□CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■in Tokyo

これからhyukohを観に行ってきます。

まさか、今年2回も観られるとは思わなかったな。うれしい。

要は、久しぶりにブログに書いてしまいたいほど、楽しみだってことです。

誰か行くひといるかしらね。
急がなきゃ。

“ROYAL” SEIZAN MIURA

■Theピーズ 日本武道館公演まであと5時間!

さっき、あと6時間と思ったら急に緊張してきたロイヤルです。
そんでもって不定期ブログです。

 

 

 

一昨日、wilberryのアルバムの最終ミックス作業中に、ピーズ完売の知らせが届く。

 

 

昨日は、マスタリング。とうとうアルバムが出来上がる。

 

 

 

そして今日。

 

6/9、30周年記念日。

 

The ピーズ 日本武道館公演!

 

 

なんだよ、最高だな。

 

 

前売はなくても、当日券が出るみたい。
間に合うひとは、あきらめない方がいいと思う。
http://thepees30th.com/ticket/20170609.html

 

 

 

朝から、昨日仕上がったwilberryの音源を聴いていました。
ご期待下さい。夏あたりには聴いてもらえるかなあ。

 

 

明日は、wilberry 下北沢CLUB Queにてライブ。
武道館の余韻を下北に持ち込めるかな。
二日酔い、いや酔っぱらってたらごめんなさい。
今日ばっかりは仕方ないのだ。

Queでもまた乾杯しましょう。

 

 

ではみなさま、会場で。

あと5時間・・・。

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■あなたへのおすすめ

ただいまです。ロイヤルです。

 

先ほど、リハから帰ってきたとこです。
ここ3回のリハは、みっちり新曲のアレンジを。
今日でほぼ完成形が見えました。いやー、良かった良かった。
前回のリハはちょいと煮詰まってどんよりしてたからねー。
おそらく、6月のライブでお披露目できるのではないでしょうか。
ちょっと5月はたまたまライブがなかったもんで、ウズウズしております。
来月は都内だけですが3本あるのでね、スケジュール確認願いますよ。
まずは6月3日、代々木ザーザズーです。
どしどしチケット予約お待ちしてます。

 

 

ここ一ヶ月の間で、たまたまYouTubeで観てハマったMVが2曲ありました。

 

 

前半はこれ。

レキシの「KATOKU」

 


YouTubeバージョンらしく、曲の途中でインタビューが入るので最後まで通して聴けないのがちょっと残念なのですが。
ギターもシンセも音色が80’sな雰囲気で、曲に合わせた映像の粗さも縦横比も懐かしい。
なんだこりゃ、と思ってたら、出だしの歌詞がまるで英語のように「世襲制!」
うーん。歌ってる表情も含めてもう最高ですね。


歌詞の意味を気にしないように聴いたとしたら、普通に耳障りのいいキャッチーな曲なんだけど、サビでまたやられました。
「KATOKU」て家督だったのね。跡継ぎ。
おまけに「皆も納得してくれてるから」って。面白過ぎる。
よくよく聴けばそれだけじゃなくて、ちょっとジンとくるという。
いい声に、いい曲だなあ。ついつい繰り返し観てしまいました。
細かいところのこだわりが凄いわー。

エンディングの音の切り方とか、動きと音のズレ具合も確信犯的で。
MV自体はジャーニーのパロディのようですね。比べて観るのも面白かったです。

 

 


後半はこちら。

岡崎体育の「感情のピクセル」

 


最初観た時はラウドロックのパロディなのかと思って、岡崎体育ってこんな曲もやるのかーぐらいだったのですが、曲の途中から様子が変わってきてトランシーバーとか出てきて笑いながら観てたら、サビでいきなりひらがなとカタカナだけに。

 

え? えー!!

