□CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■6月という雨の季節

こんばんはブリテンです。

さてwilberryは6月曲つくり月間ということでジャカジャカとスタジオで新しい曲に立ち向かっております。最新曲は今のところシティポップな具合でいったい何ができるのだろうと大変ワクワクしながらあれこれみんなして曲を弄ってはプレイバック、プレイバックといろいろ思い切って試していきます。

ジョウくんの作るメロディにジョウくんのうたなのでどう転んでもwilberryです。あとはいかにその曲にpopを得るかといったところです。あるいはforceを得るか、地の利を得るか。新しい感じも懐かしい感じもするし、また歌詞が定まってくると力感もシャープになっていきます。焦らずいろんな可能性を残してポジティブに立ち向かっております。

7月のライヴはぜひみなさまお越しくださいね。初披露曲もお楽しみいただけるかと思いますので!

最近のブリテンはといいますとこの前プロ野球交流戦ヤクルト対オリックスを見に行きました。



たまたま時間が空いてプレイボール1時間前に行くことに決めたのでチケットが無くて神宮レフトスタンドでの観戦となりました。雨のなか見るのは初めてでしたが意外と楽しかったです。

ヤクルトは交流戦前はぶっちぎりセリーグ最下位でしたが交流戦に入って急転絶好調で交流戦首位に。僕もファンとはいえ信じられなくて何度も順位表を見直して夢でないか毎日確認するほどです。去年のスワローズは連敗に次ぐ連敗でシーズン94敗の記録的弱さでした。シーズン最終戦の山田哲人の涙を忘れることは出来ません。その悔しさをバネに新ヘッドコーチ宮本氏のもと地獄のキャンプを乗り越え、シーズン序盤は苦戦するもののここにきて勝利を得られることになったのは選手の努力、諦めない心だと思います。交流戦終盤のここにきて連敗です。相手は優勝経験豊富な栗山監督率いる日本ハム。今日の9回表はチームの経験値の差が出た両監督の采配でした。ここにきて勝負の怖さ厳しさをヤクルトOBでもある栗山さんに教えていただいたかと思いました。ヤクルトは交流戦優勝を逃した方が残りシーズン良い戦いができるのだろうと思います。あるいはセリーグ優勝を明確に目標に出来ると思います。

しかし球場で見ると川端選手の応援歌はかっこいいなーと思います。川端山田畠山揃い踏みの打線がどれだけの試合で見れるかが今シーズンのカギですね。

それではブリテンでした。

ライブ会場でまたお会いしましょう!

■梅雨

皆さまこんばんは。安高です。

 


いやー、6月はライブが無くてヒマですねー。
まぁ曲作ってるのでヒマではないですけど。どっちやねん。

 

 

まぁ、たまにはバンドと全然関係ない話でもしましょうかね。

 

 

------

 

 

突然ですが、ギターやってる人なら分かると思うけど、
「好きなギタリストは誰ですか?」とか聞かれることって多いですよね?

 

 

こういう質問って、いつも結構困るのです。
何故なら、好きな特定のギタリストとか特に思いつかないので。

 

 

その理由は、自分は大体いつも、好きなギタリストがいるというよりも、
好きなギタープレイがある、みたいな聴き方をしているからです。
あー、このギターソロ良いなー、みたいな。だから弾いてる本人の人となり等はよく分からないままという。

 

 

なので、好きなギタリストとか聞かれても困るんですが、
好きなギターフレーズ、と言うのならば色々と思いつくものです。

 

 

そんな訳で、私の好きなギターソロの話でも何回かに分けてしようと思います。
これで安高氏のルーツもわかりますし。

 

 

 

 

 

Steely Dan Reelin' In The Years
ギターソロを弾いている人:Elliot Randall

 

 

このスティーリー・ダンというアメリカのグループは、バンドというよりもスタジオ・ミュージシャンの集合体という感じの、凄い人が集まってとても都会的でクールな音楽をやる人たちな訳です。
ワタクシも子供の頃から、こういう世界に大層憧れていたのですが。

 

 

この「Reelin' In The Years」が入っているのは彼らの1stアルバム「Can't Buy A Thrill」のB面1曲目です。
ギターを弾いてるElliot Randallという方はメンバーのクレジットではないので、恐らくゲストミュージシャンでしょう。

 


