□CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

□ENTRIES

□CATEGORIES

□ARCHIVES

□LINKS

□SNS



□OTHERS

□MOBILE

qrcode

□SEARCH

無料ブログ作成サービス JUGEM

■検診

安高です。

 

 

先日はwilberry初の高円寺JIROKICHI、大変楽しかったです。

40数年の歴史を持つ老舗のライブハウス。

店の至るところに歴史の重みを感じました。

共演の方々も、普段の我々が一緒にやる人たちとはまた全然違う感じで、非常に貴重な、レアな一夜になったのではないでしょうか?と思っております。ふっふっふ。

 

 

さて、そんな素晴らしい夜でしたが、その日の朝ワタクシはヒッソリと、胃の内視鏡検査(胃カメラ)を受けておりました。

 

 

今回は再検査だったので、10分間くらいじっくり調べられました。食道、胃、果ては十二指腸まで。

技師さん上手だったけど、それでもやっぱり苦痛。。

来週にならないと検査結果はわからないが、異常が発見されたらむしろ早めに見つかってラッキーってことで。

 

 

何となく、世間では「ロック=不健康」みたいなイメージとか、ロックンローラーが健康について語ったりするのがダセーみたいな風潮があると思いますが、俺はそれに対して断固NO!と言いたいです。

 

 

結果的にそういう風潮が、ロックンローラーの健康に対する意識を低めている原因の一つだと思うので。

 

 

ま、どんな職業だって同じだと思うけれど、40過ぎて体を壊せば、死ぬときは一瞬で死ぬ。

それでも、前もってきちんと検査を受けておけば、助かる場合だってあるかもしれない。

 

 

「○○は若くしてこの世を去って伝説になったー」だの、

「○○は死んだけどレコードの中で生きているー」だの、

残された人は、死んだ人を必死に生かしてくれようとするけど。

 

 

当の本人は、死ねば「無」になるんですよ。

意地でも死ねるかって思いませんか?

 

 

これからも「健康第一!ロックは二の次!」をモットーに頑張っていきたいと思っています。

 

 

次は久々の大阪名古屋です。楽しみ!!


■アルバム

さーて、「KEEP YOUR DREAMS」をリリースしてあっという間に半年が経過しちゃいました。自己最高傑作が出来たので相当な満足感だったんだけれど、流石に半年も経つと、家で聴くことも減ってきました(それでも未だに聴けるけど)。

となると、新曲作りだけれども、うちらは制作期間を決めて、その間に一気に何曲も新曲を作るというやり方ではなくて、ライヴ活動をしながら、1〜2ヶ月に1曲くらいのペースで作るやり方なんで、レコーディング中や、リリースツアー中以外はだいたい制作期間なわけです。

 

前作で収録から漏れてしまった曲を入れたら既に5〜6曲はできてるんだけれど、年内はこんな感じで作り続けていくよ。

しかし、最近はすっかり10曲以上入ったフルアルバムを作るバンドが減ってきたねー。
なんでも、もうすっかりフルアルバムの時代は終わったそうで、あのiTunesを近い将来アルバム売りを止めることにしたそうだよ。時代はシングルで、アルバム曲はあまり聴かない時代らしい。

 

 wilberryのリスナーのみんなももうアルバムってあんまり興味ないのかしら?
確かに10曲以上入ってて、そのうち半分くらいが「うーん、イマイチだなぁ。。。」なんてアルバムだったら、そりゃあ、あんまりその盤を熱心には聴かないかもしれないね。

でも、たとえコンセプトがあるアルバムではないにしても、同時期に作った10曲くらいのヴォリュームのアルバムを録音したら、それは確実にまとまった空気感っていうのが生まれるし、それって6曲や7曲では生まれないんだよなぁ。ただのロックのくせに生意気だけど「作品」って感じもなくなる。

 

そういえばメジャーデビューした頃の wilberryもミニアルバムをまず2枚リリースして、そしてやっとフルアルバム、で、またミニアルバムを2枚出したなー。2年間で計5枚だからかなり忙しかった。やり甲斐もあった。でも、正直言って当時から俺自身ミニアルバムにはちょっとノリ気ではなかったのを覚えてる。完全洋楽志向な俺にはミニアルバムっていうのは、なんだか凄い日本的な感じがしてイヤだったなぁ。