 

始めは笑ってただけのはずなのに、今や大好きになってしまい、ついつい電車の中とかでも観てしまう有様。

なんだこの中毒性…。
一緒に歌いたい、踊りたいわー。
どうぶつさんたちだいしゅうごうだわいわい。
サビもかっこいー。コーラスもかっこいい。わいわい。
全体に「ou」の母音の発音がよく出てくる気がするけど、その言い方もそれぞれ違って気持ちいいなあ。
ラップ的というか、全体的に言葉のリズム感が素晴らしい。
「思いやりという名の道徳的価値の再認識」の部分も、メロディー・ハモり含めて秀逸。

 

なんだか、最初に映像が公開された時に少し物議を醸してたようですね。
某バンドのMVに似てるとかで、ディスってるんじゃないか、とかそんな感じで。
本人もTwitterで弁明せざるを得ないような状況になったみたいで。
そんなことで騒ぎたてるなんてアホちゃうかと思いますわ。しょうもない。
最近こういうのひどいすな。一人文句言い出したらなんでもすぐ炎上みたいな。
何なら前もって全部注意書きしとかんとあかん、みたいな。


音楽なんだから、楽しめなければ聴かなきゃいいだけなのにね。所詮好みの問題やし。
これに関しては、まず曲そのもののクオリティが高すぎる。

パロディとか言ってるレベルじゃないわ。
普段はほとんど聴かないタイプの曲調だけど、演奏もアレンジも映像もセンスが光っていて素晴らしいと思います。

 

 

それにしても、どうぶつさんたちの動きがかわいすぎるな…。
うんぱっぱのぶんぶん。
うさぎの着ぐるみ着たい…。
おなかぽんぽんぽんのやっほー。
どうかワニさんもなかまに…。
もしかして曲じゃなくてどうぶつさんたちが好きなだけなんだろうか…。

 

wilberryも次回制作のMV、着ぐるみってのはどうでしょう?

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA

 

 

 

 

 


この間、原因不明でお腹の調子が悪く、初めて二日半くらい絶食しました。
たまには悪くないですね。
これからの季節、みなさまもお気をつけ下さい。

 


■あるべき姿

こんにちは、ブリテンです。
wilberry今月はライブがありませんがいろいろとリハしたりアルバムのミックスやらマスタリングやらリリースに向けての準備を進めております。

昨日はリハでしたがまた新しい曲を作ったりしてました。手探りにアレンジ決めていくのは楽しいです。あるべき姿に曲をしていくということです。ドラムに関してはドンパン叩くだけなのでたいしたことではありません。テンポが決まれば半分は仕事が終わったということ。僕だけテンポクリックを聴いてアレンジを進めます。演奏して録音してみんなで聴く、を延々やります。やってる感じと聴いた感じは違うので確認は重要です。
そんな感じでスタジオ3回分くらいかけて曲をもむと結構いい感じになります。wilberryの場合はね。wilberryのみなさん何気に達人ですからね。
僕はもともとバンド始めた頃からアレンジの骨組みを打ち込んできたりしてたし、曲を作るとなると何かと準備が大変なものなんだけどwilberryはスタジオいくだけで曲ができる。実に素晴らしいです。

この7月に僕はとある資格試験をうけるのですがかなかの勉強量が必要で日々やっている今日この頃です。音楽的な何かではないところに本気をだすのは30年ぶりくらいなのでいろいろ違和感がありますが勉強してわかってくると楽しいですね。

ライブは近いところで以下の通りでございます。遊びに来てね!


?
6月3日(土)
Zher the ZOO YOYOGI
出演:wilberry/JET THUNDERS/ASIRO/他
開場:18時00分
開演:18時30分
前売:2400円(1D別)
当日:2800円(1D別)
?
6/10(土)
下北沢 CLUB QUE
the MADRAS & NUDGE'EM ALL presents"GIVE ME UP"
the MADRAS
NUDGE'EM ALL
Guest: wilberry
開場18時00分
開演18時30分 
前売:2800円(1D別)
当日:3300円(1D別)
?
6月21日(水)
吉祥寺 Rock Joint GB
ROCK JOINT GB 9th Anniversary
出演 wilberry / GONDABAND / NOWHERE
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 3000円(D別)
?
?

