□CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■生死

おはようございます。

在宅勤務を始めて、はや2ヶ月が経とうとしています。安高です。



在宅勤務は無能な「働かないおっさん」をあぶり出す成果主義への入り口、という記事を読み内心ビクビク。

いや、何ビビってるんだ、それが己の望んだ道じゃないか、と自分を叱咤激励し学び働く日々。



緊急事態宣言は開けておりますが、ライブハウスは当面自粛せざるを得ず、こちらも当面在宅勤務続行、給付金の10万円の申請はしたものの給付はまだ無く、おまけに未だに街中に自粛棒をもった自粛警察が徘徊しているので、つまり、自分自身は実質緊急事態宣言中と何ら変わらない毎日を過ごしております。



もうすぐ都知事選ですね。

ただ、今のままだと、投票所にまで自粛警察が押し寄せて来そうな雰囲気で、身を守る術を持たぬまま投票所に行くといきなり棒のようなもので殴られそうで怖いです。

今度こそ本気でインターネット投票を実現して欲しいものですが、PCR検査の結果をFAXでやり取りしているような国では実現も夢のまた夢でしょう。



wilberryの最後のリハーサルが45日。

それから今日まで、現金を使った回数はわずか2回です。

快適キャッシュレス生活ここに極まれり。



ちなみに、その2回とは近所のラーメン店で食事をした時のものです。

三密の約束破ってごめんね。でもこれだけステイホームに協力したんだから良いでしょ?

仕事でも家でも一切他人に会わないんだから。

お店だって生活のために開けてるんだし、こっちも必要必急の外出だったのだよ。



------



という毎日を送っています。

最近は「死」について考えることが多いです。



一体「死」とは何なのか。

普通に生活していたならば、余り考えていなかったかもしれません。

今回のコロナ騒動のニュースが流れる度に、僕は「死」について考えています。



自分は、今回のコロナ対策に最も適した策がもしあるとするならば、それは感染死・関連死を含めた死者数を最も少なくするものだと考えています。



国民が1000人死ぬか、3000人死ぬか、どちらかを必ず選べ(0人にする方法は無い)、と言われれば、1000人死ぬ方を選ばなければならない。

それが、政治であり、ソーシャル・エンジニアリングだと思っています。



多くの医療関係者にとって、感染死が発生してしまうことは絶対的に「悪」であり、それを何とか最小で止めようと必死に行動し、発言します。

ステイホームしろ、外出はするな、パチンコやライブハウスはもってのほかだと。

それはもちろん彼ら医療関係者のポジションからして見れば至極当然なことであり、何も間違いではない。経済を優先する者たちを強く責め立てても、それは全て正常な事です。

何故なら、彼らは関連死まで責任を負うことはないから。



ただ、現実に関連死は起こります。

ステイホームによって今のところ死者は1000人以下に抑えられていますが、それと引き換えに、自粛によって職を失った人たちが何人くらい自ら命を断つのか。

それは、今の時点では全く予想もつきません。これからもっと増えるかも分からない。病死と違って正確な数を数えることも不可能でしょう。



僕は、どんな人間でも「死」は平等に1カウントだと思っています。

たとえ病死だろうが自殺だろうが、それが外出禁止を無視したオッチャンだろうがTVタレントだろうが、平等に1カウントだと思います。



来世も転生も、霊魂も、天国や地獄もそんなものは絶対にこの世に存在しない。

死ねばそれで終わり。死ねば無になり、土に還る。それは都知事だろうが総理大臣だろうが、上級国民だろうが売れないバンドマンだろうが皆同じです。



死が平等である以上、全体に降りかかる死の絶対数を出来る限り小さくすること。これこそがコロナ対策において政治が絶対に遵守すべき正義だと思っています。

そこに、高齢者を尊重し敬意を払えとか、働き盛りを守れとか、そういう面倒でややこしい条件式が入り込む余地は一切無い。全ての命は平等なのと同じように、死も平等であるべきです。



だから、医療崩壊が良くないとか、それは当然のこととして、その医療崩壊による死すらも、その他全ての関連する死のケースと比較してハカリにかけて、命の重さ云々は抜きにして、あくまで「死」のトータルカウントを最小にする事を最終目標として議論し行動する。

そういう世界になって欲しいと願っています。




という考えを説明しても、あまり他の人には受け入れられないんですけどね。

とはいえ、そのバランスを取ろうとしているからこそ、政府も緊急事態宣言を解消したんだと思うし、これで自粛警察の正義マンパワーも幾らか緩和してくれれば嬉しい限りです。



という訳で、今週からついにwilberryリハーサルを再開します。

何かの手違いで突然名曲が生まれたりして。それ以前にアンプの電源の入れ方、覚えてるかな


■おおおお、時間がない!

