□CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■ライブミックス4回分を聴いてみたよ

こんばんは、ブリテンです。
2月になってはや3週間。
合間を見ては1月にやった4本のライブをミックスをやっていて今もそのうちの1本をつるっと落とし中。音を聴くといろんな感情を思い出します。どのライブも思い出深く響いております。お客さんの顔も浮かびますね。
まずひと通りの演奏をメンバーに聴いてもらってどんなセレクトで盤になっていくか楽しみ。

1/10のライブは今思い出しても人生最高の瞬間でごさいました。有難いことですね。生まれて来て一番嬉しかったです。これでいつ死んでもいいかなってくらい。まあ人生目標200歳まで生きることなのでまだまだケツも青いのですがドラムも音楽もロックンロールもこれからどんどん磨きをかけて行こうと思っております。

ドラムの話しをしますとGRiPのカオルさん。優しいドラムの先輩でいつもほんとに優しく明るく話しかけてくれます。復活GRiPのカオルさんのドラム素晴らしいですね。パワフルなドラムが持ち味だったけど今は優しい音もめちゃ味が出てきてて最強。会うといつも手やら足やらケガしてたりして1/17も左手が万全じゃないのにすごく心配だったけど最高のドラムを聴かしていただきました。(左手のスネアは優しく叩いてもオンマイクだし聴こえるから強打しちゃダメだよ!と言ったけど何回か思いっきり行っちゃってて心配したよ。でもしょうがないよね。)GRiPは新しい曲がカッコよくて、最近僕の好きなイギリスの若いバンドみたいなムードの曲もあったし進んでるんだなと思ったよ。相変わらずゴンタケくんに釘付けだね!

坐骨神経痛でドラムのバスドラの右足が上手く動かなくことが今までもあって、普段は大丈夫なんだけど長く飛行機や車に乗ってお尻や腰が痛くなるとダメ。思い返すと20代の頃からそうだった。それもあって僕のドラムパターンは右足はかなり簡単なフレーズに作ってあります。演奏できないのが一番まずいからね。 ここ最近は腰痛と坐骨神経痛で針治療も受けたりしてて去年行った鍼灸院はまあ結構高い治療費なんですがたっぷり3時間くらいかけてやっていただいたら腰が完全にまっすぐ伸びるようになってびっくりした。その感覚が忘れられなくてその時足湯も初めてやったので普段からゆっくり湯に浸かるようにしたり小さいマッサージ機を買って下半身を入念にほぐすようにしたらとても調子が良くて1月の4本のライブとも自分比ですがとても良いドラムが叩けていました。長年の悩みがここで解決を見るのかと。ドラマーの人がどれだけこのブログを見るかわかりませんが足の不調は練習不足だけでなく血行障害的なものもあると思います。下半身を熱くして良くほぐすと調子いいですので是非やってみてね!

僕のお気に入りのマッサージ機、アルインコ クッションマッサージです。おすすめ!

それでは、ブリテンでした!
ライブ会場でお会いしましょう(^^)!!


2020.2.29(Sat.) @渋谷 HOME
“HOME is 12 years old three man”

Act(Live) : wilberry / talking lights /
SURFING in United States of America
Act(DJ) : soshi tamura(GOOD TIMES)

open 18:30 / start 19:00 / adv. ?2,500 / door ?2,800

■末期

こんにちは。安高です。

 

 

 

「金曜奪取」には多くのお客様に来て頂き、改めてお礼申し上げます。
まずはこのお礼の第一歩目ということで、何と!もう次のリハーサルでは新曲を作っております。

 

 

 

 

 

 

 

ご覧の通りメタメタに弾きまくってます。

Robert Quineも真っ青になってひっくり返るようなギターソロにしたいです。

4週も連続でやった後なので、もうしばらくはグダグダかと思いましたが、今年のwilberryは働き者です。

 

 

 

恐らく次のライブで披露出来るかな。

次は渋谷HOMEで2/29(土)です。

 

 

 

渋谷の宮益坂を上がったところにあるライブハウスですね。

HOMEの10階にある店にも個人的によく行くので、個人的にしょっちゅー登ってます。

 

 

 

talking lightsとヒッサビサに一緒で超楽しみ。HOMEの12歳を祝いつつ春の訪れも祝いましょう!