 

そう考えると次のリリースものはどんな感じで何曲入りにするか、凄く悩んじゃうね。色々書いたけど、時代のニーズに応えるっていうのも決して悪いことじゃない。少ない曲数で「作品」と思えるものをドンっと作ればいいわけだし。いやいや、そうじゃなくて俺たちは飽くまでもフルアルバムに拘って10曲以上のフルアルバムを作るっていうのも、もちろんカッコいいね。

こういう話はまだメンバーとも話してないし、制作費の問題ももちろんある。なんだかいろいろ悩ましい。

 

話は戻りますが「KEEP YOUR DREAMS」はライヴ会場で結構買ってもらえていて、嬉しいです。切実なところ、売れれば売れるほど次のレコーディングとリリースは早くなるので、もっともっと売れたいです。皆さん、マジで聴いてみて良かったら口コミで宣伝よろしくね!


さーて、悩ましいとかなんとか言ったけど、実はちょっとしたレコーディングを今月中旬から始めます。2曲(両方未リリース曲)録ってVIOLETSとの大阪と名古屋をリリースツアーにしちゃいます。エンジニアとミックスは我らがブリテン!あまり作り込まないラフな感じだけれど、もちろん聴きごたえのあるやつを作るぞ!超期待するように^^


■さて、テレビみるかな。

こんばんは。お腹すいたな。
ロイヤルです。

 

 

もう明日から2018年度の始まり、早いもんですな。

テレビなんかは、ここんとこ番組の終了や出演者の交代ばかり。
最後だからってことなのか、思い切ったコメントや演出があったりして、それはそれで面白くもあるけど、どうせならずっとそんな感じでやってたら良かったのにな、なんて気にもなる。
いつからだろうね、一部の偏った意見があたかも世間代表みたいな風潮になっちゃったのは。

それでちょっとしたジョークも通用しないなんて。

番組の内容とCMなんて、同じ目線で観ることなんてないのにな。

あと10年もしたら変わるのかねえ。

 

 

まあ、そんなことはさておき、春になったことだし、新たな気持ちで行きたいところですな。
3月はなんだか長く感じたかな。停滞期だ。
ライブも先週の251までしばらくなかったしね。

 

 

251は、もうwilberryのホームになりつつあるなと勝手に思っていますが、いつもやりやすいです。

ステージ中の音にももう慣れたかな。ありがとうございます。

24日は、なんといっても新曲のHAVANAを初披露でございました。
ジョウさん以外の我々3人も、あたかもキューバに行ってきたくらいの気分で演奏しとりますよ。
完全にイメージだけ、ですが…。
ブリさんの頭の中で鳴っていたあれこれも、これからさらに曲に加わっていきそうな予感なので、ライブに来てくれた方はそのあたりもお楽しみに。
こういう踊れるリズムの新しい曲って、ライブで演奏する毎にグルーブが仕上がっていくと思うので、モヒートが美味い季節の頃には、えらいことになってるかもしれません。
マニアな方はそのあたりもお楽しみに。

 

 

今日見た目黒川は、川の両側が桜色になってました。
川幅の3分の2くらいかな。
川に流れる桜の花びらもいいよね。
ちょっと寂しくもあるけど。
今年は桜の開花からずっと天気がよくて、すごく長く楽しめてますね。珍しい。
狂い咲き、ってほとんど桜にしか使わないのかなあ。
サンダーロードは除いて。
そうだ、先週の251でセルナンバー8の元ネタかかってたな。
それはいいとして、狂い咲きってよく出来た表現だな。

狂い咲いとるなあ〜って思うくらいたくさんポコポコ咲いてると、ちょっと怖いよね。
夜だと更に。吸い込まれそうな感じ。
花びらが散ったら、今度は若葉か。
それもまたいいんだよな。

 

 

次のライブはもうすぐ。
4月11日に高円寺のJIROKICHIで。
観に行ったことはあるけど、出るのは初めて。
ちょっと緊張するなあ。
いつものライブハウスとはちょっと違うからね。
そこで鳴っている音を楽しもうと思います。
平日だけどちょっと遅めのスタートなので是非。
あ、早めの予約メールをお待ちしています。
不安で眠れない誰かさんがいますのでねー。
よろしくお願いしますね。

 

 

では、高円寺で。

 

 

 

 

 

“ROYAL” SEIZAN MIURA


■今日は下北沢CLUB251LIVE

みなさんこんばんは、ブリテンです。

今日はwilberryライブ下北沢251でした。
対バンは近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション とthe MADRAS 。
素晴らしかったですね。
終わったばかりで書いてるのでMADRAS は今演奏中ですがええ感じです!