いま5/24の23時なんですが、いまブログ当番だって気づきました。来週だと思ってた^^

 

 

さて、明日には東京も緊急事態解除になるんでしょうかね?新たな感染者数が今日はちょっと増えたみたいだけれど。どうやら解除の方向で調整しているみたいだけれど、明日の感染者がドッと増えたらどうなんでしょう。

 

 

前も書いた気がしますが、コロナ対応について何が正しくて、何が間違っているのかは、正直言うとまだわからないね。

ただ個人的には、ロックダウンはあまり効果がない気がするな。それよりも感染者を隔離する場所を大胆に用意して、さらに大量に検査できる体制を整えて(おそらくこれが一番大変)、そのうえでより多くの人に検査をするのが良い気がする。どうも、検査数を抑えるっていうやり方は好きになれないな(但し、日本で一定の効果はあったみたいなんだけどね)。

 

これだけ、自粛生活が長いと書くことも全然ないわけだけど、ここ最近はかなりランニングをしております。4〜5年前まではかなり走ってて2年続けてハーフマラソンの大会にも出たりしたんですが、血栓やっちゃってからちょっと控えておりました。でも、ここんとこ足の感じも悪くはないので、先月から本格的に再開して、今月は140キロくらいは走れそうです。ライヴでみんなの前に現れる頃にはスリムになって登場するでしょう^^

 

 

あとは、なんだろ。本も少し読んでるかな。村上春樹の「猫を棄てる」。村上春樹って俺が高校くらいの時に大ブレークして、あまりに流行ってたから、絶対に読まないようにしてたんだけど、25歳過ぎたくらいに「そろそろ読んであげてもよかろう」って読んであげたら、めっちゃくちゃ面白くて、その頃に半年くらいかけて出てるの全部読んだんだよね。それ以来は、ほぼ新刊が出る度に読んでるなぁ。でも村上春樹は好きだけど、ハルキストは苦手です^^

 

今はなぜか田中康夫の「なんとなくクリスタル」を読み返してる。

 

 

音楽は新譜はここんとこ魅力的なのが見当たらないので(ザ・ストロークスは別格で素晴らしかったけど)、今更ビートルズの「アンソロジー」とかマッシヴ・アタックの1st、ルシャスジャクソンのなんかをCD棚から取り出して聴いてる。

 

https://www.youtube.com/watch?v=5fbZTnZDvPA

 

https://www.youtube.com/watch?v=ODIvONHPqpk

 

https://www.youtube.com/watch?v=ZWmrfgj0MZI

 

https://www.youtube.com/watch?v=uX5qtSzcZ0A

 

 

映画も観てるぞ。たったいまAmazonプライムでロブ・ライナー監督の「記者たち 衝撃と畏怖の真実」を観た。これはいつかどっかで「スタンドバイミー」のロブ・ライナーがやばい映画作ったって書いたんだけど、実はまだ観てなかったんで、やっとって感じ。実話ではあるんだけど、よく作った!と言いたくなる素晴らしい内容。米国のイラク侵攻の大義名分の「イラクが大量破壊兵器を保有し、テロを支援している」がでっち上げだって暴く内容。もうちょっと突っこんで欲しい部分はあったけど、それでも観てよかった。ロブ・ライナー自身もかなり良い役で出演してて気合いを感じたよ。

 

もう1本先週観たのが「ヘアスプレー」っていうミュージカル映画。ミュージカルって知らないで観始めたんだけど。もともとミュージカルは苦手なんだけど、どうも最近観る機会が多くて慣れてきたかも、というか好きなってきたかも^^
しかも、観ながら「この映画誰も知ってる俳優出てないなあ」って思いながら観終わって、あとで調べたら、主演の女の子の母親役がなんとジョントラボルタでした(女装してた!)。
内容もなかなか愉快で面白いよ。

 


さて23時45分なので、このへんで(24時までに更新しないと罰金なので)。
みんなに会えるのいつになるのかねぇ。百合子はまだまだ許してくれなそうだ。あ、6/29に下北で弾き語りをやるかもです。もちろんどうなるかわからないけれど。

 

