□CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■弱者

こんばんは、安高で御座います。

 

 

先日話題になっていた、東大の入学式での上野千鶴子さんの入学式スピーチを全文読みました。

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.html

 

 

これまでの人生を振り返ってみるに、自分は20代前半にバンドとともに上京して以来、「音楽界」という、実力だけがモノを言う極端な社会に身を置いています。

生きとし生けるミュージシャンは全員、100%実力主義の世界で生きています(実力とは、楽器の技術や曲作りの能力のほか、マーケティングのセンスやビジネスパートナー選びのセンス等も含む)。

 

 

僕も一応、昔に一瞬売れる兆しは見えたものの、残念ながら未だに馬鹿売れするには至っておりません。

しかし実力だけすべてを決する世界である以上、一切の言い訳は認められません。

弱いから売れていない。それ以上でも以下でもありません。

 

 

ただ、ずっとそういう世界に生きているせいか知らないですが、音楽以外のことをする時でも、とりわけ音楽以外の仕事をしている時などにおいてもまた、「実力第一!」の極端なマッチョ思考に偏重している自分がいることに気づきました。

 

 

例えば、僕は「最低賃金が安すぎる!」と言う人がいれば、国の定めた賃金に文句をつける暇があったら自分だけでもとっととスキルを身につけ、さっさとより良い賃金をもらえる別の仕事につけば良いという考えの持ち主です。

(安いと意思表明すること自体は良いことだとは思いますが)

 

 

前にも書きましたが音楽に全力投球しているからといって他のことを適当に済ますのは嫌いで、会社の仕事であれ何であれ全力で効率化をすすめ全力で結果を出します。

人間のやることは全部繋がっていますから、GuitarだろうがExcelだろうがProgrammingだろうが並列全力投球です。

 

 

その反面、実は大して強くも何ともない自分は、本当は弱者を思いやることが出来ていない人間なんじゃないか…と、ふと気づく時があります。

自分への言い訳を認めない生活をしているうちに、他人の言い訳まで一切認めない冷血人間になったんじゃないかと。

 

 

劣悪な環境で仕事をしていれば、周りにいろいろな変な奴が湧いてくるものです。

昔は今とは比べ物にならないくらいブラックな環境にいたので、変なオッサン達が常に周りにいっぱいいました。

 

 

たとえば部署のシフト管理をしている時「この日は僕はライブがあるのでシフトを空けますね」と言ったら、ある下っ端の50代男に「リーダーの癖に芸能活動を優先するな!」と言われたことがありました。

別にそいつのシフト希望を聞かなかった訳じゃないんですけどね。

 

 

ちなみにその男と業務用連絡を取る必要があり、電話番号を携帯に登録したらそいつのTwitterアカウントが連携されて、見に行ったところ、女性芸能人に執拗にクソリプしていたり、在日外国人に執拗なヘイトスピーチを繰り返しているようなやつだという事がわかりました。

そいつがある日通り魔をして新聞の一面に名前が出たとしても、僕は「ああ、やっぱりね」という感想しか起きないでしょう。

 

 

また僕より役職が上で給料も高いけど、とにかく仕事に一工夫が足りないせいで(自動化できるタスクを自動化しない etc.)、常に仕事が遅くイライラしていて、隙あらば部下にクダ蒔いたり女性蔑視発言をしたり、自分より弱いやつ見つけてはパワハラしているようなオッサンもいました。

 

 

僕は「音楽は世界を救う!」なんていうような事は夢にも信じていませんが、もしも仮に僕の音楽で世界を救えるとしたら、こんな奴等までひっくるめて救わなければいけないのか、という自問自答を最近よくしてしまいます。

金銭的なことは置いといてもこのオッサン共は全員圧倒的に人間として「弱者」であり、そういうヒトにも目を向けられなくて何がラブ&ピースか!?と。

 

 

ただどうしても、↑の上野千鶴子さんのスピーチを全文読んだ後でも、それを100%受け入れられない自分もいるんですよね。。

 

 

自分の周りには素晴らしい人達がたくさん居ます。

音楽で知り合った人も、けん玉で知り合った人も。本当に自分は人間関係的に恵まれていると思っています。

 

 

しかし、そこから外れている人を、俺は「人」と認識出来ているんだろうか?