 

 

 

2020.2.29(Sat.) @渋谷 HOME

“HOME is 12 years old three man”

 

Act(Live) : wilberry / talking lights / SURFING in United States of America

Act(DJ) : soshi tamura(GOOD TIMES)

 

open 18:30 / start 19:00 / adv. ¥2,500 / door ¥2,800

 

 

------

 

 

マッキー捕まっちゃいましたね。

これ書いてる時点でまだSpotifyでは聴けるけど、また電源グルの時みたいに聴けなくなったらイヤだなー。メチャクチャファンって訳じゃ無いけど時々聴きたくなるのよ。

 

 

 

杉村太蔵みたいなしょーもない奴がまた文句言うだろうけど、曲に罪は無いので配信は止めないで欲しい。

てか、いい加減不祥事で配信止める文化は令和でストップさせよーぜ。止めるんならビートルズもディランも止めろっての!

 

 

 

そして3月は自宅の引っ越し。

東京に来てから3度目です。東京は18年目なのにけっこー少ないなぁ。

次のエントリーでは新居のことでも書こうかな。


■金夜奪取とポップスター、曲作り

今更だけれど、金夜奪取ありがとう。いい経験をしました。
そして、終わって1週間なんだけど、早速新曲を作り始めたよ。ツイートもしたけれど、久しぶりに完全にサウンド的に新しい扉を開いた感がある新機軸のwilberryを見せられそう。気合い入れ過ぎてその曲を歌ったからか、スタジオから帰って少ししたら声が全く出なくなって、うがいも全く出来なくなってビックリしました。ホントに全く出なくてなったんでホントビックリ!
でも、その夜は即寝して、翌朝少し出るようになって、今はかなり良くなりました。1月はかなり忙しくしてたので、今月2月はその新曲作りのために定期的にメンバーで集まるけど(週1くらい)、少しのんびりしようかと思ってます。今日もこの後は映画でも観に行くかな。その新曲は月末の渋谷HOMEで披露仕様じゃないか。
最後にこないだ初めて披露した新曲「POP STAR」の歌詞を。まだまだこれから変更もありそうだけど、ひとまずこの感じ。
POP STAR

あっという間に転がっていく石ころみたいなもんさ
短い夢を見ているのさ
退屈な午後をやり過ごしてソファで寝転んで
ドーナツに針を落とすのさ
甘酸っぱいポールの歌 それは恋人へのラヴミュージック
こっそりノートに書き留めた
シャウトするジョンの歌 それは大人へのレベルミュージック
すっかり頭に染み込んだ

憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
寝ても覚めてもずっと
YEAH
あのコも好きなポップスター
あのコも好きなポップスター
あのコも好きなポップスター
いつもマネをしてるのさ

ぶ厚いメイク ふざけて踊る ちょっと気障で笑えた
時々涙を誘ったり
カーラジオから流れた あの歌はあのコの寝言みたい
耳に張り付いて離れない

YEAH
憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
寝ても覚めてもずっと
YEAH
あのコも好きなポップスター
あのコも好きなポップスター
あのコも好きなポップスター
そう、いつだって、どこだって、会いにいけるね

悲しい夜を救ったのは
流れ星なんかじゃなかった
ヘッドフォンの中の魔法さ
OH YEAH YEAH YEAH

YEAH
あのコが好きなポップスター
あのコが好きなポップスター
あのコが好きなポップスター
寝ても覚めてもずっと
だから
憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
憧れているんだポップスター
そう、いつだって、誰にだって、優しくなれるね

i just wanna be a pop star

■不安が募るので…来場者募集中!

こんばんは、ロイヤルです。
深夜にブログ更新です。

 


 
なんだかんだで、日が変わったので本日であっという間に最終日。

早かったなあ、しかし。
今月はFRIDAY NIGHT JACK!!に始まり、FRIDAY NIGHT JACK!!に終わる、まさにそんな一か月でした。
年が明けた記憶がないくらいに、ずっとライブモード。
ライブして、日曜と火曜にスタジオリハーサルして、毎週その繰り返し。
そして見えない敵、ウイルス等々との戦い…。
まだ終わっとらんけど。



本日、下北沢CLUB251にて。
FRIDAY NIGHT JACK!! 最終夜。

 
我々は新聞広告は出せませんが、広く来場者を募って、いや、募集もしておりますので、皆様奮ってご参加下さいませ。
老若男女問わず、どなたでもご参加頂けます。
あ、招待ではなく少しばかりの参加料が必要ですが、ね。
よろしくお願い申し上げます。