とにかく、みんな元気で。


■ロングバケーション

こんばんは、ロイヤルです。



本日も穏やかな天気で、気持ち良かったな。
ブログ当番が回ってくる時は、だいたい晴れてる気がする。
昼間はTシャツだけでいいもんね。
寝る時も窓を開けてたら涼しい風が吹くし。
梅雨が来るまでの短い間だけど、ずっとこんな天気がいいな。



最近はどのようにお過ごしでしょうか。
こんな生活にも少しばかり慣れてしまったけれど、ニュース見てもほんとに頭にくることばかりでね。
これだけずっとおかしなことばかりだと、もしかして頭にきてる自分がおかしいのか⁈、とさえ思いそうにもなったりするけど、冷静になって、いややっぱりそんなことはないな、と毎回思ってる。
ろくに議論や話し合いのない多数決なんて、何の意味もないよ。
ただの自己都合でしかない。
民主主義っていったいなんなんだろうね。
いい歳して知らないことばかりで、毎回勉強だ。
なんでも疑問に思うことは大事だと思います。
もちろん自分に対しても。


何日か前に、ネットに出てた紅布の猪狩さんのロングインタビューを読んだ。
まっすぐで、まるで直接話を聞いてるみたいな、とても良いインタビューだった。
リンクは貼らないけど、興味あるひとは探してみてね。
すぐ見つかると思う。
最高な店長に最高なライブハウスだよ。
また出たいな。


なんせ、ひととひととを離そうとするこのウィルス。
進んで誰かに会おうとは、正直まだ思えないもんな。
自分自身とか、家族のこととか、バンドのこととか、いろいろ。
ちょっと立ち止まって考えてみるのには、大事な時間なんかな。
そう思うのがいいのかもしれんね。
何度も言うが悪いことばかりじゃない。
そう思いたい。





レコードをちょっと整理してて、久しぶりに聴いてみた。
昔と変わらず音が出るところが、レコードのいいところ。
ロマンがあるよ。
小学校3年生くらいで大好きになり、新譜がリリースされたら、叔母さんにいつも買ってもらってたなあ。
アルバムは高くてお願いできなかったから、いつもシングル盤。
家からはちょっと離れた、ひまわりって名前のレコード店。
中学生くらいまでその店に通うんだけど、その頃になったらCDが出始めた。
アルバムのコーナーに置いてあるんだけど、LPの大きさで真ん中を四角にくり抜いた発砲スチロールにCDが埋め込まれた状態で、レコードと一緒に棚に並んでたな。
ふと思い出した。
 

 


しかしまあ、この一週間くらい、ひどい眼精疲労で。
パソコンや、スマートフォンやらテレビやら、目に悪いものばかり。
見なきゃいいんだけど、そういう訳にもいかず。
目がチカチカして、視界がところどころ欠けちゃって、全然見えなくなった日があった。
1時間くらいで戻ったけど。
目の奥が痛くて、頭もずっとうすら痛い。
何年も前にもなったことがあるな。
外に出ないから余計にだね。
とりとめのない話はこのあたりで。



家でフライドチキン揚げてみた。


キムタクは好きでも嫌いでもない。
今夜はロンバケでも聴こうかな。


“ROYAL” SEIZAN MIURA


■ブリテン5Gにがぜん期待をよせる

こんばんは、ブリテンです。



みなさんいかがお過ごしでしょうか。お仕事いつもどおりの方も短縮の方も在宅ワークになった方もお休みを余儀なくされた方も解雇になった方もいらっしゃると思います。僕はありがたい事にいつもどおりの多忙な日々で過ごさせていただいてましてこれまでとの違いといえばバンド活動ができないこと。全く楽しみなしのひたすらの労働ということです。ドラムを叩かないってストレス発散が足りない感じですね。

東京都内を毎日車で動いてますが道はめちゃ空いてますよ。体感で1/3くらいかな。

TwitterやInstagramでミュージシャンの方々がいろいろ音楽の映像を作っててすごく楽しそう。なかなか僕は時間を作れなくて出来ないのでうらやましいと思うけどよくよく考えると本来の活動が出来ない中でせめて存在を示すという意味でやっておられるわけで大変だなと改めて思います。

ZOOMアプリも世の中で流行ってるみたいででも僕としてはなんかこっぱずかしくておじさんにはムリと思ってましたが石川県在住の友達のノブくんとチャンキくんから今朝電話がきて今飲んでるから(朝から!)繋いでくださいよと言われてインストールしてみたよ。めちゃ普通に使えてすごいね。楽しかった。試しにこっちのエレドラと向こうでセッションしてみたけどひまわりという曲で8分音符 1個分ずれてるみたいで本来4分打ちのビートですがノブくんとチャンキの歌に裏打ちする感じでタイムが合うというタイミングでした。これってもしや5Gになれば解決されるのかな?ほんとにリアルタイムのリモートセッションができればいろいろ面白いと思ったお昼前でした。



