 

 

Twitterや他のSNSでも、若者が選挙に行った方が良い理由はもう1億回くらい言われています。

 

 

 

 

 

しかし、そういう人たちはそもそもSNSを見ない(もしくは、都合の良いものしか見ない)ので、その声が届くことはなかなかありません。

 

 

だから私たちは今回も、投票に行かない若者に対して無駄な抵抗を続けます。

 

 

いいですか、お前が投票に行かなければ、お前の嫌いな上級国民の年寄り達が、政治家は自分たちの為にこそ税金を使ってくれると大喜びします。

 

 

そして、お前の嫌いな上級国民達は、お前のことを「自動搾取人形」と名付け、お前を一生搾取し続けます。

 

 

その搾取される若者は、歳をとったからといって搾取する側になれる訳ではありません。搾取される老人になるだけです。

 

 

ちゃんと投票に行く若者は、投票に行かない若者に比べて、普段からちゃんと物事を考えている分、搾取の罠に嵌る確率は下がります(勿論0ではない)。

 

 

つまり、投票に行かない行為は、上級国民に餌を与えるだけでなく、自らの世代間の格差も勝手に拡げている行為なのです。

これを悔しい!ムカつく!と思わない人なんて果たしているんでしょうか?

 

 

毎年、毎回こう言い続けても投票率なんで全然上がらないんですけどね。

なので私に出来ることと言えば、投票に行かない人を見つけては首根っこ掴んで投票所に放り込むことくらいです。

 

 

皆さん、ワタクシに突然首根っこ掴まれてもびっくりしないで下さいネ。


■いよいよ動き出すよ^^

緊急事態宣言が解除されて、少しずつ以前の日常に戻りつつあるね。

ライヴハウスもしかり。ただ、ライヴハウスの場合はどういうわけか、通常の数のお客さんを入れることは、どうやらまだまだダメらしく(いや、ダメというわけではないのかな)、東京都からライヴハウスの今後の営業用のガイドラインというのがあるようです。
換気や消毒はもちろんのこと、演者とお客さんとの距離、演者同士の距離、お客さん同士の距離、お客さんは歌っちゃダメとか、握手しちゃダメとか、いろいろとあるようです。
これはあくまでも、ガイドラインであって法的な縛りがあるわけではない。だからハッキリ言うと守らなくても良いものでもあります。
ただ、やはりお客さんのことを、みんなの健康のことを考えたり、あるいは万が一ライヴハウスでクラスターが発生した時のダメージを考えると、ライヴハウスとしては守らないわけにはいかないみたいです。ライヴハウスの人たちってすっごく真面目なのよ、夜の街の人よりぜーんぜんまじめ。俺が見てる限り、ホントに真剣に考えてるし(生活もかかってて生きるか死ぬかなんだから当たり前だけど)、お客さんと演者のことをホントに思ってくれてます。
俺自身もまぁ。お客さんが全員マスクして、1メートルきっちり間隔空けてジッと見てる、演者同士も間隔を空けて気を遣いながら演奏する。ヴォーカル以外はフェイスシールドなんかしたりして。
果たして、これがライヴなんでしょうか、グルーヴ生まれるんでしょうか、そもそもこれは楽しいんでしょうか。。。と思うけど、現状では仕方ないので、飲み込むしかない。
こうなったら、その環境の中で、何か新しい発見をして、新しいwilberryを見せていくしかないみたい。もう、やるしかないんだよね。
バンドは2週間ほど前からスタジオに入り始めました。いい感じ。アレンジまで終えて、歌詞だけ書けばオッケーっていう最高の新曲が3曲出来ています。
わりと普段の生活からヒントを得て歌詞を書くので昨今の状況でなかなか歌詞も難しいんだけど、そろそろ書いて披露できるようにしますね。
ライヴがないお陰でバンドの収入が完全に絶たれたため、予定していたレコーディングが少し後ろにずれ込みそうです。これはホント残念。さっきの3曲が上がれば11-12曲入りのフルアルバムのレコーディングを、と考えてるんだけどな。なんとか年内には始めたいものです。
さて、そのライヴなんだけど、まず6月29日の月曜日に下北沢QUEでひとりで弾き語りがあります。
これはもともとQUEの店員となった高橋浩司ちゃんからだいぶ前に話しを貰ってて、5月にやるはずだったんだけど、やっぱりこんな状況で無理になっちゃったんだけど、すぐに「同じメンツで6月にリヴェンジしましょ!」って更に誘ってもらったイヴェントです。こんな濃いメンツ集まるかねぇ?ってくらい濃〜い4人です。様々な事情から限定で30人のみの入場で、お客さん側は椅子ありのようです。マスクはしてきてね。
この日は父の命日で、毎年実家に帰ってたんだけど、今年は帰らずに歌おう。まぁ、いいでしょう。楽しみ。この日もカヴァーをいろいろやろうかなと。
wilberryでも話は貰っていて、7月25日に下北沢のライヴハウスでお客さんを入れたライヴが決まりそうです。またもや、あのバンドと一緒です。詳細はまだまだだし、何が起きるかわかりませんがどうぞよろしくお願いしますね^^新曲を何曲かやれたら!
6月29日(月)
「ドンマツオ!TARSHI!井垣宏章!ジョウミチヲ!」
@下北沢CLUB Que
開場 18:30
開演 19:00
前売 3000円
当日 3300円
出演
ジョウミチヲ(wilberry)
井垣宏章(無限放送)
TARSHI
ドンマツオ(ズボンズ)
7月25日(土)
T.B.A.