いきなりイントロから、ポップス曲のギターソロとは思えない、砂塵のような荒々しい音色のフレーズが縦横無尽に響き渡ります。
ギターソロはイントロ・間奏・アウトロと3回に渡って登場し、そのどれもが非常にトリックに溢れていて、いつ聴いても興奮。一体どういう発想でこの旋律が生まれるのやら。

 

ずっとシャッフルで進行しているのに、突然イーヴンでフレーズを切り込んでくるあたり(イントロから11〜12小節目の当たりね)がムチャクチャ好き。サビの後ろで出てくる、合いの手のフレーズのセンスも素晴らしい。
まさに「無人島に持っていきたいギターソロ」です。

 

 

​いかがでしたでしょうか?
このシリーズ、好評だったらまた続けるかも。

 

 

------

 

 

P.S. ちなみに、今作ってるwilberryの新曲は、1曲はオシャレな夏っぽいやつ、もう1曲はギター指弾きするジャズっぽい曲です。
久々に指弾きし過ぎて指が痛いです。


■近況ですよー。

いろいろお誘いがあったにもかかわらず、タイミングとスケジュールが合わずにバンドのライヴが少し空いてしまいました。ごめんなーさい。このままいくと7月21日の下北沢CLUB251まで空くことになりますが、その前に7月初旬にもおそらく1本入ると思います。あ、6月24日は俊太郎くんと洋平くんとで下北沢ラプソディで弾き語り3マンもあります。これはかなりお勧めなので是非来てね!

そんなわけで、曲作り集中期間になっていますが、すでに歌詞を残してほぼ完成してるのが1曲あって、本日よりもう1曲手をつけ始めました。出来てるほうの曲は、これまた今までにないかなりオシャレなジャジーなボサノバなラテンな曲。またも新境地に向かっています^^

 

 

さて、ここから今日書いてますけれど、昨日の曲作りリハーサルも充実でしたよ。珍しく俺がピアノのリフを考えてきてそのまますぐにブリちゃんに作ってもらって、たった2つのコードでメロディ3つくらい歌って、一箇所だけコードいじってたら殆ど出来上がって仕上がってしまった。すごく気分良く4人はスタジオをあとにしました^^

最近、たまに考えるんだけど1曲完成すると、なんだかその曲に「出会えた」感があります。もちろん自分で作ってはいるんだけれど、完成した時点でちょっと客観視していて「おお!いい曲に巡り会った!」ってなるわけ。そういうわけで、ここ2〜3年は人生最高にいい楽曲に出会えていて超幸せですわ^^

 


そして今日の夕方は草野球。今年は我がCOBAINSが絶不調。。。まだ1勝しかできず、今日も2対9の大惨敗。。。

 

写真はここ数日ず〜〜〜〜〜〜っと聴いてるCourtney Barnetttの新譜。もうこればっかり聴いてます。ツイッターとかインスタグラムでも書きましたが、これは本当に名作。曲も音も最高。ロックがちゃんと生きていたのはなんとオーストラリアで、しかも女の子でした。全体的にオルタナティブポップって感じで、歌の力の抜け具合も最高。あと、ギターを絶対にピック無しで弾くのもグー。NIRVANAやPavement好きだったら間違いないです。これ読んだ人は全員聴く事!!!

 

 

6月24日(日)
会場 下北沢RHAPSODY
スペシャル3つ巴!!!〜RHAPSODY 2周年記念EXTRA公演!!
出演 ジョウミチヲ / 高畠俊太郎 / 大森洋平
開場 17時00分
開演 17時30分
前売 2500円(D別)
当日 3000円(D別)

 

7月21日(土)
会場 下北沢CLUB251
スキップカウズ デビュー21周年マンスリー企画 トゥー・牛(カウズ)・ワン
出演  wilberry / スキップカウズ / the MADRAS
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 3000円(D別)
当日 3500円(D別)

 

7月29日(日)
会場 下北沢CLUB251
aeronauts presents HEADIN’4 vol.3
出演  wilberry / aeronauts / the MADRAS / rivo
開場 18時00分
開演 18時30分
前売 2800円(D別)
当日 3300円(D別)


■53-71-137。

 

 

 

 

ロイヤルです。こんばんは。

 

最近もう、全く麻疹に関するニュースを見なくなったけど、もう終息したの?
大流行にならなかったのはいいことだけど、なんだかね。

大昔のワクチンに効果があるのかどうかも含めて、なんだかね。

 

 