今2階に設置のエレドラですがやはり階下には相当の振動が伝わるようでなかなかの問題です。何かいい方法はないかとヤホーで検索してみたら(ほんとはGoogle)エレドラ置く下に自転車のチューブを空気をいれて4つくらい敷き詰めてその上にベニヤを置きエレドラをセットするとキックの打撃の振動がほぼ床に伝わらない、というアイデアが出てきまして速攻ググりましてモノタロウで見つけて購入しました。16インチで1個270円、4つで送料税入れて1400くらい。早く来ないかなーと今日も待ってましたが来ませんでした。今配送屋さんは超忙しいのですね。このタイヤチューブ防音はいろいろ使えそうでまたここのブログでレポートしていきたいと思います。思うに自宅用ベースアンプの防音にも使えると思うんだよねー。

というわけでブリテンでした。早くライブ予定をお知らせしたい!入場数限定すれば宣言解除後すぐにやれると思う。アクリルパネル設置したりね。実際どうなっていくのかな。


それではまたライブハウスでお会いしましょう(^^)!!

■自粛

こんばんは。

自粛警察の圧力に屈して、ほぼ1か月家から出ずに労働に勤しんでいる安高です。



残念なことに(多少覚悟もしてたが)、5月のライブも吹っ飛んでしまったため、wilberryとしての活動は、音源編集とブログ更新以外全くの白紙状態。無期限開店休業です。



普段はIT系のフリをしていますが、一旦楽器を持つとワタクシは超絶100%アナログ人間なため、世間で流行っているコラボやら、PC使って動画に音入れたりやら、音つなぎやら、弾き語りと犬のセッションやらには全く縁がありません。



そもそも、ライブハウスでバンド演奏するとき以外能のないギタリストなので、こういう今みたいな楽器を持って外を歩けば棒で殴られるような戒厳令下では何も出来ずにおります。

と言うか、別にそういう事をしたいわけじゃないし、ライブしたいだけだし。



という訳で、出来ないことを嘆くよりも今出来ることをやろう!ということにして、今我が家のプレイステーション4はフル稼働しております。

4月10日には「ファイナルファンタジー7」のリメイク版が発売されたので、毎日仕事が終わったら速攻ミッドガル(FF7序盤の大都市)に濃厚接触していました。



FF7リメイクは、1997年に発売されたFF7から実に23年後の発売で、当時プレイステーション1で作られたものをプレイステーション4で作り直したものです。

が、制作に時間をかけ過ぎの上、詰め込み過ぎたのか、オリジナルのFF7のストーリー序盤が終わったところまでしかリメイクされていません。

続きは「ファイナルファンタジー7・リメイク2」になるんだろうけど、一体いつ完成することやら。



当時の青少年は皆、ティファ(FF7のヒロインの1人)をスケベな視線で見ておりましたが、リメイク版が全部完成するころには、当時の青少年が皆、スケベ心すら衰えた初老の紳士になっていそうな予感がします。

ん?俺ですか?俺はユフィ派だったので俺の事じゃありませんよ。



そんなこともあり、最近ようやくFF7リメイクを無事クリア出来たのですが、もともと普通のRPGだったのが完全なアクションゲームに変わってしまっていたので、昔ながらのコマンド入力式のFFがやりたいなぁと思い、現在はFF12をやっています。



ここ近年は麻雀や人狼などのアナログゲームばっかりやっていたのですが、この非常事態宣言下ではそれも叶わず、こんなにもデジタルゲームの海にDIVEしたのはここ数年では久しぶりです。



自粛期間中でも仕事や遊びで忙しく(友達とZoomで集まって人狼やアナログゲームをしたりすることもあります)、それなりに楽しく毎日を過ごしておりますが、ちょっと楽しいことをTwitterで呟くだけでも「お気持ちモンスター」達を刺激してしまって、彼らが不謹慎棒で殴りかかってくるのではないかと不安で不安でたまらなくなります。

なので、Twitterとかであまり面白い事書いてなくてもご安心ください。


てか、あんまりこの時期にテレビとかTwitterとかYahooニュースとか見ない方がいいですよ。



-----



嫌われ者のためアベノマスクは未だに送られて来ません。

しかし、小学校の時にクラスの男子全員にチョコをあげていた女の子から自分だけチョコを貰えなかったという経験がワタクシにはあるので、これくらいの事で動じたりしませんが。



そんな自分のもとに、最近実家の母からありがたいことに手作りの布マスクが送られてきました。

現在我が家にはマスクが無く、かといって朝早くからドラッグストアに並ぶような馬鹿な行動力豊かな真似も出来ません。

そんなワタクシにとって何度も洗って使えてマスクは大変有難いです。

これで、行くなと言われているスーパーやコンビニに止むを得ず断腸の思いで行かなければならない時でも大丈夫!