今日は新曲を初披露しました。初めてにしては良く出来たかな。なかなか今までにないラテンチックな曲でこれから徐々に楽しめるふうになると思います!

箱リハのあと久しぶりに下北沢をぶらぶらしました。だいぶいろいろ変わってきてるなーと。下北沢駅南口は今日で閉鎖されるようでちょっとした文化の終わりのような感まであります。下北沢らしいとこ行きたくなって民亭でゴハン食べたよ。赤いチャーハンね。服屋もずいぶん変わってて落ち着かなくてシカゴ寄ってしまったわ。シカゴは変で安い古着が相変わらずいっぱいでさすがのクオリティ。実際着てみると似合う服が少ないんだけど買いたくなるんだよね。そんなこんなでぶらついてみて改めて下北沢住みたいわと思いました。これからまだ変化していく街をまだまだ見ていきたいな。

さて今日のライブの次は、
2018.4.11 (Wed.) @ 高円寺 JIROKICHI
“ソードゥーイン #2

2018.5.3 (Thu. 祝日) @ 難波 Mele
“SHAKE SOME ACTION”〜GOLDEN WEEK SPECIAL〜
at 難波 Mele

2018.5.4 (Fri. 祝日) @ 大須 Live House OYS

東京、大阪、名古屋とライブに行きますのでぜひお越しくださいませ!

今日来ていただいた皆様、ありがとうございました!

ブリテンでした。

■厄年

安高です。

42歳になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

42歳になったとたん、健康診断で不穏な結果が出始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、眼科の方は問題なかったので、

来週は消化器系の方の検査をして参ります。

 

 

ホント、健康じゃなくなったら生活も変わってしまうし、健康って大事ね。

 

 

------

 

 

そしてそして、ほぼ1か月振りくらいのライブを来週やります。

皆さま、健康に気を付けたうえで来てくださいね〜。

 

 

2018.3.24 (Sat.) @ 下北沢 CLUB 251

the MADRAS × 近藤智洋 & TBL presents ”like a stardust” -spring-

出演 : wilberry / 近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション / the MADRAS

open 18:30 / start 19:00 / adv. ¥3,000 (+D) / day ¥3,500 (+D)

 

 


■ミウラが代わりに打ちました。

wilberryは完全に曲作りモードに突入しましたよ。とは言ってもライヴやりながらだけどね。 いつものように自宅で作ってって、スタジオのホワイトボードにコード進行と曲構成を簡単に書いてみんなの前でアコギ1本で1回歌う。 2回目からはもうみんな入ってきて、あとはただひたすらプレイしては録音した音をプレイバック、の繰り返し。だいたい2〜3回やればみんな「いけそう」と感じるみたいで楽しくなってくる。で、煮詰まらない限り延々と続けるわけ。その間は聴きながら、ああしようこうしようと話す。 最近はちょっとアコギ参加率が高い(たまたまだけど)んだけど、同期が欲しくなったら徐々に同期のアイデアも出つつね。 もしも煮詰まった場合はひとまず終了。一旦帰ってから各自でアイデア持ってまた集まる。 だいたいスタジオではテンション高いので、プレイ中もプレイバック中も「こ、これはいい曲や!」と思うんだけど、家で聴くとかなりクールになってるので、俺の場合はかなり落ち込みます。まだ、全然ダメや、、、と。 なので、また次回のリハで練り直してスタジオで聴くのと家で聴いた印象の差を縮めていきます。 これで、どうだろ、だいたい早くて2〜3回のリハで、遅いと5回くらいのリハで完成。同期もその頃にはブリちゃんがいい感じに完成させてるからね。こないだまで作ってたのは、まさに早くてそれくらいで出来た。 俺が持っていって途中で「こりゃ、ダメだ」ってなって作るのを止めることは殆どない。みんなに聞かせる前に、いけるって確信がないとスタジオに持っていかないし、みんな仕上げ方も上手なのでね。 俺にとっては3人に「いい曲を持って行く」っていうのが、1番の大仕事なので。これが出来なくなったら3人も辞めちゃうだろうしね。それなりにプレッシャーもあるけど、今のところそういう状況には陥ってないので良かった。 昨日作った曲は久しぶりわりと不安な曲だったんだけど、メンバーのやる気のお陰でなんとかなりそう。 さて、次のライヴは3/24かしら。この後新曲目白押しのライヴになりそうなんでよろしくね!