 

 

俺もまだまだ修行が足りないな。と思った43の夜。


■50パーリー

もうね、音楽やってない時の生活はあまりにもつまらなくてつまらなくて死にそうなんです。逆に言うと音楽があって良かったって思うんだけれども。今日も昨夜久しぶりに結構飲んだので抜け殻だったってのもあるけれど本当つまんなかったな。。。

リハでもレコーディングでもライヴでもなんでもいいから毎日音楽に関わりたい。

 

昨日は本当に楽しかった。ハッシーとは同世代でちょうど誕生日だったのでそういうパーティーになりました。あんなにたくさん集まってもらえて良かったね。

 

近藤さんのバンドすごかったな。全員がいい人っぽいのに男気があって(ヒサヨちゃんも含めて^^)格好いい。そして曲が最高。あの「友達のうた」だっけ?泣けるなぁ。

 

大ちゃんの弾き語りも進化していて良かった。ぶっ飛んでたよ。大ちゃんみたいに音像に拘りがある人は弾き語りもバッチリだよね^^

 

そして我々はここ最近は登場SEもジョン・レノンの「GIVE PEACE A CHANCE」に変えて、初っ端から攻撃的に最大のテンションでやることを覚えました^^

01 bouquet
02 weekend shuffle
03 beautiful girl
04 i'm so sad
05 this boogie !!! (with hassy from the MADRAS)
06 read between the lines
07 nanana
08 Havana

 

相変わらず喋りすぎて押してしまってすみませんでした^^


そしてやっぱり新曲「beautiful girl」の評判が良すぎて嬉しいです。

the MADRASはバンドのレコーディング終えたばかりの典型的な絶好調具合が出てたね。バンドってレコーディングすると間違いなく成長するものなのよ。間違いなくこれからしばらくthe MADRASの好調は続くと思うよ^^

改めてハッシー、誕生日おめでとう。

 

 

そんなハッシーは俺の誕生日のためにも1日用意してくれました。誕生日の前日になるけれど7月20日に下北沢で弾き語りのイヴェントをやります。弾き語りはいつも1人でやるんだけれど、この日はスペシャルな感じにしたいのでwilberryのメンバー全員にも来てもらって色々面白い感じに歌とトークを繰り広げるつもりです。この日は是非来てね!


そして、そうだそうだ、レコーディングはミックス&リミックスが終わって、いよいよジャケットも完成。本当にブリちゃんは凄いエンジニアです。本気でエンジニアやればいいのに。

明日あたりジャケットも公開するね!これもまた最高なんよ、楽しみに^^

 

beautiful girl ep
01 beautiful girl
02 everyday holiday
03 coppelia ~ great britain mix ~

 

↓この日からライヴ会場限定販売開始です!

 

5月3日(憲)
会場 ザーザズー代々木
“スキップカウズ結成30周年シリーズ”
第1回「代々木ニヤーパーキング」
出演 wilberry / スキップカウズ / Zun-Doco Machine(水戸華之介+内田雄一郎)
開場 18時00分
開演 18時30分
前売 3200円(D別)

 


■4×5

ロイヤルです。こんにちは。
変わり目の4月。終わりと始まり。

ようやく昼間は暖かくなってきて、本格的に春らしい季節に入ってきたかな。いつもより遅いね。
太陽を浴びると気持ちがいい。
花粉もやっと落ち着いた気がする。
昨日はマスクなしで全然平気だったし。
朝晩はまだまだ肌寒いので、寒暖差で体調崩さないようにしてくださいね。