■金銀

おはようございます。
カツカレーを喰える時には喰わないと負けと思っているヤスタカです。

 

 

 

 

 

 

 

いや〜。やっとゴールデンウィーク終わりましたね。

 

 

 

9連休?んなもん知らんがな!!
あれですよ。人が休んでるときに休んでたらいかんですよ。
遊びに行ったって混むだけじゃないですか。
街歩いてたって、歩きスマホする輩に正面衝突するだけじゃないですか。
こういう時こそチャンスですよ。
やっぱ人間こういう時こそ働かないと。金稼がないと。

 

 

 

私ですか?ずっと寝てましたよ。
だって5月はwilberryライブ一本も無いんですもの。
レコーディングも全部終わりましたもの。
あー、アキバヨドバシくらいかな行ったのは。
断線しかけたアダプターの代替品買ってラーメン喰って帰ってきただけですが。

 

 

 

まあそれはそれとして、6〜7月は今月ライブ無いぶんいっぱいライブやるので、今から楽しみにしていて下さいませ。
どれもスゲー濃いから震えが止まりませんね。

 

 

 

2017.6.3 (Sat.) @ Zher the ZOO YOYOGI
出演 : wilberry / JET THUNDERS / ASIRO / and more….

 

 

2017.6.10 (Sat.) @ 下北沢 CLUB Que
the MADRAS & NUDGE’EM ALL presents “GIVE ME UP”
出演 : the MADRAS / NUDGE’EM ALL / wilberry

 

 

2017.6.21(Wed.) @ 吉祥寺ROCK JOINT GB
ROCK JOINT GB 9th Anniversary 〜 69 Paradice
出演 : wilberry / GONDABAND / NOWHERE

 

 

2017.7.17 (Mon./祝日) @ Zher the ZOO YOYOGI
スキップカウズ presents「地下日焼け祭り」
出演 : スキップカウズ / MAGUMI AND THE BREATHLESS / wilberry

 

 

 

やっぱり、人間やりたい時にやりたいことをやっておかないと、いざ「やろう!」って思った時に何も出来なくなってるかもしれないので。全力で行くしかないです。

死ぬまで娯楽に生きます。
よろしくねん。

 

 

 

 

 

 

腹減ってきたぞ!


■はい、黄金週間

さてまた絶好調のwilberryのヴォーカル担当のジョウです。

 

レコーディング作業は録音が完全に終わって、黄金週間明けにはいよいよミックスダウンの作業に入ります。もちろん実際に作業をするのはエンジニア氏なので、我々はその作業をしてもらう前にエンジニア氏にどんなサウンドにしてもらいたいのかをリクエストするのです。いままさにそのリクエストをまとめているとこです。
ただ、いまの状態がいわゆるラフミックスの状態(録音したままの音で各パートのバランスを軽く整えただけ)なんだけど、ホントにこのままでも、十分に聞かせられるレベルです。俺の人生の最高傑作になります。間違いない。これ以上のものを作れる自信がないぜ。

 

バンドはいま絶好調の状態なので、ライヴもジャンジャン誘って貰っているので、お誘い合わせて遊びに来てくれよー!

 


そんなわけで、黄金週間、いかがお過ごしでしょうか?わたくしはちょっと久しぶりの千葉の実家に帰ってました。

特に何もするつもりもなく帰ったんだけれど、今回は久々に歩いて10kmの温泉に行ってきました。うちは我孫子市内なのだけど、隣の柏まで。10km歩く!?って驚く人もいるようですが、去年まで1日おきに8km走ってた身としてはこんなのどうってことはないのです。足の様子を見ながらたまに走ったりして予定通り90分で到着。なかなか大きな温泉で、昼前に着いたのに結構混んでました。濃〜い温泉にゆっくり浸かっていたら、背後でジイさん二人が素っ裸で話しているのが聞こえてきたので、よくよく聞いてみたら「カール・ヴィンソン」と「伊藤ハムと日本ハム」と「靴のサイズ」と「娘婿」と「日焼け」の話をお互いの話を全く聞かないで、お互いが一方的に話していた。聞いていたら湯あたりしました。