 

最近と言えば、ものすごく久々にフランスパンを焼きました。
3日前か。天気も今ひとつだったのでね。こねるか、と。
そう思い立ってみたものの、まず材料もないし、まずは近所に準強力粉を買いに行くところから。
途中の一次発酵、二次発酵は結構適当に、雑な感じでオーブンへ。
その割には、まずまずの焼き上がりでした。
次の日に、サラミとチーズでピザ風バジルサンドにしてみたら、SUB○AYよりも美味いんじゃないか⁉︎ってくらい、我ながら上出来でした。

 

結構時間がかかる作業だし、最近はすっかり焼いてませんでしたが、またちょっと始めてみようかねえ。
なんだか、食パン用の型が欲しくなってきたな。
焦げたりして難しいのだろか。
探してみようかな。
型があれば成形しなくていいから、早くできるんじゃないかなんて、また手抜きなことを考えてみたり。
だけど、ホームベーカリーで焼くのはつまらないから、絶対手ごね派というめんどくさいタイプね。
なんか、パン作りなのに性格がよく出てる気がするな…。

 

 

 

 

5月は大阪・名古屋遠征に高円寺ボイドリと色々ありましたが、ライブハウスに来てくれた方、そしてHAVANAのCDを買ってくれた方、ありがとう。
HAVANA、良かったでしょ?
大袈裟に絶賛していたわけではないというのがわかって頂けたのではないかと。
あのカップリング、7インチのシングル盤みたいでいい組み合わせだなと思ってるんです。
まだ入手してないあなたは、次回のライブで。
よろしくね。

 

 

GW遠征、大阪終わりは京都の実家泊まりだったのですが(火柱のラーメン屋には行ってません)、たまたま同じタイミングで妹の家族も帰省していました。
朝早くから甥っ子姪っ子があまりにドタバタ騒いでるもんで、親切なロイヤルおじさんは教えておいてあげました。

「二階でまだ寝てる赤い髪のおじさんは怖いからね!」と。
その後、人見知りしない甥っ子はwilberryおじさん達と遊んでいたようですが、あとでこっそりと「赤い人におっさんじゃない!って怒られた。」と言ってきました。
かわいいことよ。
集合写真でも撮れば良かったなあ。
またwilberryが関西行く時に帰省してくるといいよ。

 

 

 

 

翌日の名古屋は、大須OYSへ。
10年以上振りに会う店長のシュウヘイさん。
VIOLETSのクスモッツも同じくらい久しぶりに会ったみたいで、リハから居心地の良い、妙に落ち着く感じでした。PAもやってくれたし。

 

帰る前に二人で写真を一枚。
20歳そこそこの頃にも、同じように肩組んで写真撮ってもらったことがあって、懐かしかった。
ゆっくりできなくて、すみません。
色々とありがとうございました。
次はもっとたくさんの人に観に来て頂けるように。また行きたいね。

 

 

 

 

ボイドリは、先月に続き、またもやJIROKICHIで。
ちょっと浮かれて全体的に演奏が荒かったかな。
時間短めだったからね、たくさん観てくれてたからつい嬉しくなっちゃってね。
早めに高円寺着いて、ナオキさん観たり、合間は高円寺をぶらぶらしたり。
好きに自由に楽しめるイベントで良かったな。
また、次回も呼んでもらえたらいいね。

 

 

 

スケジュール見たら、wilberryは2ヶ月近くライブないのね。
久しぶりにこんなに間が空くなあ…。
とはいえ、リハーサルスタジオはきっちり予定が詰まってるので、新曲がいくつか完成するといいですな。
気長にお待ちくだされ。

 

では、また。

 

 

 

 


“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■今日は“高円寺一生青春音楽祭ボイドリ2018”!

?こんにちは!ブリテンです。

本日は、

2018.5.19 (Sat.)??“高円寺一生青春音楽祭ボイドリ2018”

高円寺の複数のライブハウスで行う一大ロックフェスティバルです。?絶対楽しいこと間違いないので、是非来てみて下さいませ!