今年は、花見らしい花見にも行けてないなあ。
毎年、行っていた公園にも。目黒にも。
一度だけ、近所でベンチに座ってワイン開けた程度。
同じ場所にじっとしてるにはあまりに寒かったもんね。子供は逃げちゃうし。
今年の桜は、天気のせいか開花の足並みが揃っていなくて、満開の場所もあれば、まだまだ咲いてないところもあるみたい。
同じ一本の木でも、咲き終わってすでに新芽が出ているところと、これから咲きそうなつぼみが混じってたりもして。
そんなこともあってか、今年の桜にはなぜだか気持ちが全然動かない。一番好きな季節のはずなのに。
なぜか桜でテンションが上がらない。

咲き始めた頃から気になった違和感。
なんでだろか。
あまり花見をしたいという気分にならない。


一斉に咲いて、圧倒されるような桜を見てないからなのか。それとも去年はちょうど今頃に具合が悪かったから、本能的に記憶と桜がリンクしてるせいなのかなあ、なんて考えてみたけど、原因はやっぱり不明。
スッキリしたいところ。
先月からまだずっと眠いもんな…。
いい加減、そろそろ起きなきゃ。

もしや花粉であまり外出してなかったからか?
セロトニン不足か?
マスクを捨てよ、町へ出よう。
そうかもしれない。


wilberryは、レコーディングも順調に進み、更新されるブリさんのミックス音源を何度も聴いているところ。
毎回言ってるけど、回を増すごとに完成度が上がっている。すごい。
早く聴いてもらいたいです。
タイトル曲も決まりました。
期待しておいてください。


更なる新曲も前回のリハーサルで随分と形になってきた。方向性が決まれば、もう完成したも同然。
また名曲になりそう。嬉しい。
個人的には春の終りな印象の曲、かな。
ラストダンス感。
まだ歌詞がないから、勝手な俺のイメージです。
答えはなんだろな。


新年度一発目、そして平成最後のライブは、
4月11日木曜日の夜に、下北沢 CLUB 251 にて。


もう来週です。

前回の代々木ザーザズーのライブもなかなか調子良かったんじゃないかなと思ってるので、その勢いでいけたらいいな。
ジョウさん、清志郎みたいだったしな。
絶好調だった。



さて、本日も夜はリハーサル。
よろしくお願いします。




“ROYAL” SEIZAN MIURA


■wilberryのニューリリース情報ここだけ

こんばんは、ブリテンです。


5月に発表する曲のミックス作業を日々の合間に仕上げている今日この頃です。
曲は新曲"Beautiful Girl" "Everyday Holyday"そして"〜〜remix"の3曲。メンバーのみなさんの頑張りでなかなか良いプレイが録れていまして完成が楽しみ。
パソコン強化もあって今回初めて24bit96kHzでの録音でした。毎回セルフレコーディングでいろんな発見があるわけですが今回は目新しいところでローパスフィルターとかゲートとかイコライザーとか適切に使えるようになりました。あとマスタリングのときのディサーとかも。
ミックスしたものを日中車で聴きながらあそこをああしてここをこうしてと考えをまとめて夜に作業、この繰り返しでやってます。
実は締め切りも近づいてきてましてそろそろゴールにしなければならないのですがリミックスが、脳内にはあるものの実体がまだ無い状態でwまー頑張らんといかんわけです。

新しい音源を引っさげ5月のゴールデンウィークにはあちこちライブに廻る予定!実に楽しみです。今年のwilberry一皮向けたところをたくさんの人に見てもらいたいな。

さしあたって次回のライブは、

2019.4.11 (Thu.) @下北沢CLUB 251 “ like a stardust ” -spring- at 下北沢CLUB251 出演 : wilberry / the MADRAS / 近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション / 奥村大 DJ : ume-rock open 18:30 / start 19:00 adv ?3,000(+D) / door ?3,500(+D)

となっております。またもや豪華対バンで嬉しいかぎり。是非ライブにお越しくださいね。


桜と花粉症の季節ですが案外冷えますので皆さまお体大切にね!