毎週、同じ下北沢CLUB251でライブをしてるのに、当然ながら毎回全然違う夜でした。
イベントは出演者で作られるんだな、やっぱり。
共演するバンドによって、その日のバンドの雰囲気も変わる。同じ夜はひとつもないよ。
ステージの中の音も、日によって毎回違うのが意外でした。セッティングは変わらなくても。不思議だ。

最初の3曲くらい演奏すると、やっとこさその日の雰囲気に慣れてくるんだけど、その後はもうあっという間に終わっちゃう。
もう少し楽しんでいたいといつも思う。
途中で、何がどうってわけじゃないのに思わずにやけてしまう瞬間瞬間があって、それが凄く楽しい。

ライブ観ててもそれはあるもんな。
演奏とお客さんとその時の空気というか。
それに包まれるような、自分を感じなくなるような瞬間。
なんかうまく表せないけども。
いいイベントだな、ってライブ中に思うんだよね。

今日もそんな風にやっぱりすぐ終わっちゃうかな。
楽しい時間は短いもんだよね。


こんな貴重な機会を与えてくれた251には感謝しかありません。
ありがとうございます。
来月以降も他のバンドで4週連続のシリーズが続くようなので、そちらも楽しみですな。




 


久しぶりに革靴を磨いた。

ブラシで埃落として、汚れ落としで拭いて、油で保湿して磨いて磨いて。また磨いて。
4足でギブアップ。息切れした。
何も考えず集中できる良い時間だった。

最近は全然履かなくなったブーツ。
楽な靴ばかり履いちゃって。
たまには気合い入れて履いてやらんとな。




 


 
では、251でお待ちしています。
おやすみなさい。




“ROYAL” SEIZAN MIURA

■いよいよファイナル!

こんばんは、ブリテンです。

wilberry & CLUB251 presents "FRYDAY NIGHT JACK!!"


おかげさまでもう3回が終わりついにあと1回となりました。ここまで本当に良いイベントになってきてます!

251並びに出演頂いたCURIO、GRiP、ダイナマイト☆ナオキ、The Cold Tommy、らせん、50,000,000YENの皆様、素敵なライブをありがとう!

また個人的には1回目CURIOとのツーマン、これは本当にこれ以上嬉しいことはないくらいの多幸を感謝してます。来ていただきました皆様ありがとう!プレゼントもありがとうね!招待した友達もすごくたくさん来ていただき忙しいのにねめっちゃ嬉しかったよ。ありがとうございます!


毎週ライブということでしかもツアーじゃないので毎回メニューが違ってライブ前に2回ずつリハ入ってるので都合月間12日もwilberry稼動するってなかなかないので演奏も熟してきて良い感じのバンド状態じゃないかな。たぶんジョウくんはめちゃ大変。雨雨権藤雨権藤くらいの酷使でケアも相当気を使ってると思う。 しかし泣いても笑ってもあと1回。最後も最高の対バン、the MADRASとMIKIO TRIO!めちゃ楽しみです。wilberryもこの千秋楽に新曲を初演したいと思います!メモリアルなライブにぜひお越しくださいませ!

それでは、ブリテンでした。

下北沢CLUB251であなたのお越しをお待ちしております(^^)!!

■奪取

お早うございます。安高です。

謹賀新年。今年もよろしくお願い申し上げます。




…なんて挨拶をする間もなく、1月wilberry@下北沢251毎週金曜乗っ取り企画もあっという間に2本が終わり、もう残りたった2本になってしまいました。



割と前代未聞の試みで、この企画を最初に聞いたときはシンプルに「死ぬ!」と思ったし、今も「死ぬ!」と思っていますが、お客さんや共演してくれた方々や、251の皆さんの助けもありまして、ここまでは非常に楽しく乗り切らせて頂いております。