?wilberryは高円寺JIROKICHIにて、18:50から演奏します。


?
出演 : wilberry / ダイナマイト☆ナオキ / THE BLONDIE PLASTIC WAGON / ザ・マスミサイル / ザ・ビートモーターズ / 石井卓とジョン中村 /アイラブユーベイビーズ / 他約90アーティスト
?
open 11:30 / start 12:00?adv. ?3,500 (+D) / day ?4,000 (+D)


なんといいましてもこのスペシャルイベントに合わせまして我々の出番前後限定でHAVANA~lanlanlan~、PONYTAILという2曲入り新録音源CDRを発売します!これは是非とも手に入れてくださいね。

JIROKICHIはステージフロアも客席とフラットで生々しいwilberryがお楽しみいただけると思います。

このあと、お楽しみに!

それではJIROKICHIでお会いしましょう!ブリテンでした!

■金週

安高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

いや〜ゴールデンウィークは充実してたー。

 

 

5/3に難波Mele、そして5/4は大須OYS。
その合間には京都の高級ホテルに泊まったりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかインスタ映えなんかしたりして。
(ちなみにインスタはサービス当初から使っている大ベテランです)

 

 

一緒にまわったVIOLETも最高だったし、DJも最高だった。
wilberryの出番直前にシンディローパーのShe Bopがかかったのが特によかった!

 

 

実は蓄膿と喘息と気管支炎にやられていて、声が全然出ませんでした。
ギターでよかったw
帰った後のGW残りは家で爆睡。

 

 

そういや、名古屋は超ヒッサビサだったので、是非ともあんかけスパゲッティを喰いたかったのだが、行こうとしてた店が遠くて断念。
しかたなく帰りの高速のSAであんかけスパゲッティを食べようと思ったら既に品切れ。
あー名古屋にあと5泊くらいしたかったなー。

 

 

 

 

 

悔しいので家に帰ってから、あんかけじゃないパスタ作ったった。

 

 

------

 

 

そうそう、「HAVANA〜lanlanlan〜」「PONYTAIL」の2曲が入ったシングルも非常にたくさん買って頂けました。
有難うございます。

 

 

現時点で大阪・名古屋でしか売っていないので、まだ全国で持っている方は極端に少ないと思われます。

 

 

買って下さった方からは、当然のように絶賛の嵐でございます。

持ってない方は当然聞いてみたくて堪らないことでしょうが、残念なことにwilberryは6月には恐らくライブは無く、曲作りに専念してしまうので、5月のライブにて是非確実に手に入れて欲しいと思います。

 

 

------

 

 

気になる5月のライブはといいますと、来週5/19でございます。
高円寺一生青春音楽祭「ボイドリ2018」という、高円寺の複数のライブハウスで行う一大ロックフェスティバルです。
絶対楽しいこと間違いないので、是非来てみて下さいませ!

 

 

2018.5.19 (Sat.) 
“高円寺一生青春音楽祭ボイドリ2018”

 

※wilberryは高円寺JIROKICHIにて、18:50から演奏します。

 

出演 : ​​wilberry / ダイナマイト☆ナオキ / THE BLONDIE PLASTIC WAGON / ザ・マスミサイル / ザ・ビートモーターズ / 石井卓とジョン中村 /アイラブユーベイビーズ / 他約90アーティスト

 

open 11:30 / start 12:00
adv. ¥3,500 (+D) / day ¥4,000 (+D)


■TOUR with VIOLETS

さて、ジョウですよ。難波Meleと大須OYSを終えて帰ってきております。VIOLETSとの2日間は最高に楽しかったよ。

 

そもそもなんでVIOLETSと一緒に回ることになったかっていうと、去年の11月くらいにVIOLETSのPATCHさんから「難波Meleで黄金週間に一緒に行かないかい?Meleには話してあるから」って誘ってくれたからなんだよ。で、うちらはちょうどその頃に「KEEP YOUR DREAMS TOUR」で行けなかった名古屋をロイヤルが決めようとしてたから、名古屋も一緒にやろうってことにしたんだよね。

 

こうゆうのってとにかくお互いのタイミングが大事なんだけど、ホントたまたまビシッと決まって良かった。

 

で、このツアーの1ヶ月くらい前にメンバーで「せっかくだから曲も出来たとこだし、レコーディングしてツアーに持って行こうか?」って話して急遽レコーディングもしたってわけです。

 

いやぁ、全部がうまくいって良かった良かった。

 

で、今回改めてVIOLETSを観て思ってのは、かなりのポップバンドだなってことと、実はそのポップ面を出してるのがベースのキザワさんなのでは?って個人的には思いましたよ。凄いフレーズが覚えやすくて、休符の取り方の感じも凄く気持ちいい。なんで今まで気づかなかったんだろ。かなり2日間で夢中にさせられました。