ブリテンでした!

■走破

こんばんは。安高です。

 

 

実は最近ついにジムに通いだしました。
家の近所のジムでキャンペーンやってたので、それをキッカケに通うことにしました。

 

 

 

まぁ、人生で一回ぐらいジムでトレーニングする人生を歩んでみたかったので。

今のところ、まだ筋トレするマシンは使い方がよく分からないので(トレーナーは付いていない)、ルームランナーしか使っていないです。

 


自分も割と走るのは好きなんですが、走ろうと思った日に雨が降ってたり寒かったり暑かったりするともう完全にやる気がなくなるので、天候に左右されないで走ることの出来る環境が欲しいとはずっと思ってたのです。
今の時期は外に花粉も飛び回ってますし。
家から徒歩2分の場所にあるのも良いですね。

 

 

あと外で走ったりすると、動画とか携帯はもちろん、音楽を聴きながら走るのも危ないじゃないですか。
室内で走るなら、音楽聴きながらだったり動画観ながら走れるのも魅力だったりします。

 

 

最近は走るときは「仮面ライダージオウ」の過去放送分を最初から観ながら走るか、自分が出演しているYouTube番組「東京人狼Live」のアーカイヴを観ながら走るか、このどちらかですね。

 

 


疲れたらちょっとペース落としてiPhoneでTwitter見ながら歩いて、またちょっと経ったら走りを再開してます。

 

 

ま、今のところ4月までは契約してるので、それまでは精一杯走りたいものです。

 

 

-----

 

■最近気になったニュース

 

 

舛添氏炎上発言の真意「道徳国家に芸術は開花せず」 
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55812 

 

 

最近流行りの「逮捕されたから●●自粛!」みたいな風潮はクソofクソなことには間違いないけど、
「道徳国家に芸術は開花せず」 ってのは素直に賛同出来ないです。

 

 

なんだか今が極めて不寛容な時代になったような言われ方をしているけど、音楽史を見る限りでも、不寛容は別に今に始まったことではない。

 

 

Elvis Presleyがテレビに映るとき、腰の動きがSEXを連想させると言われて下半身を映さないよう編集されました。
エレキギターを持ったBob Dylanがニューポート・フォーク・フェスティバルでブーイングを受けたりもしました。
CarpentersのGoodbye To Loveのギターソロがバラードなのに歪み過ぎているという理由でラジオでかからなくなりました。

 

 

現代では外野がとやかく言うのは有るにせよ、音楽に関してはありとあらゆる表現のパターンが出尽くしたというのもあって、表現のパターンに対する寛容はむしろ良くなってきていると思います。
どんな過激な表現でも受け止めるだけの下地はあるし、今はネットが発達した情報社会なので他の芸術にしても恐らくそうでしょう。

 

 

19世紀のフランスは、物理的な死を以って芸術を抑止していたということになるが、今の世の中、どんなに極端な芸術を展開したとしても命まで取られることはない。
ハッキリ言って、道徳ごときに抑止される芸術なんて、僕らにとっては何の価値もないんじゃないかと思う。

 

 

僕らが心動かされる芸術家は、そんな事とやかく言う前に、ただ表現をしてますから。
真の芸術は道徳なんかに干渉しないんです。

 

 

-----

 

 

そして今日はコチラ!