CURIOは完膚なきまでにロックスターだったし、ナオキ先輩とGRiPのギターに対するストイシズムも身に染みました。

こんな無謀な企画に付き合ってくれている共演者の皆様には感謝しかありません。お陰様で大変エキサイティングな1月になっております。




ライブに人を集めるのは毎回本当に大変です。

自分が客としてライブハウスに行けば分かるんですが、我々はお客さんからはお金を頂いているのは当然として、それ以上に貴重な「時間」を、お客さんから頂いております。



お金はそうでもないですが、時間だけは国境、人種を超えてどんな人間にも平等です。

上級国民になったからといって突然1週間が8日になる訳ではありません。



限られた時間の中で何かをするということは、その時間で出来る他の何かを諦めるということです。

お客さんは、ディズニーランドに行ったり、NetflixやAbemaTVを観たり、人狼ゲームの会に行ったりする時間を差し出して、我々のパフォーマンスを観にライブハウスに足を運んで下さっています。



今はスマホがあれば無料でゲームに即座に繋がり、レコード屋に足を運ばずともサブスクで音楽が聴きまくれるスピードの時代です。

そんな時代に、週末の夜の19時から、遅いときは23時までお客さんに店のフロアにずっと居てもらってステージを観てもらうっていうことは(再入場可の店もあるけど)、並大抵の事ではありません。

正直言ってかなりヘヴィーだと思います。



コストパフォーマンスの良し悪しでカルチャーを秤にかけるのは良いことでは無いですが、それでも我々の場合、お客さんから3000円のコストを頂くなら、30000円くらいの価値があるパフォーマンスが出来なければ、駄目です。



僕も、フロアで立ってるのも苦痛なくらいつまんねーイベントに行ってしまい「くそ!これなら家でドラクエ10の日替わりクエストやってりゃ良かった!」と思ったことも何度かあります。



ありとあらゆる多様な娯楽が世の中に溢れかえっている今、我々のライバルは東京事変やOfficial髭男dismだけではなく、世界中のYouTuberやインスタグラマーだったりする訳です。



ライブハウスでライブをする。

もう60年以上前からやり尽くされた手法です。



それでも、それしか出来ない我々は、この現代でそれを武器にどうやって這い上がっていくか。

楽しいだけじゃなくて、ビジネスとしても成熟させるにはどうしたら良いか。

考えるのは大変。でも楽しいです。

だから続けられるんだよね。



僕も今年44になります。

ハッキリ言って、この歳になると友達や先輩方が次々と不慮の病でこの世を去ります。



全力で、今やりたいことだけをやりまくる。

そして、健康に関してはちょっとだけ臆病に慎重になる。



2020年の目標はそんなところですね。




さて、次回はコチラ!





2020.1.24(Fri.) @下北沢 CLUB 251

“wilberry × 251 presents FRIDAY NIGHT JACK!!〜week 3〜”

act : wilberry / The cold tommy / 500,000,000YEN / らせん。

前売3000円(D別) 当日3500円(D別)

open 18:30 / start 19:00



全力でやり切りますので、皆さん何卒宜しくお願い致します。



■本日も251へ!

こんばんは。
ロイヤルです。深夜の不定期ブログです。


先週の金曜日。
251でのFRIDAY NIGHT JACK、記念すべき第一夜でした。
 
wilberryとCURIOのツーマンにお越し頂き、ありがとうございました。

後ろまでお客さんで一杯で、
入口近くにはステージが見えないひとまでいて。

沢山の方と一緒にブリさんのお祝いができて、
嬉しかったです。

始まってすぐに、CURIOとお客さんを観ながら、グッときてしまった。
うっかり酒飲んでなくて良かったよ…。
あぶないあぶない。


NOBさんもスターだったな。流石です。






ブリさんの最後のMC、良かったね。

来てくれたひとだけの宝物になったよね、きっと。

 
我々も、みなさんも、素晴らしい時間を共有できたと思ってます。
ブリさんならではの、ね。
幸せな夜でした。


打ち上げで談笑してるCURIOのメンバーを遠目に見ながら、久しぶりでもやっぱりバンドやなぁ、ええなぁと思って、なんだか嬉しくなった。
みんなバンドやったらいいよ。
今からでも遅くない。笑。




さあ、日が変わったので本日17日、金曜日。
またそんな夜になればいいなと、二週目の夜です。
あっという間に一週間だ。

平日なんで仕事終わりに来てくれるひともいるかもしれないけど、できるだけ開演時間に間に合うように、最初から来てくださいね。
お願いします。開演は19時から。
 
4回とも、wilberryと251で選んだカッコいいバンドばかりです。
だから全バンド観て楽しんでもらいたいのです。


何か新たな出会いがあるかもしれないしね。


 