息子をワルモノにしないでおいてくれて有難うございます“<(_ _;)


■いい事ばかりはありゃしない

さて、みなさん、お元気でしょうか?
元気なわけないですね。はい、私も全く元気ないです。ライヴハウスは最初に目をつけられちゃったため無論ですが、私たちがいつも利用しているリハーサルスタジオも緊急事態宣言前日から閉鎖。これで、wilberryが音を出す活動は完全に停止しちゃいました。かれこれ3週間はメンバー揃って会ってない。
ただ、勿論何も活動していないわけではなくて、1月の4連続ライヴの音源(実は全公演レコーディングしていたのです)から、数曲セレクトして、ただいま絶賛ブリミックス中です。我が人生でライヴ盤というものをリリースしてことがないので、このまま順調にいけばリリース出来そうだよ。楽しみにしててねーん。
新曲もアレンジまで完成していて歌詞待ちなのが2曲、更にもう1曲アレンジ途中なのがあるから、この3曲出来たらアルバムレコーディングに向かいたい。この昨今の状況でレコーディングの時期が見えないから、リリースは年内はちょっと難しいかもしれないですが、超傑作を作るから覚悟しといてね。
あとは、そうだな、最近は家でひとりでギターを弾いて歌って動画をInstagramやTwitter、YouTubeにアップしてます。最初はやや抵抗あったんだけれど、いざやってみたら、結構楽しくてハマりつつあります。この自粛期間が続いてる間に週一回くらいのペースでやっていけたらと思います。なんかリクエストとかあったら、なんかに送ってくださいな。うちは特に防音ではないのですが、大声で歌っても特に苦情も来ないので、やれるだけやりましょう。
先が見えない状況だけれど、みんな頑張って生き抜いてください。そしてテレビや新聞、インターネットから得る情報をよーく見て、そして、物事の本質を見抜いてください。ただただ、入ってきたものを鵜呑みにするのはやめたほうがいい。いまの政府が言ってることには大概裏がある(その殆どは利権絡み)。
そして「国民みんなひとつになって」とかいう類のスローガンはあまり信用しないほうがいいと思います。もともと人間はひとつになんかなれないんだから。考え方なんてみんな違うんです。違うことを認め合うことが大事だと思います(但し、人を差別する考え方だけは絶対に認めてはならない)。
あ、そういえば、こないだ、家のトイレットペーパーが無くなるーってTwitterで呟いたら、ホントに沢山の人が(会ったことすらない人まで!)、「住所教えてくれたら送ります!」とか「◯◯のお店にありました!」とか「いまから持っていきます」とかリプライとかダイレクトメッセージくれて、感動しちゃいました。
で、つい3日ほど前も、マスクどこに売ってんだーって呟いたら、またまた同じように沢山反応を貰いました。
お陰様でトイレットペーパーもマスクも今ちゃんと足りてる状態です。ありがとう。こんなイヤな世の中だけど、やっぱり人との繋がりって最高だなぁ、SNSもいいもんだなぁって思ったよ。みんなありがとう。
さあ、また、今回も順序も脈絡もなく、バンバン書いただけです。とにかく、困ってますが、体調はバッチリなんで、なんとか色々と誤魔化しながら生きていくんでよろしく、待っててね。
サヴァイヴしてね。では。

■トマトも捨て難い。

こんばんは。
ロイヤルです。



今日は朝から快晴で気持ちよかったですね。

4月ももう半分過ぎましたが、昨日までは寒かったり雨だったり、あまり春を感じない天気ばかりだったのでね。
個人的ないいことは、花粉がようやく落ち着いたから、もう薬を飲まなくて良くなったこと、くらいかな。
世界的には、大気汚染が改善したこと、か。
心なしか空もきれいな気がする。
みんなみんな、元気でいるといいな。
食べ過ぎで胃腸が疲れてるのか、俺はちょっと元気がないかもです。
いや、そうでもないか。