 

体調はというと、正直よくわからないのですが、先月の診察では先生は『良くなってる』と仰っておりました。俺としては???って感じなんだけど。見た目は相変わらず両足とも紫斑だらけだし、痺れも全然取れないので。ただ、痛みはここ1週間なくて、なかなか良い感じです。このまま治るといいんだけれども。とにかく早く治してランニングを復活させないと太る一方だぜ。

 

では、まずは6/3に代々木で会いましょう^^

 

6月3日(土)

Zher the ZOO YOYOGI

出演:wilberry/JET THUNDERS/ASIRO/他

開場:18時00分

開演:18時30分

前売:2400円(1D別)

当日:2800円(1D別)

 

6/10(土)

下北沢 CLUB QUE

the MADRAS & NUDGE'EM ALL presents"GIVE ME UP"

the MADRAS

NUDGE'EM ALL

Guest: wilberry

開場18時00分

開演18時30分 

前売:2800円(1D別)

当日:3300円(1D別)

 

6月21日(水)

吉祥寺 Rock Joint GB

ROCK JOINT GB 9th Anniversary

出演 wilberry / GONDABAND / NOWHERE

開場 18時30分

開演 19時00分

前売 3000円(D別)

 

 


■Freak Out

 

曇り空の昼過ぎ、地下にリハーサルスタジオのある白い商業ビルを通りがかった。
表通りには面してなくて、周りは静かな場所。
建物の前には、濃い色のアスファルトで舗装された、車を停めるには十分な広いスペースがある。

 

「あ、ここか。」

 

なんでスタジオがあるってこと知ってるんだろうな。
前に使ったことがあるのかもしれないが、中の造りがどうなってるだとかは全く記憶がない。

ふと建物に目をやると、長髪で細身の背の高い男が、ベースアンプの大きなキャビネットをゴロゴロと押している。
確かギタリストだ、どこかのライブで見たことある。
何てバンドだったかなぁなんて思っていると、男のすぐ後ろに自転車を押しながらサングラスをかけたジョウさんがいた。
近寄って声をかけてみる。

 

「何やってんの?」
一瞬驚いたように見えたけれど、またすぐに不機嫌そうな顔になり、一切こちらを見ようともしないで歩いていく。
いったい何だ?
今度は、少し強めに話しかける。
「ねぇ!」
ようやくジョウさんは立ち止まった。

 

 


「もうお前クビ。」
「え…何それ。」
「俺、新しいメンバーとバンドやるから。」

「何で?  ねぇ、理由は?」

 

それ以上、ジョウさんはもう何も言わず、ギタリストの男と何処かへ行ってしまった。

 


こういう時、意外と冷静な自分がいる。
晴天の霹靂か。
突然過ぎる出来事に遭遇すると、驚きを通り越して、妙に落ち着いてしまう。
またバンドやらなくなっちゃうな、どうしようかなぁ、なんて考えていると、辺りはまだ薄暗く、天井が見えた。

 

 

 

 

どうしようかな…。

 

あ…夢か。
なんだ夢か。
…。

 

しばらく夢だと気づかなかった。

 

 


というのが火曜日の朝。
普段、あまり夢を覚えていられないのだけど、今回はハッキリと。
頭のいいひとは、夢を見ている最中でも、これは夢だなと自分で思うらしいけど、一瞬も夢だと思わなかったなー。ははは。
赤羽ドリーミン。夢で夢日記を書け。
なんか不安なんでしょうか、俺。
ユングさーん、フロイトさーん。

 

 

これが夢の話で、運良くクビになっていなければ、明日の28日は下北沢Daisy Barでベース弾きます。
wilberryってバンドです。
プレミアムフライデー?、プレミアムゴールデンウィーク?は関係ないけど、出番は遅めなはずなので。
プレミアムなライブになるよう頑張ります。

5月はライブないみたいだし、皆様お越しくださいまし。

 


しかしなんで俺の代わりがギタリストだったんだろう。
ギタリストにベースを弾かせるのか?