 

最近録音した2曲の新曲も含むセットリストで、今日も最後までブチかまします。
よろしくお願いします。

 

2019.3.22 (Fri.) @Zher the ZOO YOYOGI
“3月のハレチカ<day 2>”
at Zher the ZOO YOYOGI
出演 : wilberry / LOOP LINE PASSENGER / aeronauts / 27<HATANANA>
open 18:30 / start 19:00
adv. ¥2,700 (+D) / door ¥3,200 (+D)
 


■手抜きじゃないぞ

さて、wilberryはレコーディングを始めています。ひとまず2曲歌い終わりました。絶好調。というか、メンバーだけのレコーディングにいよいよ慣れてきていて、今までで一番順調に終わりました。遊び心も混ぜて^^

 

なんとか5月までに仕上げて盤にするつもりです。いつものようにwilberryの”頭脳”BRITAINによるrecordingとmixです。プラスもう1曲前作同様リミックスも収録して3曲入りにする予定です。これからジャケットもデザインして業者に出さなきゃいけないし、色々と大変で忙しいのです。そんなわけで、今回は手抜きのブログ、というかこれが一番大変なんだけれど、歌詞をお楽しみください。今回もシングルなので歌詞はCDにつけない予定ですので^^

 

曲順はどうなるかまだわからんけども。

 

 

 

 

 

BEAUTIFUL GIRL

 

誰もがこう言った「あのコはイかれてる」
休み時間もずっと 孤独な少女
ビューティフル・ガール ビューティフル・ガール

 

オレはあのコに言った「気分はどうだい?」
あのコはオレに言った「ひどい世の中ね」
ビューティフル・ガール ビューティフル・ガール

 

エヴリデイ エヴリナイト 離れていても
エヴリデイ エヴリナイト 広い広い空を
同じ時に見上げてる つながってる 好きなのさ

 

毛布にくるまって 震えているから
仕込んでおいた笑いで あったまろうぜ
ビューティフル・ガール ビューティフル・ガール

 

救いのないこの世界で やっと生きて来れたのは
変わらないその瞳が 嘘を見抜いてたからさ

 

エヴリデイ エヴリナイト あのコとふたりで
エヴリデイ エヴリナイト 広い広い空で
エヴリデイ エヴリナイト 両手をつないで
ふわりふわり泳いでる つながってる 好きなのさ

 

好きな映画みたいな 恋じゃなくても
好きな服を選んで 町へ飛び出そう
ビューティフル・ガール ビューティフル・ガール

 

 

 

EVERYDAY★HOLIDAY

 

オトコは金さえあればいつもノリシオをやってる
オンナは暇さえあればやたら足を開いてる
街は動いていくんでしょう お日さま昇ってく

 

イヤなことは忘れちゃってパーティで踊っちゃう
EVERYDAY HOLIDAY

 

甘い匂いでぶっ飛んでく まるで魔法みたい
真夜中前に真面目に帰るヤツは阿呆みたい
EVERYDAY HOLIDAY

 

総理はご飯論法で欺いて外遊へしけ込む
信者があとで老人を騙して金を巻き上げる
それで回ってるんでしょう お日さま昇ってく

 

イヤなことは忘れちゃってパーティで踊っちゃう
EVERYDAY HOLIDAY

 

甘い匂いでぶっ飛んでく まるで魔法みたい
真夜中前に真面目に帰るヤツは阿呆みたい
華奢な体をくねらせて 強くホールド・ミー・タイト
ハメ外してふしだらに毎日遊んでいたい
EVERYDAY HOLIDAY


甘い匂いでぶっ飛んでく まるで魔法みたい
真夜中前に真面目に帰るヤツは阿呆みたい
華奢な体をくねらせて エロくホールド・ミー・タイト
ハメ外してユルユルに毎日遊んでいたい
EVERYDAY

 

聖者は聖書を書き換えて平和と安心を世に説く
ロケットをGO! ミサイルをGO! 放射能を垂れ流す
地球は回っているでしょう お日さま笑ってる

 

大事なことから逃げちゃってパーティで踊っちゃう
EVERYDAY HOLIDAY

 

今日もパッパラッパ
今日もラリラパッパ


■3000kg/2000m

こんばんは。
ここんとこ、とにかく眠いロイヤルです。

眠くて何もできない。
こんな日にはアレがないとどうにもこうにも…。
またまたやってきましたこの季節。
手持ちのタマが切れちゃうので、一昨日に二ヶ月分まとめて仕入れてやりました。