では、起きたら下北沢で。
おやすみなさい。


 
“ROYAL” SEIZAN MIURA

■金夜奪取第二夜を前に

地獄リハーサル終わりました^^

 

さて、なんも考えないで書き始めます。「金夜奪取」真っ最中で頑張っているジョウです。新曲も制作中、というか歌詞以外は出来上がってるんだけれど、毎週ライヴだとなかなか書いてる時間がなくて、正直言うと大苦戦してるのですが、なんとか金夜奪取中に披露したいと思っています。

 

 

これがなかなか良い曲で暗いわりにはキャッチーに仕上がりました。インディーズっぽくないというか。

 

いま思ったけれど、インディーズってなんですかね。対義語はメジャーってことなのかしら?

 

それこそ2000年代に入るあたりまでは、まだインディーズとメジャーの垣根って確実にあって、ビジネス的にはもちろん、音楽的にもうまく口では言えないけれど、なんか違いがあったよね。

 

 

2000年超えて以降、徐々に音楽ビジネスが崩壊していって、今やインディーズとメジャーの垣根がほとんどなくなってきたけれど。

音楽的にどうだろ、俺の偏見かもしれないけれど、「売れる音楽」よりも「自分がやりたい音楽をとことんやる」ってのがインディーズっていうイメージもあるかな。メジャーと違ってしがらみが無いしね。それはそれで格好いいよね。

 

 

ただ、俺は実はあんまりそういう考えって好きじゃないのだ。お客さんからお金を取ってライヴをやったり、CDを売ったりするわけだから、そのお客さんが楽しめる音楽を作ったり、ライヴでパフォーマンスするのはあったり前だと思ってんだよね。自分だけ楽しいんだったら趣味で無料でやった方がいいのでは?って思っちゃう。

 

 

でも、問題になるのが「自分が作りたい音楽」と「お客さんが楽しめるって思える音楽」に差異があった時なんだけど。

これはきっと多くのメジャーの皆さんがぶち当たる壁なんじゃないかな。「食っていくためには、あんまりやりたくないけど、ウケそうな曲を作るしかないか。。。」なんてね。よく聞く話でもあるし。

 

 

その点では、俺はあんまり悩んだことがないのです。なぜなら俺自身がめっちゃくちゃポップミュージックが好きだから。中学時代からずっとヒットチャートものを聴いてきて、今でも聴いてる。世間で何が聞かれてるかが気になって仕方ない^^で、そういう音楽が作りたいって思ってんだよね、未だに。

 

 

だから「自分が作りたい音楽」と「お客さんが楽しめるって思える音楽」がイコールになるんだよ。これは精神的には相当ラクです。悩みなし。

 

 

で、好都合なのは、あ、これは俺がほとんど洋楽しか聴かないからだと思っているんだけれど、いくら俺がキャッチーにポップに作ろうとしても、あまり「あざとくならない」というか「ダサくならない」んだよね(自画自賛)。

 

 

常に自分が作る曲の一番のファンでいるのが目標で、ここ数年はそれがうまくいってる。幸せです。

 

 

ライヴパフォーマンスもインディーズ感って出したくないなぁ。下北の地下の150人キャパのライヴハウスで満員でもない状態で歌ってるけれど、実際に歌っている時は、5000人くらいのキャパのところで歌っているつもりで歌ってる。基本的には251やGBだったらステージ正面のバーカウンター、QUEだったら赤い煉瓦の向こうのもっと向こうにいる見えないお客さんに向かって歌ってる、これホント。これはその昔、wilberryが所属してた事務所内を間借りしてたおっさんにアドヴァイスされたんだよね、今でも守ってる。まあ、最前列の人を見つめても歌うけど^^

 

 

ただただ、思ったことを書いてみました。

 

さて、今週末は金夜奪取第二夜です。GRiPとダイナマイト★ナオキ!!!完璧な夜です。必ず来てください。

 

1月17日(金)
会場 下北沢CLUB251
“ FRIDAY NIGHT JACK week.2 “
出演 wilberry / ダイナマイト★ナオキ / GRiP
開場 18時30分
開演 19時00分
前売 3000円(D別)