ふとカレンダー見てびっくりした。
最後にライブしたのが3月で、実はまだたったの1か月ちょっとしか経ってないんだな…。
この1か月の変わり様ったらないな。
大げさでなく、もう何ヶ月も前のことみたいに感じる。
4月のハッシーさん誕生日イベントもなくなって、wilberryでThe La'sの曲を撮ってからはスタジオリハも入ってない。
今は、1日1日を数えながら過ごしているような、そんな時間の流れ。
家を一歩出るだけで、ずっと狙われてるような居心地の悪さ。
たとえ家にいたって、ちょっとした体調の変化に一喜一憂してみたり。
厄介だね。



札幌のCOLONY、京都のVOXhall、どちらも演奏したことがあるし、この騒ぎのせいでハコがなくなってしまうのは寂しい。
今の状況では、被害を最小限にするためには仕方なかったんだろうなってこと、頭ではわかるにしても。
場所は変わっても、またいつか同じ名前で始めてくれるんじゃないかと無責任ながら勝手に思ってる。
急激に物事の価値観をガラリと変えさせられていて、なかなかついていけないな。
ライブとかバンドってものは当たり前のことじゃないとは前から思っていたはずなのにな。
それが、みんな一斉にこうなってしまうと、ね。


 
5/6までの自粛要請中にライブハウスが無観客配信したら、東京都からの協力金が出なくなる可能性があるとか。
全くふざけた話だ。

飲食のテイクアウトはOKなのに?
配信って、要は非接触のテイクアウト、音楽のデリバリーサービスでしょ?
観る側になんの危険があるというのか。
自粛の中でなんとか方法がないかってみんな考えてるわけで、配信始めるのだって費用もかかるだろうに。

あっちが良くて、なんでこっちがダメなんだ?、って考え方は個人的には好きじゃないし、そもそもそれぞれ形態が違うんだから比べる話じゃないのかもしれない。
それを差し引いて考えても、何か条件付きとかならまだしも、全面的に認められないのはやっぱりおかしいと思う。
極端に言えば、何も配信がどうしてもしたいわけじゃないでしょ?
制限の中で、またライブができる日までの希望としての手段の一つに過ぎないじゃないか。
音楽を聴くこと観ることで気持ちが助かることは絶対にあるよ。
それをつまらない論理で邪魔しないで欲しいと思います。
そもそもあれだけの協力金じゃ、継続されないと一瞬でなくなるはずなのに。



日によって気分の浮き沈みもあるけど、あんまり神経質にならずに過ごすようにもしなきゃね。
情報も多すぎるし、ちゃんと自分で判断しつつね。
気持ちが落ちたら何にもいいことないからな。
見方を変えれば悪いことばかりでもない。




最近のお気に入りは、ポッキー。癒しのミルク、って味のやつ。
大昔、ポッキーって大人のおやつだったよね、なんだか。
氷水のグラスに入れたりなんかしてさ。
ふと思い出した懐かしい記憶。
それで、ウィスキーソーダのグラスに少し浸けて冷やして食べてみたら、絶妙だった。
開けたら最後、一瞬でなくなる。
寝る前にでもお試しあれ。


 
“ROYAL” SEIZAN MIURA

■暦の上では…

こんばんは
ブリテンです。

コロナウィルスの流行でせっかくの春なのにプロ野球の開幕や新学期や新年度やお花見やそのあとの新緑の楽しみも台無しですね。いえ新緑は今まさにお楽しみどきですか。

wilberryも4.11のアコースティックライブ・橋本くんの誕生日スペシャルのために進めていたリハですがかなり良い完成度に持っていけてたのに発表出来なくて残念。でもはっしーのためのプレゼント動画をYouTubeに上げたよ。見てみて!↓↓↓

https://youtu.be/jT22NUkqIGc

バンドリハもスタジオ休業でできなくなってしまいましたがこの前頂いたエレドラでトコトコ練習をしております。地味な練習は普段出来なかったのでやり始めるとそれはそれで楽しいです。エレドラがなかったらスティックも握らなくなりそうだったからいいタイミングで頂けたなとほんとに感謝しています。