3月24日(土) the MADRAS × 近藤智洋 & TBL presents ”like a stardust” -spring- 場所 下北沢CLUB251 出演 wilberry / 近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション / the MADRAS 開場 18時30分 開演 19時00分 前売 3000円(D別) 当日 3500円(D別)

■スプリングハナカム

もう春一番が吹いたようですね。
こんばんは。ロイヤルです。

 

3月になってから、テレビは花粉症のCMばかり。
だんだん暖かくなってきましたが、嬉しいよりも花粉に悩まされる季節です。
洗濯物も外に干せないし、嫌いなマスクもしなきゃなんないし、顔はガサガサになるし。
いろいろ薬飲んでも年々効かなくなってるし、もはや何が一番自分に合うのかさっぱりわからん。
花見はしたいが花粉はいらない。

 

 

先週は、高円寺HIGHにジョウさんのカバーバンド「TOKYO LIFE」観に行きました。
昼間に会った時に「ドラムの高橋さんがインフルになっちゃった。でもライブはやるらしい・・。」って聞いて、どうなるのかと思って向かったのですが。
急遽代打のドラマー、カジさん凄いなあ。
当日に頼まれてなかなかできることじゃないですね。かっこいい。
久しぶりにブレイクスの曲が聴けて嬉しかったな。PEALOUTもね。
やっぱりいい曲。
幻の高橋さんバージョンはいつになるのでしょうか。
そしてブージーは最高でした。手挙げて踊っちゃった。
ライブみんな良かったなあ。おつかれさまでした。
一杯飲んで行って、転換ごとにビールおかわりしてたら、すっかり酔っ払いました。

 

 

 

wilberryは、5月の黄金週間に大阪と、去年のツアーで回れなかった(個人的にはwilberryで初です)名古屋、にようやく行けます。

 

 

5/3・難波Mele
5/4・大須OYS
、です。

 

 

どちらもまだ詳細は出ていませんが、先月に続いてVIOLETSと一緒です。
あの場所がMeleって名前に変わってからは行ったことあるかなあ・・・その昔はロックライダーで、その前はカフェブルーって名前でしたかね・・・。
ライブハウスに歴史あり、ですな。

名前が変わっても場所が残ってるとうれしい。

 

 

 

数日前に新宿ジャムの辺りを通りがかったら、いつのまにかすっかり壊されて、工事中になってました。

最後に入口とか見ておきたかったな。
もう多分10年以上は中に入ったことなかったけど、なくなっちゃうとなんだか寂しいすね。
初めてニートビーツでベース弾いたのが、ジャムのスタジオだったはず。記憶が正しければ。ニートっていうか、バンドでベース弾いたのが。
前日にジャムでニートのライブがあって、それに手伝いでついていってて、次の日にスタジオ入ったんじゃなかったかなあ。

 

 

で、名古屋のOYSは、その昔ジェリービーンズって名前のライブハウスだったのですが、2001年の1月末かな、ニートに加入して初めてのライブがそのジェリービーンズで。
今はどうかわかんないけど、店の外に出たら隣に駐車場があって、そこで着替えて髪をセットしてから、ベース持って階段降りて行ってライブした記憶があるなあ。

 

OYSの店長は、元々四日市のガソリンでドラムを叩いていたシュウヘイさんで、昔から知ってます。
シュウヘイさんがガソリンを辞めてからはずっとご無沙汰だったのですが、去年wilberryのアルバムを送ってみたらすごく褒めてくれて。
ガソリンとパッチさんのギョガンレンズの対バンなんてその昔何度観たことか。
そんなこんなで、OYSにライブしに行けるのも今からいろいろ楽しみなんですわ。

 

 


前回のライブからもう一ヶ月・・・、ライブがないとつまらんですな。
次は3/24の251です。早く来い。

 

 


“ROYAL” SEIZAN MIURA

 


■春が来る!