 

我々も頑張りましたよ。主にニューアルバムと今回の2つの新曲を中心にセットを組みました。

 

今回は黄金週間だったせいで移動の際の渋滞が酷すぎて、特に下半身はボロボロだったんですが、首から上はかなり元気だったので、ちゃんと歌えましたわ。

 

2日間一緒だってことで、ライヴ後の打ち上げでVIOLETSの面々ともいろいろゆっくり話も出来て良かったのです。特にGYOGUN REND'Sの結成年とデビュー年がwilberryのそれと全く同じで、しかも活動の中心がお互いに下北沢だったのに当時1回も対バンをしなかったっていうのが、ホント不思議でしたよ。

 

そして、話していくうちに今年はwilberryは結成なんと25周年って事にも気づかされました。むむむ、これはなんかやらなきゃいけないのか?とも若干思いましたが、我々はそういうカラーではないので、恐らくやらないです。ただただ良い曲を作り続ける事に集中していきたい。

 

なので、楽曲についてはこれからもどうぞ期待してお待ちくださいね!

 

MeleとOYSに凄い良くしてもらったので、年内にまたきっと回れると思います。そちらもお待ちくださいね。あと、札幌もそろそろ決まるかと思いまーす!


■Boys, be ambitious.

こんばんは。
なぜか寝違え中のロイヤルです。

 

 

昨日から首が痛くて左にあまり回らないので、火の出ないお灸をしてみています。
あんまり熱を感じないのは、置いた場所が悪いのか具合が悪いのか。
そもそも枕はない方が身体には良いのだろうか。うーむ。
遠征までによくなりますように。

 

 

そんな首はごまかしながら、昨日はリハでした。
まずは、5/3の大阪よりライブハウスで販売開始のCDに収録となる、最終マスタリング音源の視聴から。
今も聴きながら書いているのだけど、もう、ブリさんの腕が上がり過ぎてて・・・。
全員一致で問題なく視聴終了。パチパチパチ。
リハーサルスタジオで録音したとは思えない出来映えです。マスタリング天晴。
一番最近完成した新曲2曲なので、演奏もそんなラフな勢いがうまくパッケージできたのではないかな。
ジョウさんの声がみずみずしく録れてるなあと思いました。
HAVANA~lanlanlan~、PONYTAILという2曲。良いカップリング。
500円シリーズなのでね、お買い得です。
是非会場でお求め下さいまし。

 

 

というのも、もちろんライブに来て欲しいってことですからね。
5/3・大阪は難波mele、5/4・名古屋は大須OYSです。
予約はこちらまで。
たくさん予約してくれたら、wilberry号は安心して出発できることでしょう。
よろしくお願いしまっす。
どちらも東京からVIOLETSと一緒に行きます。
楽しい遠征になりそうですな。
大阪は去年の9月以来・・もう半年以上も経つのか。
名古屋はアルバム”KEEP YOUR DREAMS”のリリースツアーで行けなかったところなので、今回がレコ発のつもりで行きますよ。
大変長らくお待たせしましたね。
連休ですしね、みなさまお誘い合わせの上、どしどしお越し下さい。

 

 

 

先日、世田谷で開かれていたニートビーツの写真展に行ってきました。
『TWENTY-ONE YEARS OF THE NEATBEATS』Photo Sessions With Eri Shibataと題された、前半と後半に分けての展示。
前半のSIDE A (1997-2012) が4/6〜20にあったので、最終日の前日になんとか間に合いました。
たまたま真鍋さんもシバエリちゃんもいたので、2時間くらい居たのかな。
ヴィンテージのQUADのアンプにTANNOYのスピーカーから流れるマージービートを聴きながら、落ち着いた居心地の良い空間でした。
思った以上にたくさん自分の写真も飾ってあって、恥ずかしいやら申し訳ないやら嬉しいやら。
写真を観ることで、ああそうだそうだ、なんていろいろ思い出したりして。
リーゼントを下ろしたFACES時代に思わず笑ってしまったり。
懐かしかったな。
25歳も過ぎてからだったし遅いのだけれど、いわゆる青春だったのかなあ、なんて気持ちにもなりました。
どの時代もニートビーツはかっこいいなと素直に思える、そんな写真展でした。
おみやげに写真を幾つか頂いてしまったよ。

 

 