■To You

こんばんは。
ロイヤルです。


なんだか気づかないうちに梅雨入りしたようで。
そんなニュースも見なかったな。
今日も天気はぱっとしませんが、暑くないのでそんなに嫌じゃない。
なんなら静かで落ち着く。
ほんとは一年で一番嫌いな季節のはずなのですが、いまのところそうでもないな。
雨が降ってる方が色々洗い流されるような気持ちになるのかも。
暑くなるとそうも言ってられないかな。
マスク、熱中症ご用心。


なんの予定もない休日だし、昨日のうちにゆっくりブログでも書こうかな、
なんて思ってたくせに。
それなのに、一文字も書くことなく一日は過ぎてしまった。

いつもギリギリ。
こればっかりは子供の頃からずっと変わらない。
例えば出かけたりするのも、本当は余裕を持って早めの電車に乗ったりしたい。
なのに、いつもギリギリになってしまう。
たまたま早めに起きたりしても、すぐに支度をしないでなんか違うことを始めちゃったり、普段と違う行動をしちゃったりして、結局はいつもの時間に。
下手したらいつもよりさらに遅くなって、時間がなくなってしまったり。
とにかくスイッチを入れるタイミングが遅い。

時間がなくてバタバタする時間がほんとに嫌い。
わかってるくせにいつもバタバタ。
こんな時季はそれで余計に汗かいたりして。
だから梅雨が一番嫌いなのかもしれんなと思ったり。
ああ嫌だ。


結局ぐうたらなんだろうな。
追い込まれるまで動き出さない。
直したいんだけどな。
誰か直し方教えて欲しい。
そしたら梅雨も好きになるのかも。




wilberryさんは、今月頭からようやくスタジオに入ることができました。
いつものスタジオはまだ営業時間短縮での営業だったから、近くの別のところで。
まるっと2か月振り、か。

wilberryに入ってからは、こんなに空いたことない。
先月、そろそろスタジオ入れそうかなってなってきた頃に、ようやくベースを触った。
しばらくは全く弾いてなかった。
弾くこと自体が好きなわけじゃないのかもな。
バンドで演奏できないのなら、弾かなくても平気。
前のバンドやめてからもそうだったしな。
一番使う左手の薬指は、ちょっと弾いてないだけで、もうすっかり柔らかくなっていた。
ちょっと弾いてみただけで、指が痛い痛い。


10年以上前かな。
ザーザズーに誰かのライブを観に行って、打ち上げで久しぶりに先輩のバンドマンに会った時のこと。
いきなり、「手出してみ」て言われて指を触られた。
「あー、もう引退やな、引退。」
そう言われた。
その時は苦笑いしてたけど、少し悔しかった気がする。
指が痛くて、そんなことを思い出した。

久しぶりのスタジオは、ちょっと最初は妙な恥ずかしさもあったんだけど、始まってみればいつも通り。
定番曲でウォーミングアップでもするかと思いきや、いきなり前回作りかけの新曲から始まりました。
流石ジョウミチヲやね。
2か月空いてても、結局なにも変わらない。
現在進行形のwilberryでありました。
ちなみにもう指も痛くないです。




どうやら何かしらの予定が決まりそうな感じ。
どうなるかわからないけど、
いいお知らせができるといいな。
しばしお待ちを。


“ROYAL” SEIZAN MIURA

 

■ちょっとスッキリ

こんばんは、ブリテンです。

wilberryはリハーサルも再開しこれから少しずつですが活動報告ができればいいですね。ライブはまだ少し見えない感じなのかな。

6月になって暑くなってきましたね。外に出ると紫外線がすごいです。日焼け止めクリームを塗ってないと痛いくらい。こんなに日射しって痛かったかな。車移動の私ですが車に乗って動いたら最初の信号待ちで日焼け止めクリーム。車のガラスがUVカットが足らないせいかもだけど。

車で音楽聴いたりしますが各種再生機でランダム再生に勝手になるのはほんとやめてほしいです。アルバム曲順聴き絶対派の私なのでBluetooth勝手に繋がって選んでないのに勝手に再生始めるのが不快です。解決しようがあるのかないのかわからないけど。

そういえば解決出来なかったことがひとつ解決しました。ヤクルトスワローズの試合観戦のためFODの登録をしたもののログイン出来ず見れない、かつ支払いが延々続いて困ってたのですがAmazonアカウントでの支払ってるのにAmazonアカウントでログインできない不思議にいろいろ問い合わせとか頑張ってたのですが解決しなくて15ヵ月くらいだったのですが、Amazonアカウントが知らないうちに普段あまり使わないほうのメールアドレスで登録してる分が存在しててそっちのAmazonペイで払う設定になってたことに今日やっと気づきログインできて即解約しました。結構気をつけてIDとパスワードは逐一メモを保存してわからなくならないようにしていてもこうだから便利すぎて不便な世の中になっててまあそんなことで怒るほうが老害と言われそうですが実際月々1000円の15カ月無駄なお金が引き落とされたのが残念ではあります。

そんなではありますが前に進めたことを良しとして今日はここまで。

それではまた、ライブ会場でお会いできることを楽しみに、ブリテンでした(^^)!!

| 1/37PAGES | >>