こんばんは、ブリテンです。

みなさんドキドキしてますか?

僕は今とてもドキドキしてます!

もう間も無くオフィシャルwilberryさんで発表になるかもなんですけど、wilberryツアー2018東名阪!大決定!ヤバイヤバイ!ゴールデンウィークは予定空けておいてね。ハワイとかワイハとか行っちゃダメだからね。

なにげに大ニュースから入りましたブログです。

wilberry今年も派手に動くわけですが今は2月。割とバンドは2月といえば地道に曲作りスタジオという年間ルーティンになっております。今作ってる曲はキューバ帰りのミチヲくんが新たな風を吹かしてきたホットな泣きメロといいましょうか。僕的にはいつも世界標準のクオリティを目指してますのでエド・シーランくらい売れちゃうイメージでアレンジ頑張ってます。

個人的にはまあ日々の生業に忙殺されまくってます。これを充実というのかというと違くてしかしなんとかするのは自分自身でしかないわけでパワーが要ります。

ヤクルトスワローズは今日はオープン戦初戦勝利で勝率10割ぶっちぎり第1位です。ありがとうございます。今しか喜べないので存分に喜んでおきたいと思っています。山田哲人は今年は50本本塁打を撃つと予想しています。バレンティンは今日は春先名物スーパーバレンティンでしたがこの調子で60本撃ってもらいたいですね。希望としてはサードショートの内野手で若手が大活躍してほしいです。廣岡が4割くらい撃ってくれるのが理想です。川端はかつての立浪のように代打の神様に収まるのが一番良いと思います。

というわけでwilberryオフィシャルブログお楽しみいただけましたでしょうか。ライブは近いところでジョウくんがなんと明日、ソロで洋平くんとやります。めちゃ良さそう!

?2?月?25?日(日)??
?如月の宴〜ジョウミチヲ×大森洋平、ガッツリ2マンライヴ!?
?出演 ?ジョウミチヲ / 大森洋平?
?開場 18時30分?
?開演 19時00分?
?前売 2300円(D別)?
?当日 2800円(D別)?

?3?月?24?日(土)??
?the MADRAS × 近藤智洋 & TBL presents ”like a stardust” -spring-?
?場所 下北沢CLUB251?
?出演 wilberry / 近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション / the MADRAS?
?開場 18時30分?
?開演 19時00分?
?前売 3000円(D別)?
?当日 3500円(D別)?

それではライブ会場で、ツアーでお会いしましょう!ブリテンでした!

■剣玉

こんにちは、安高です。

 

 

前回のブログ更新から4日後(札幌に帰る1日前)に、けん玉を習いに行ってまいりました。
去年も一昨年も紅白に出ていた、けん玉パフォーマンスグループ「ず〜まだんけ」のコダマンさんが巣鴨に来ていたので、習いに行って来たのですよ。

 

 

 

 

 

 

テレビで見たまんまの超絶技巧をナマで見て、ただただ圧倒されてしまいました。
コダマンさんにサインもしてもらいました。
誰かのサインをねだったのなんて何年ぶりだろうか…。

(ちなみにマイけん玉も、ず〜まだんけモデルです。)

 

 

で、色々コツを教えてもらった結果、なんとか「ふりけん」が徐々に入るようになるまでに成長しました。
考えてみれば、子供のころも家にけん玉はあったものの、教えてくれる人が誰もいなかったんだよねー。
教えてくれる人がいるって大事。

 

 

…と思っていたら、今年74歳になるウチの親父が、貴様には負けんとばかりに次々とふりけんを成功させるではありませんか。
コチラも負けてられないので毎日練習中です。

 

 

 

 

 

 

実家で姪っ子と甥っ子と一緒にダイヤモンドゲームやりました。
懐かしいですねー。
でも最近のお子様でもルール知ってるのがすごい。永遠のスタンダード。

 

 

------

 

 