クスリをね。



花粉のね。



雨でもツライ日もあれば、晴れてても全然平気な日もあって、どうしたらよいやら。
くしゃみも困るんだけど、鼻水もつらいんだけど、それより。
クスリのせいなのか、目が腫れてるからなのか、鼻づまりで睡眠が浅いのか、はたまた全部か。
朝から晩までもんのすごい眠い!
まぶたが完全に開いとらん。
長めに寝たとしても、起きた瞬間からまた眠い。
つらすぎる…。


どうしたらいいんだろ。
ずっと寝てたらどうなるんかな。
春眠とはよく言ったものだな。
最近コーヒーをあまり飲まないから、また飲み始めたらいいのかしらね。
そしたら、抗アレルギーとカフェインでもうわけわからんな。
何かいい対策ないやろか。



去年も一昨年も、今頃の時期のブログをちょいと見返してみたら、同じようなこと書いとる。
大して進歩してないな。
この間の渋谷HOMEのトーキングライツのMCでもそんなこと言ってたけど、またすぐに春が来て夏が来て、そんな風に一年はあっという間に過ぎるんだろうな。
迷ったり考えたりする暇がないくらいに。


40を越えると、平均寿命的には半ばは過ぎてしまったわけだけど、これからの時間を短いと感じるか長いと感じるかは自分のサジ加減だわな。
同じ一日でも、長く感じる時と短く感じる時はあるからね。
一ヶ月、一年単位でもそうなんだろう。 アンテナ伸ばして、ココロが動くように生きていたいもんだ。
それを誰かと共感できれば、それもまた良し。


それはそれとして、トーキングライツ最高だな。
アルバム楽しみ。
対バンすんのほんとは嫌なんだよな、あんなのビール飲みながら観られないなんて拷問だー。
あ、ウチの出番が先ならいいのか!
またよろしくお願いしますです。



wilberryは、ゴールデンウィークに向けて、もうすぐちょいと録音しますよ。
もちろんブリテンエンジニアでね。
5/5の大阪遠征はもう決まってる。
手土産に音源持って行けたらいいな。
詳細はしばしお待ちを。
せっかくだから、その前にも別のとこに寄れたらいいなーなんて画策中です。決まるといいなあ。
まあ、しばしお待ちを。


新曲も、できたらすぐにとりあえずライブでやる。
で、ようやくバンドと聴いてくれた人のものになっていく。
いつもわざわざ観に来てくれてありがとうございます。ありがとう。

早くまたライブしたい。
次回は3/22、代々木ザーザズーにて。
これまた飲みたくなるメンツです。
負けてられんわ。




明日も天気いいらしいね。
さて、何をしよう。


“ROYAL” SEIZAN MIURA

■日曜日は渋谷HOME!!

こんばんはブリテンです。

この週末の日曜日はwilberryライブ! 場所は渋谷HOME!! 渋谷HOMEは宮益坂を登っていくんだよ!!

NEWアルバムが完成したtalking lightsとのスペシャルなライブ!wilberryも負けずと新曲初公開もあります。もしかしたらのちの世界的名曲の初演が見られるチャンスかも知れませんので、なんてw

この週末の日曜日は3月3日。耳の日だし雛祭りだし東京マラソンもありますし皆さんもそれなりにお約束もあるかも知れません。しかし対バンtalking lightsもThe Broken TVもかなり素晴らしいバンドですし渋谷HOMEはこじんまりしたハコにもかかわらず出音はかなり気持ちいい。見てみるとめちゃくちゃバンドが近いのでどこで見ても特等席!ぜひ来て見て聴いていただきたいということなのです。

気合十分で挑みます(^^)??渋谷HOMEでお会いしましょう!