後半のSIDE B (2013-2018)は、6/8〜6/24だとか。シバエリちゃんによれば、世界にはばたくニートビーツ編らしいですぞ。
詳細はニートのホームページをご覧くださいませ。

 

 

新しいニートビーツのアルバム”OPERATION THE BEAT”も聴きましたよ。
mono音源なのに、奥行きと広がりが感じられるというすごい音作り。

再現度が半端ない。
どうしてもリズム隊に耳がいっちゃうのだけど、中低音あたりが浮き出てくるようなベースの勢いが気持ちいい。
インストもカバー(GIT IT最高!)も聞き応え十分、思わず身体が揺れるアルバムでした。
ICED COFFEEが好きだな、今のところ。まだまだ聴き始めなのでね。
またライブも観に行きたいな。

 

 

 

あ、5/19の高円寺ボイドリ、wilberryはまたJIROKICHIでライブ!
嬉しいぜー。よい連休を。

 

 

 


“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■レコーディング!大阪・名古屋ライブ!

こんばんは、ブリテンです。
今週wilberryはレコーディングをして2曲録音しました。セルフレコーディングなので久々に自分のパソコンで002rackという機材を使っての録音でした。
セルフで録音はDynamite Lipsのシングル盤以来なので2015年以来。いろいろいやな予感がしたので事前に002rackを久々繋いでみたらマイクアンプがすごいガリってまして(接触不良なのですが)つまみやボタンをひたすらポチポチいじってなんとか直りました。
それと事前準備で家の機材いろいろ出してみた結果いつもダビング用のキューボックスあればな、と思ってたんだけど(キューボックスは録音時にヘッドフォンのバランスをとるミキサー)サファイアLEというインターフェースがその用を足すということに気づきこれがかなり役に立ちました。
初日はドラム、ベースを2曲とアコギも2曲分録音できて、次の日はエレキギター2曲録音のちボーカル2曲、コーラス2曲を取り切ることが出来ました。これはwilberry最速のはやさ。キューボックスのセッティングが速くいってスムーズに2日目のダビングが行えたということです。
でこの音源は5/3、4の大阪、名古屋でいきなり発売します!新曲新録の2曲なので是非、ライブに遊びに来て頂いてゲットしてくださいね!ライブの詳細はホームページで。
http://www.wilberry.jp/main/?cat=2
僕はそしてこの週末はミックスダウンを頑張ります。
それではライブ会場でお会いしましょう(^^)!

■検診

安高です。

 

 

先日はwilberry初の高円寺JIROKICHI、大変楽しかったです。

40数年の歴史を持つ老舗のライブハウス。

店の至るところに歴史の重みを感じました。

共演の方々も、普段の我々が一緒にやる人たちとはまた全然違う感じで、非常に貴重な、レアな一夜になったのではないでしょうか?と思っております。ふっふっふ。

 

 

さて、そんな素晴らしい夜でしたが、その日の朝ワタクシはヒッソリと、胃の内視鏡検査(胃カメラ)を受けておりました。

 

 

今回は再検査だったので、10分間くらいじっくり調べられました。食道、胃、果ては十二指腸まで。

技師さん上手だったけど、それでもやっぱり苦痛。。

来週にならないと検査結果はわからないが、異常が発見されたらむしろ早めに見つかってラッキーってことで。

 

 

何となく、世間では「ロック=不健康」みたいなイメージとか、ロックンローラーが健康について語ったりするのがダセーみたいな風潮があると思いますが、俺はそれに対して断固NO!と言いたいです。

 

 

結果的にそういう風潮が、ロックンローラーの健康に対する意識を低めている原因の一つだと思うので。

 

 

ま、どんな職業だって同じだと思うけれど、40過ぎて体を壊せば、死ぬときは一瞬で死ぬ。

それでも、前もってきちんと検査を受けておけば、助かる場合だってあるかもしれない。

 

 

「○○は若くしてこの世を去って伝説になったー」だの、

「○○は死んだけどレコードの中で生きているー」だの、

残された人は、死んだ人を必死に生かしてくれようとするけど。

 

 

当の本人は、死ねば「無」になるんですよ。

意地でも死ねるかって思いませんか?

 

 

これからも「健康第一!ロックは二の次!」をモットーに頑張っていきたいと思っています。

 

 

次は久々の大阪名古屋です。楽しみ!!


| 1/26PAGES | >>