ここ数年自分の時間がほぼ無い日々でしたがさすがに世の流れには逆えずか日々のなりわいも幾らかの時間の余裕が出来てきてじゃあ何をするかというとこれといって有意義に時間を使うというわけにはなかなかいきませんね。怠惰な俗人間だと認めざるをえません。アマプラの映画のインデックスをパラパラしても見ようかと思えるものがない。映画は自分の時間の2時間を拘束されるのでその選択は慎重になりますよね。いろいろ悩んでめんどくさくなって結局フォレスト・ガンプを見ました。やっぱりいい映画。なんか図らずも今の時期に見るべき映画とも言えたかな。あと朝ドラのあまちゃんを全部見ました。すごく良かったよ。見てなかった人にはおすすめしたい。NHKオンデマンドの最終話はその年の紅白歌合戦に出てる部分がそのまま収録されていて見れます。どうしても東京に出て来れなかったユイちゃんが、鈴鹿さんの影武者だった春ちゃんが、紅白のステージに立つということは全編見たあとそれを見ると本当に涙が出ます。そしてアキちゃんとGMTの歌うディセンバーは可愛すぎます。松岡茉優さんや今話題の足立梨花さんもメンバーですので是非見て頂きたい。もちろん全話見たあとでね。

ここで告知を挟んでいつもブログは終わるのですが残念ながら今のところなし。まあでも感染症は1年以上続くことはないのでこの世の終わりではありませんよと僕の口からはっきり言いたい。例え運悪く手持ちのお金が無くなったとしても命さえあれば遅くとも1年後には通常の日々に戻れます。生きてこそだと僕は思います。

それでは次回ライブでお会いしましょう!

ブリテンでした。

■引越

こんにちは、安高です。

 

 

先月告知した通り、僕はこの度、チョー久し振りに引っ越しをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京に引っ越してきたのは2002年。最初に住んだのは目黒線沿線でした。
1Rのメチャクチャ狭い部屋でしたが、窓から東京タワーが見えるので、イナカ者のワタシは大歓喜でした。
近くに商店街も豊富で、今でもたまに遊びに行きたいくらい好きな街です。
今だから言えますが、大ファンだった某ミュージシャンが隣の隣に住んでいました。

 

 

次に引っ越したのは文京区。巣鴨の近くでした。
かの有名な「巣鴨地蔵通り商店街」まで徒歩15分くらいで、地蔵通りは毎日縁日をやっているような緩やかな雰囲気がお気に入りで、こちらもまた今でも足しげく通っています。
山手線の内側に家があったので、休みの日寝てるだけでも「いま俺の周りには山手線が周っている!」という謎の優越感がありました。
まぁ、若者の街じゃないので近くに住んでる友達は当時ほとんど居ませんでしたが。

 

 

そして次は田端。
ハッキリ言って何処にあるか都民でもよく分かっていないような駅でしょう。
駒込と谷中銀座が両方近かったので、生活は便利でしたけど、今にも崩れそうな古い家だったので、地震が来るたびにヒヤヒヤしてましたが。
ここは6年近く住んでいました。

 

 

そしてこの度のヒサビサの引っ越し。

 

 

 

 

 

 

 

東京に出てきてからだいぶ長い時間が経ちましたが、やっとマトモな「家」に住むことが出来たといった感じです。
築年数も新しくて日当たりも良いです。駅からも近くて買い物も便利。

 


もう少し落ち着いたら友達呼んで、ボードゲームとかして遊びたいですね。立派なテーブルも買いましたし。
キッチンも立派なので料理も頑張れます。部屋を汚したら申し訳ないので自然に掃除もするようになります。

 

 

僕は手続き大嫌い人間なので、こういう引っ越しの計画を立てるとどんどん面倒くさくなっていってしまうんですが、今回は面倒になる前に速攻で引っ越しキメました。

 

 

去年1年仕事もメッチャ頑張ったので、この家でまた気分を一新し、音楽も仕事も遊びも全力投球します。

 

 

------

 

 

ちなみに、現在はこの家からフル在宅勤務で働いております(このコロナ騒動が終わったらどうなるか分かりませんが)。

 

 

実は去年からは僕は「3年以内にフル在宅勤務」という密かな目標を掲げていたのですが、それがあまり望ましくない形で叶ってしまったことになります。

 

 

僕は、この騒動が起こる前から、満員電車に乗るのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。
あれだけ人間が詰め込まれていたら、人間の理性なんて簡単に吹き飛んでしまう。女性なら痴漢に遭ってしまうリスクもあるし、喧嘩を吹っ掛けられるリスクもある。
絡まれて殴られるだけならまだマシですが、自分の場合すぐキレるのでやり返して加害者になるのだけはまっぴら御免です。

 

 