3月3日(日)
会場 渋谷HOME
"HOME11th memorial MOSA"
出演 wilberry / talking lights / The Broken TV
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 2500円(D別)


本日のリハ風景




■四三

こんばんは。安高です。

 

 

いやー、すっかり春ですね。(2/20現在)

もう春になったし、そろそろ新しいステージ衣装が欲しくなった今日この頃です。

どんなのがいいですかねー。

 

 

そして、先日2/20の吉祥寺GBに集まって下さった方々、有難うございました。

 

 

ライブでも言いましたが、今年はとにかく新曲のクオリティがメチャメチャ高い!

20日も新曲やりましたが、もう1曲制作進行中の新曲もメチャ良い曲なのです。

早くもまた去年のbouquetに続いて、シングル曲また出したいなーなんて思ったり。

 

 

そんなwilberry、次のライブは3/3(日)です。

今回のwilberryインフル禍を唯一サヴァイヴした、このワタクシの「誕生日」でもありますw

 

 

場所は渋谷宮益坂の上の方にある渋谷HOMEです。

そのもう1曲の方の新曲もやれたらいいなーと思っております。

 

 

そして共演がtalking lightsとThe Broken TVなのも最高!

いま一番共演したい人たちとの3マンです。

 

 

あまりに最高なのでこの2組のMVもリンク貼っておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、マジで最高。楽しみ過ぎる。

ライブ観る前にこの2曲を聴いておくと、よりイヴェント全体を楽しめるでしょう。

絶対予定空けておいて、遊びにきて下さいね〜。

 

 

2019.3.3 (Sun.) @渋谷HOME
“HOME11th memorial MOSA”

at 渋谷HOME

出演 : wilberry / talking lights / The Broken TV

open 18:30 / start 19:00

adv. ¥2,500 (+D) / door ¥2,800 (+D)

 

------

 

 

全然関係ないんですが、2019年に入ってからワタクシの普段の買い物も、急速にキャッシュレス化・携帯決済が進んでおります。

最近はPayPayも導入したし。

アプリ入れて口座登録しただけで1000円分チャージされたので、今度ソレで近くの担担麺屋さんに行こうと思っております。

 

 

あと、よく行く有楽町のファミマのセルフレジも、最寄りのNewdaysのセルフレジも、iPhoneかざすだけで数秒で買い物出来てメチャ携帯決済と相性が良い。

どうせお茶とか買うだけだし、わざわざ店員さんの手を煩わせることも無いし、テクノロジーの進歩ってすげーなー、と。

レジめっちゃ並んでるのに、まだセルフレジ使う人の方が少ないのは不思議です。

 

 

なんか最近「セルフレジは人の温かみが無い」というお年寄りの新聞投稿を読んだけど、

やれることは自分でやって、レジ渋滞をちょっとでも解消させようと動く方がずっと「温かみ」だと思うんですよね。

 

 

未来ある青年が必死で働いている横で、金も時間も持て余した老人が、したり顔で不相応な温もりを求めてきて、店員さんはイヤでも答えなきゃならなくて……そんなのは、全然温かみでも何でもないけどね。

 

 

…そんな訳で今や、スタジオ練習の時くらいしか現金を持ち歩かなくなりました。現金恐怖症。

リハーサルスタジオも携帯決済できるようになればいいなー。

 

 

あと、よく行くライブハウスのドリンクカウンターとかもw

一番金勘定が甘くなるのは、ライブハウスでキャッシュオンで飲んでる時だからなぁ。

 

 

 

では、3月にお会いしましょー。


■みなさん、お気をつけて

高円寺HIGHで近藤さんのバンド、Madras、GRiPを観に行ったのが1月30日でしたかね。良いライヴでした。Madrasはリコ君がこの夜ギタリストデビューして、男前具合をステージ上手前方で発揮してたし(しかもギターもうまい)、近藤さんバンドのパーカッションのピロさんに久しぶりに会えて嬉しかった。また、レコーディングでお願いするかもーって頼んでおいた。

 

お客さんも上の楽屋もまぁまぁ人がたくさんいたので、たくさんの人と接した。その時かなぁ。。。

 