■毎週金曜日は251へ

こんばんは。
ロイヤルです。



本日は1/8でした。
もう世の中は完全に通常営業ですね。
平日だったからか、街にクリスマス感のほとんどない年末でしたが、年を跨いでライブをしたのに、なんだか正月感もあまり感じられず。
景気のせいか、世界情勢のせいか、やけに閉塞感ある気がしてならない。
知らないふりしてるだけなのか、他人事だと思ってるだけなのかはわからんが、あんまり感情のない世の中ってのは気味が悪いな、と思う。
怒る時は怒らないと。
おかしいことはやっぱりおかしいんだ。



1/8はエルヴィス・プレスリーとデヴィッド・ボウイの誕生日だそうで。おめでとうございます。
二人の誕生日だからか、記念日としてはロックの日でもあるとか。6/9も同じロックの日らしいので、何がなんだかわかりませんな。




 


そんでもって、明後日の1/10はデヴィッド・ボウイの命日でもあります。
が、いよいよです。いよいよ始まります。
1月の毎週金曜日の夜、wilberryは下北沢 CLUB 251にてライブを行います。






 
FRIDAY NIGHT JACK!!



10日から4週連続で、wilberryと251でゲストをお招きした特別な夜です。
毎週どんなライブになるか。
251の入口には大きなポスターも飾られてます。
ありがとうございます!


 
まずは10日、金曜日。
wilberryの頭脳、ブリさんの記念すべき生誕50周年記念ライブ!
念願のCURIOとガッツリ2バンドだけで行います。
お祝いです。半世紀だよ。
最初から最後までブリさんはステージの上だ。
まず、初日のこの夜は何としても無理してでも観に来て頂きたい。

 
CURIOと一緒にライブってのは、ずーっとやってみたかったけど、なかなか実現しなかったこと。
又とない機会なので、ひとりでも多くに観てもらいたいです。
みんなでブリさんをお祝いしよう。
CURIOのファンの方で、wilberryを観たことないひとも沢山いるかもしれない。
なかなかライブを観に行くってこともできないひともいるかもしれない。
とにかく、ブリさんのやってるwilberryってのはこんなバンドなんだよ、ってのを観てもらいたいんだよなぁ。
それで、CURIOはもちろん、wilberryも好きになってくれたら、こんなに嬉しいことはない、と思います。
友達誘って来てくださいな。
まだHPのメールフォームやTwitterなどでも、チケット予約も受付してますからね。


 

 
しかしまあ、1月になってからの緊張感が凄い。
毎週ライブがあるって、このインフルエンザや風邪の猛威の中でなかなかのプレッシャーだわ。
去年は初めてインフルエンザにかかってしまったんで、怖くて仕方ないわー!
寝て起きるのもこわい。注射もこわい。ははは。

昨日のスタジオなんかみんなマスクしてたからね。
今日はクレベリンなんか買って部屋に置いちゃったよ。
効果があんのかどうだかも全然わからんけど。
とにかく気を張っていくぞー!
病は気からや!


 




 
みなさんもマスク、手洗い、うがい、ご自愛下さいな。
それでは、251で!
楽しみにしてます。



 
“ROYAL” SEIZAN MIURA

■ホエン・アイム・フィフティ

こんばんは、ブリテンです。
お正月休みを皆さまどのようにお過ごしでしょうか。
さていよいよ1週間後の1/10は、

“ FRIDAY NIGHT JACK “
ブリテン生誕50周年記念ライヴ〜ホエン・アイム・フィフティ〜
at下北沢CLUB251
wilberry / CURIO
18:30open / 19:00start


ということで私ブリテン出突っ張りの50歳記念イベントの一夜でございます。

1月1日におかげさまで50歳をめでたく迎えたわけですがひとえに会場に足を運んで見てくださる皆様のおかげで続けてこれた音楽人生であったといえます。
1/10のライブは多くの方々に楽しんでもらえるライブになればと考えてます。よろしくね(^^)!

CURIOとwilberryの2マンということでどちらのバンドもたっぷり楽しめるかと思います。さらにライブ当日はなんと僕デザインのラバーバンドを会場限定で販売する事になりました。


・ネイビー×ピンク
・蛍光グリーン×ホワイト
各色 100個/1個 500円
数量限定グッズを是非GETしてね!

50歳になってすぐの下北沢CLUB251の楽屋でミウラさんにプレゼントをいただきました。

最高にかっこいい!

それではブリテンでした。
ライブ会場でお会いしましょう(^^)!!

| 1/34PAGES | >>