なので「電車に乗らなくても済む人間は、極力乗らないようにしなければならない」という確固たる信念が自分にはあります。
自分が在宅勤務になり電車に乗らなくなれば、そのひとり分の席が空く。その分、どうしても電車に乗らなければいけない人に席を明け渡すことが出来る。
それを皆で繰り返していけば、今100%の満員電車をだいたい85%くらいには出来るはずで、それだけでもかなり満員電車における各個人の人生崩壊リスクは下がると思うのです。

 

 

そのために、数年前から在宅勤務を実現すべく、その為のスキルを伸ばし、それが実現可能な業種を狙っておりました。
その努力が、図らずも実ってしまったのが、ここ最近の僕です。

 

 

ウイルスが拡散して、医療にも経済にも悪影響を出してしまったのは良くないことですが、せめてこれで働き方改革(国が定めているものじゃなく、あくまで個人目線の)も進むと良いんですけどね。

 

 

とにかく、4月はwilberryのライブも飛んでしまったし、一度身をかがめて力を蓄える時です。

悔しいけどどうしようもないし、もうこの「どうしようもない期間」を楽しむしかない。

5月になったらまた放出しますね。

 

 

 


■国の混乱、私の混乱

こんな春の週末だってのに異様な日曜になってしまったね。世の中がこうなっちゃったんだから仕方ない、それに合わせて生きていく側面も確かにあるんだけれど、情報がぐっちゃぐちゃしていて、俺なんかはなにがなんだか分からなくなっちゃっています。しかも雪が降っているし。

 

百合子の会見を全編確認したわけじゃないんだけど、この週末はライヴハウスには個別に指導して自粛を要請するなんて話もあったの?それをされたら、流石にライヴハウスも休まざるを得ないよなぁ。でも演者は基本的にはライヴを演りたいですよ。ただ、家族に小さい子やお年寄りがいたら、感染させるわけにいかないからキャンセルするって気持ちもすごく良くわかる。家族と死にたい奴ぁいないですよ。

 

で、この週末のみの不要不急の外出自粛要請は実は何週間か続くって話もある。でも、これって週末だけやって意味あんの?って気もする。でも、しないよりはいいのか。でも、平日の電車の中の方がよっぽど混んでるじゃんか。

 

晋三も百合子も喜朗も東京オリンピックは「絶対に完全なかたちで開催する」「延期・中止はあり得ない」と強く主張してたのに、1日経ったら(ホントにたった1日で)、全員が「日本は延期を勝ち取った」「このまま今年開催するほど私たちは愚かじゃない」とか言っちゃって、何があったの、1日で????? もうホントついていけないよ。馬鹿なの?

 

PCR検査にしてもみんなが受けたら医療崩壊?そうなのか。まぁ、わからないわけじゃない。でも具合が悪かったら誰だって検査を受けて自分の状態を知りたいって思うのが普通な気もするよね。そして予想通り、オリンピック延期決まったら検査をだいぶ受けられるようになってきてるって話もある。

 

オリンピックはなんとしてもやりたいから、それまでは検査数を抑えて感染者数も抑えたかった。でも、延期が決まったからその必要がないし、むしろ増えた方が延期の決断が「よかった」ってことになる。ましてや緊急事態を宣言したりしてから終息すれば、この後で晋三が狙ってる緊急事態条項を含めた憲法改悪にも良い影響がある。選挙も勝てるって話も。ホントかどうかは知らないけどね。でもホントだろうよ。

 

いろいろあって、結局うちら国民はこんな時でもウィルスと共に利用されてるだけなのかもしれないね。すぐに忘れる国民が多いから、晋三の判断に失敗があっても選挙の頃にはみんな忘れてるかもね。

 

もうね、混乱が混乱を呼んで頭の中がパニックですよ。

 

で、4月11日の土曜日は下北沢ニュー風知空知でマドラスのハッシーのバースデーイヴェントだよ。この状況で再来週の週末、どうなるのかわかんないけど、スタジオでアコースティックセットでもうリハに何回か入ってるよ。開催されるかわからないからモチベーションの維持もなかなか難しいけど、新曲、カヴァー曲目も2曲やるつもりなんだ。カヴァー曲は結構知られてる曲だから楽しいと思う。第5のメンバーの同期は外して4人だけでやるよ。ブリちゃんは別の機材を使う。面白い。スターツ早いから要注意^^

 

 

4月11日(土)
会場 下北沢ニュー風知空知
~the MADRAS pre.~ Happy Birthday to me
出演 the MADRAS / wilberry / my funny hitchhiker
開場 16時30分
開演 17時00分
前売 3000円(D別)


| 1/36PAGES | >>