ビールを2杯くらい呑んで、帰りは電車で。電車が少し遅れてたから遅い時間なのにまぁまぁ人が乗ってて混んでいた。つまりたくさんの人と接した。その時かなぁ。。。

 

 

途中の駅から自転車に乗りかえ。家まで5キロの道のり。かなり寒かった。その時かなぁ。。。


翌1月31日、起きたらちょっとだけ喉痛い。でもちょっとだけだったからそのままやり過ごす。念のため日中はマスク着用(大嫌いだから普段は絶対にしないんだけれど)。

 

夜は下北沢のスタジオでwilberryのリハーサル。普段は下北沢まで自転車だけれど、この日は雨だったから電車で。スタジオでは、朝の喉の痛みも落ち着いていたからマスクも外して元気に新曲作り。いくら歌っても声の調子も特に問題なし。23時に終わって電車で帰路へ。

 

しかし駅でメンバーと別れたあと、ガクーンと突如倦怠感が。。。ダルい。。。急激に身体中の関節という関節が痛くなってくる。渋谷での乗り換え時は既にグッタリ。。。

 

自宅最寄駅に着いた頃には歩くのがやっとの状態に。。。

 

「これは絶対にイカン奴だ」と思い、帰宅後は顔だけ洗って、何もせずにベッドイン。とにかくたくさん寝て何とかしようと。。。

ところが倦怠感が酷すぎて全然眠れず。2月3日に弾き語りがあるからとにかく寝ねば、という焦りも合わさって逆に眠れず。。。な、なんとそのまま朝。

 

もう、朝になったら体がダメすぎる。。。頭がグワングワン痛い。「これが今流行ってるアレなのか。。。」と思いつつ、隣りの医者(自宅の隣りが医者ってこういう時ベン・リー)に8時に向かう。受け付けはまだ始まってないみたい。。。処方箋薬局のねえさんに「何時から受け付けでしたっけ?」と尋ねると8時半ですよ、どうしました?大丈夫?」「あ、ああ、たぶんアレですわ。。。」と答えて一旦帰宅。30分待つのも辛い。。。横になって30分待って、這うように再度隣りへ。8時半ジャストに行ったの2番目。。。

 

「順番回ってきたら電話ください。。。」(隣りだからいつも許される方法、ありがたい)と言ってまた帰宅。

9時過ぎに電話が鳴ってまた這うように医者へ。熱を測る。38.8℃。病室に入って症状を言って直ぐに鼻に綿棒を突っ込まれてアレの検査。15分ほど待つ。待っている間は座っているのも辛かったため、ベッドで休む。先生の奥さんが「ジョウさん、多分アレでしょうね。。。アレだったらお休みしなきゃダメよ。ウフフ」と。。。

 

「あ、はい。。。」

 

 

 

 

 

 

 

 

結果発表!

 

「ジョウさん、やっぱりそうでした。インフルエンザA型。お大事になさってね」

 

 

人生初感染。。。


薬局で鼻で吸う白い粉を貰って家で吸引。


とにかく辛すぎで動けない。今までの人生で殆ど経験のない食欲不振。そしてグワングワン頭痛。ブロンディ篠原にLINEして2月3日のイヴェントキャンセルを伝える。。。すまない。本来だったらすぐその日のうちにキャンセルのコメントを書くべきだったけれど、とても文章なんか書けず。その日はただただ寝る(寝不足もあったので)。


昼も夜もわからない状態で何度かトイレと水分補給で目を覚ましたけど、ずっと寝てた。ちゃんと目覚めたのは翌朝。

やっと熱もあとちょっとで平熱ってとこまで下がった。そして昼には平熱になって頭痛もおさまった。

 

 

 

長かった。。。あと10年歳をとってた死んでたんじゃないか???

 

 

 

どうやらインフルのピークは過ぎた様ですが、皆さん、ホント、気を付けて。


| 1/30PAGES | >>