 


“ROYAL” SEIZAN MIURA

 

 

 

 

最終日の前日、あわてて当日券で行ってきました。
Twitterによれば、当日券も売り切れっていう事前情報だったのだけど、グッズだけでもいいかと思って行ってみたら追加販売の最後の一枚だったみたい。
あきらめないで良かったー。
当日券買って、さらに一時間半並んで入って良かったよ。
時間なくてグッズは買えなかったんだけどね。

 


■トランペットっていう魅力的な楽器、


今晩は、ブリテンです。

季節は巡ってサクラも散り新芽の美しい季節です。ここから6月くらいまでの季節は僕は大好き。自然の生命力に気持ちも影響を受けます。



wilberryは今年ライブ絶好調な感じ。アルバム作るとグッと固まる感じは今までもあったけど自分としてもひとつ殻がめくれた感じはありまして、前にもブログに書きましたが The Art Farmer Quartetというトランペットカルテットのアルバムしか今年に入って聴いてませんでして、このトランペットもドラムも素晴らしい。この影響はとてもあると思います。



僕はブラスバンドを中高とやってましたがお兄ちゃんはトランペットだったし、子供のころは日野皓正とかテレビに出てると釘付けでした。高校時代の同級生の花村くんや後輩の野坂くんのトランペットはかなり上手くて野坂くんはかなりジャストランペットを吹く子だったけど今なにしてるかな。花村くんはとにかく音色が綺麗で聴かせるトランペットだった。そんなことを思い出しながら聴くこのアートファーマー、さらにドラムが素晴らしい。出てる音が気持ちいい。誰かわからないのですが彼のシンバルレガートにやられてしまい、車でハンドルをチンチキチンチキやり始めてはや数ヶ月。
前とは楽器のタッチが変わったかなと思います。出したい音が変わったというのかな。やはりドラムはアコースティック楽器なのでね。イメージ直結です。
僕の好きなドラマー、リンゴやチャーリーワッツ、ジョンボーナム、ジンジャーベイガー、イアンペイスなどはルーツのドラムがジャスにあることは気づいてましたがスウィングの基本をしっかり追求しておくことってロックン・ロールのルーツを探る上で欠かせないのだなと改めて感じます。

訳わからない話しはこれくらいにして、さてさて皆様にオススメしたいそのwilberryのライブですが

4.28 下北沢Daisy Bar
DaisyBar 12th Anniversary?
出演 :?wilberry / 橋本孝志(the MADRAS)+近藤智洋(近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション/ GHEEE) / 町田直隆 / MONSTER大陸
open 18:30 / start 19:00
adv. ?2,500 (+D) / day ?3,000 (+D)

となっております。ステージもひくいので生々しいwilberryを堪能できるライブになると思います。ぜひにお越しくださいませ!



ではブリテンでした。ライブ会場でお会いしましょう!!(^^)

■新譜

ごきげんよう。安高でございます。

 

 

ついにニューアルバム「XXXXXXXXXXX」(名前はまだ無い)の全録音行程が終了いたしまして、あとはMixして、Masteringして、かっこいいPhotographを撮ってReleaseするのみとなりました。

 

 

ここまで長かったような、短かったような、とにかく、レコーディングに取りかかってからはあっという間でしたね。

 

 

ロイヤルさんが入ってからの初のアルバムですが、もう入ってからの歴史の方が長いので初って感じはあまりしないですね。

 

 

今まではCitron Studio(=自宅)で録音していた曲もあったのですが今回は1曲もありませんでした。
宅録、向いてないんですよねぇ。音決めるのに時間かかるし、時間短縮になるかなと思っていても結局ぜんぜん短縮になってなかったりするし。