さてさて、ただいま曲作り中のwilberryですが、2日間のリハーサルで早速1曲出来てしまいました。
いいペースですね。
次のライブまでは結構日が開いているので、恐らく次のライブに間に合うでしょう!
乞うご期待ー。

 

 

次はコチラ↓
2018.3.24 (Sat.) @ 下北沢 CLUB 251
the MADRAS × 近藤智洋 & TBL presents ”like a stardust” -spring-
出演 : wilberry / 近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション / the MADRAS
open 18:30 / start 19:00 / adv. ¥3,000 (+D) / day ¥3,500 (+D)

 

 

 

 

 

 

よろしくニャン。


■10曲目標だぞ

こんばんは、ジョウですよ。2018年になってwilberryは、今後も昨年リリースの大傑作の「KEEP YOUR DREAMS」を一生懸命売ります。たくさんイヴェントに出演して、良いパフォーマンスをして観てくれたお客さんに1枚でも多くアルバムを売りたいと思っています。まだ、買ってない人には何としても買っていただきたい。本当に大傑作なんですから。

 

とは言え、年も変わって新たな活動をしていかなきゃいかんので、曲作りを開始したぞ。やっぱり去年の後半はツアーに忙しくて1しか作れなかったから、今年はその分を取り返すつもりで10曲くらい作るつもりで頑張りたいぜ。

 

早速一昨日のスタジオに1曲持ち込みました。今回の作り方は俺がコードとテンポを頭に入れてスタジオにみんなで入って、ホワイトボードにコード進行と構成を書いて、あとはみんなで20回くらいひたすらアレンジを練りながら演奏。うちらとしては一番スタンダードな作り方でした。

最初の23回は掴みでプレイしてその後1回録音して聴く。ちょっと長く感じたのでギュッと構成を短くして、あとは11録音して聴く録音して聴くの繰り返し。

 

雰囲気的には若干暗めだけれど、テンポのアレンジはだいぶキャッチーな感じなので、期待してくださいな^^いまのところアコギありの予定だけれど、今後のアレンジによっては手ぶらになるかも。

 

 

さて、次のwilberryのライヴはちょっと空いて324(土)の下北沢CLUB251the MADRASと近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーションのイヴェントにゲストとして出演します。去年もハッシーと近藤さんには散々お世話になりましたが、今年もお世話になる予定です^^426日には2人と弾き語りも久々の風知空知であるよん^^。

 

あ、近藤さんと言えば今度の2/21に高円寺HIGHHi-5のイヴェントにカヴァーバンドで出演します。高橋浩司(DQS/HARISS)ノグチテッペイ(Hi-5)恩賀周平(electro53)との緊急バンドです。かなり準備が大変ですが、この3人とは随分付き合い長いけれど初めて一緒に音を出すのでリハーサルから楽しみです^^ぜひ遊びに来てね^^

 

そして225日にはこれも大昔からの友達なのになぜか一度も共演してなかった洋平くんとの2マンの弾き語り対決です。すっごく楽しみ。最後に2人で一緒に何かやる予定なんでこれもよろしくね^^何気なく弾き語りも絶好調ですので^^

 

221日(水)

Hi-5 presents MAXIMUM VOLUME Special Edition 

場所 高円寺HIGH

出演 Hi-5 / 百々和宏(MO'SOME TONEBENDER) / BUGY CRAXONE / SPECIAL COVER BAND TOKYO LIFE"(Vo:ジョウミチヲ(wilberry), Dr:高橋浩司(HARISS/DQS),Ba:恩賀周平(electro 53),Gt:ノグチテッペイ(Hi-5))

開場 1830

開演 1900

前売 3000円(D別)

当日 3300円(D別)

 

225日(日)

如月の宴&#12316;ジョウミチヲ×大森洋平、ガッツリ2ンライヴ!

出演  ジョウミチヲ / 大森洋平

開場 1830

開演 1900

前売 2300円(D別)

当日 2800円(D別)

 

324日(土)

the MADRAS × 近藤智洋 & TBL presents like a stardust -spring-

場所 下北沢CLUB251

出演 wilberry / 近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション / the MADRAS

開場 1830

開演 1900

前売 3000円(D別)

当日 3500円(D別)


| 1/25PAGES | >>