その点スタジオでアンプを鳴らして録れば、スーパーエンジニアの佐藤さんが最高の音で録ってくれますからね。
こっちはいつも通りアンプで良い音を鳴らす為にツマミを回して、そして弾くだけです。
こっちの方が向いてるんですね。

 

 

ま、なんとか年内に皆さんに届ける為の体制がこれで整いましたので、一安心でございます。

 

 

最近はとにかく世の中クソみたいなことばっかりだと思います。
政治の世界でもクソみたいなものを毎日見せられ、クソみたいな殺人事件も連日発生します。

 

 

キレる若者が話題になったかと思えば、なんと老人までキレる始末。
そういうヤツらを見て思うのは、何てバカなヤツらだろう、とかいうよりも、明日は我が身、もしかしたらおれもそのうちキレて暴れて警察のお世話になってしまうのかもしれないな…ということです。

 

 

なんてったって日に日に脳が退化しているらしいですからね。

 

 

それでもおれが今までキレて暴れて警察の世話にならずに済んでるのは、きっとおれの周りの人が、よく出来たいい人ばっかりで、おれがキレたりしないように気を使ってくれているからなんだろうな、と最近思うのです。

 

 

クソみたいな世の中でなんとか平静を保っていられるのも、音楽を通じて知り合った仲間がいるからなんですね。

 

 

で、もし仮におれが今ギターを弾くのを止めて普通の男の子に戻ったとしたら、そういう音楽仲間が今までと同じように仲間で居てくれるのか、と言えば、それはノーだと思う。

 

 

多少なりともカッコイイギターを弾けているからおれは存在価値があるのであって、それが無ければ誰も見向きもしないでしょう。

 

 

まぁ、色々ありますが何とか止めずに済んでるので、この状況に感謝しつつ、願わくばこの生活が一日も長く続きますように、ってとこでしょうか。
今までの人生で売れたことなど無いですが、そろそろ売れた方が良いんじゃないかと思っておりますです。

 


という訳で、年内には必ず完成しますので、最高傑作ですので、ニューアルバム、是非是非楽しみに待っていてくださいませ。


■桜撮らずバーグ撮る。

さて、東京は昨日今日が桜の見頃ね。昨夜は目黒川の桜を見ながら缶ビールを一本だけ飲んだぜ。俺はあんまり普段からiPhoneで写真撮らないんだけれども、昨日の夜桜はなかなか綺麗でした。おそらく今日明日くるいから散り始めるんだろうけれど、また散っていくのがいいんだよな〜。楽しみ。


いま4月6日の13時27分なんだけれど、今夕からまたスタジオに入ってレコーディング作業に戻ります。

 

思えば昨年の11月19日に始まったレコーディング作業も、このままいくと来週中には終わりそうだぜ。もう少し難航するかなとも思っていたんだけど、エンジニアの佐藤雅彦さんの協力もあって順調に終えそう。歌もあと3曲の録音を残すのみ。

 

前作「KILLER DANCER LOVER」が俺としてはかなり充実の出来で相当な満足をしてたんだけれど、今回はまだ完成してないけど、あれを軽く超える満足度です。やはり相当な曲数を用意して、その中から選りすぐりの曲を選んでパッケージしてるからだと思う。

 

あとは素晴らしいスタジオでリズム陣の録音が出来て、ギターをアンプから全曲出してるのも大きいなー。佐藤さんの技術と機材も本当に素晴らしくて、もうなにも言う事ないんだわ。

 

俺の歌も今回は完璧に準備をしてヴォーカルブースに入るから、ホントあっと言う間に歌い終わってます。だいたい2〜4回歌っておしまい。直すとこも殆どないのですぐに作業終了になります。

 

突然ですが、これからハンバーグをつくります。

 

中火。

 

弱火。

 

ソース作り。

 

まいう〜。

 

さて、そろそろスタジオでGOです。あまりにも理想なアルバムが出来つつあって、次にこれ以上のものを作れる自信が全くないんですけど、その時はその時ってことで。すごいの待っててください。では、行ってきます。16時11分。


| 1/23PAGES | >>